日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

谷直人特集

None

なぜ秋は食欲が増すのか


食欲の秋といいますが、医学的根拠は? 国際医療福祉大学熱海病院の〆谷直人先生に聞きました。 「秋になると気温が下がり、体内で熱をつくるために基礎代謝が上がります。すると、その分のエネルギーを補給するために食欲が増すのです」 基礎代謝とは、安静にしていても体内で消費されるエネルギー。体温を一定に保つために、外気温が低下すると人体は基礎代謝を上げて熱をつくり出そうとします。だから秋は、何もしなくても…

None

お酒は毎日飲むと強くなるのか


国際医療福祉大学熱海病院の〆谷直人先生が教えてくれました。 「毎日飲めば、確かにお酒には強くなります。これまで『お酒の強さは生まれつき決まっている』というのが定説でしたが、最近それを覆す発見がありました」 お酒の強さは、アセトアルデヒドを分解する酵素の働きで決まります。アルコールは体内で変化してアセトアルデヒドとなり、頭痛や吐き気を引き起こします。これを無害な酢酸に変換するのがアルデヒド脱水酵素…

血液型より服の色を気にするべし

色白の人より色黒の人 蚊に刺されやすいのはどんな人?


いつも自分が真っ先に蚊に刺されるのはなぜ? そんな疑問に、国際医療福祉大学熱海病院の〆谷直人医師が答えてくれました。 「蚊のターゲットになりやすいのは、体温が高い人、汗かきの人、体臭が強い人などです。普段そうでなくても、運動した後やお酒を飲んだ後には刺されやすくなります」 本来、蚊は花の蜜や樹液を吸うもので、人の血を吸うのは産卵時のメスだけ。栄養を得るために“高カロリーな人”の血を採取するといい…

写真はイメージ

梅雨時にカラダの節々が痛くなるのはなぜか


国際医療福祉大学熱海病院の〆谷直人先生が教えてくれました。 「天候の変化によって表れる症状を、医学的には『気象病』といいます。梅雨の初めは特に、気圧と気温が下がり湿度が上がることで体のあちこちに痛みが出やすいようです」 気圧が下がると体内のヒスタミンが増加し、交感神経が刺激されます。交感神経が活発化すると、感覚受容器が活性化され、痛みに敏感に。そのため、低気圧がやってくる雨の日は関節痛や頭痛など…

写真はイメージ

激痛で飛び起きることも…「夜中に足がつる」のはナゼ?


安眠を妨げる激痛の正体は?国際医療福祉大学熱海病院の〆谷直人先生が教えてくれました。 「睡眠中に足がつる主な原因は、『血行不良』です。足の血流が悪くなると筋肉が収縮しやすくなり、足がつりやすくなるのです」 通常、足がつるのは長い立ち仕事や運動の後。筋肉が長時間緊張したことで、筋肉や腱のセンサーが誤作動を起こし、異常な収縮が起こるのです。 また、発汗により血液中の水分やナトリウムが排出されると他の…

写真はイメージ

ムダ毛を剃ると体に悪いのか


そもそも“ムダ毛”は体に必要なのでしょうか? 国際医療福祉大学熱海病院の〆谷直人先生に聞きました。 「体毛には本来、皮膚の保護や体温調節、体内の毒素排泄(はいせつ)などの役割があります。ただ、現代ではあまり役立ってはいません」 体毛の多い部分は人体にとって大事な器官。まつげや眉毛は汗や異物などから目を守り、鼻毛は空気中のホコリなどの侵入を防ぐ。脇毛は脇の下のリンパ管を保護し、温度調節を行う。陰毛…

写真はイメージ

春にやたらと眠くなるのはなぜ


「春眠暁を覚えず」と言いますが、医学的根拠は? 国際医療福祉大学熱海病院の〆谷直人先生はこう説明します。 「春に眠くなるのは、ごく自然な生理現象です。気温が上昇して日照時間が長くなると、体にはさまざまな変化が起こるのです」 冬の間は寒さのため体が緊張状態になり、自律神経は交感神経優位になっています。それが春になり、暖かくなると休息モードの副交感神経優位に変化し、心身がリラックスして眠りに誘われや…

「手相が変わったのは運勢が変わったから」はホント?


占いとは別の医学的見地から回答してくれるのは、国際医療福祉大学熱海病院の〆谷直人先生です。 「指紋は一生変わりませんが、手相は日々少しずつ変化しています。特に変化が激しいのは、成長期の10~20代です」 手相というのは手のひらの「シワ」と同じ。赤ちゃんの手のひらはシワが少なくスベスベしていますが、年齢を重ねるにつれシワが増え、手相が変化します。成長期には、体の成長が激しい分、手相も変化しやすいの…

None

ほくろの毛を抜くとがんになるか


国際医療福祉大学熱海病院の〆谷直人先生が答えてくれました。 「ほくろの毛を抜いたからといって、必ずがんになるわけではありません。しかし、刺激を与え続けるとがん化する可能性もゼロではないので、抜かないほうがいい」 ほくろとは、メラニン細胞が変化した「母斑細胞」が増殖してできる皮膚良性腫瘍の一種。メラニン色素の活性化により濃く太い毛が生えやすいのが特徴です。 この目立つ毛を、見つけるたびに抜いている…

None

なぜ飲んだあとに甘いものが欲しくなるのか


シメにラーメンやお茶漬けを食べたくなるのも同じ原理です」(国際医療福祉大学熱海病院・〆谷直人検査部長) 炭水化物は糖質だから、麺類やご飯物も欲しくなるのだ。 ちなみに、欧米ではお酒の後に甘いデザートを食べるのが一般的。体が自然と欲することから生まれた習慣だろう。 「糖分はアルコールの分解を促進するので、不足すると二日酔いになりやすい。二日酔い予防という点では、お酒のシメに適度に糖分を補給するのは…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事