日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

重信慎之介特集

外れの外れ1位で指名された吉川

巨人1位の吉川 アマ球界No.1遊撃手に仰天“コンバート案”


二塁はクルーズ(32)が来季も残留し、昨年のドラフト2位の重信慎之介(23)が外野からコンバートされる予定。移籍2年目のクルーズが打撃好調なら、年俸2億4000万円ということもあって外しにくいだろう。 「即戦力の吉川を1年目から使うというなら、外野コンバートという案も出てくるとみています。巨人の外野で、レギュラーが確定しているのは長野ひとり。FAで、オリックスの糸井や日本ハムの陽岱鋼を狙っている…

クルーズは来季もいる予定だが…

二塁手の人材難は10年以上も続いている


ドラフト2位ルーキーの外野手、重信慎之介(23)が、この秋から二塁の練習に取り組むというのだ。 今季ロッテから加入した正二塁手のクルーズは、故障などで度々離脱。わずか81試合の出場で打率.252に終わった。結局、今季の二塁も9人が先発出場する日替わり状態だった。 怠慢プレーでCSのメンバーから外れたクルーズは来季、2年契約の2年目のため残留予定。FA組の片岡、脇谷、CSにスタメン出場した寺内、新…

佐々木投手はルックスも悪くない

巨人がドラ1方針転換 高校BIG3回避で元“都立の星”狙い


至上命令である来季の優勝奪回を果たすには、菅野、田口に次ぐ即戦力の先発投手が必要不可欠だからね」 巨人は昨秋ドラフトで1位に桜井俊貴(立命大)、2位で重信慎之介(早大)と大学生を指名した。昨年、笠原将生らが起こした野球賭博事件の影響で、「即戦力」と「学歴」を重視した。その桜井らも結局は戦力にならず、昨年以上に「即戦力」が必要なチーム事情があるのも確かだ。 大学生では田中正義(創価大)、柳裕也(明…

重信は貧打解消の起爆剤になれるか

Gドラ2重信は足でヤクルト山田超えが一軍定着の絶対条件


巨人のドラフト2位ルーキー重信慎之介(23)が20日の中日戦で一軍昇格即、「2番・左翼」でプロ初先発出場。4打数無安打で八回裏の守備からベンチに下がった。 延長十一回に27イニングぶりに得点を挙げたものの、リーグ最低の141得点という惨状に、この日は不動の4番だったギャレットを6番に降格するなど、打線を組み替えて臨んだ。重信のスタメンも貧打解消のテコ入れ策だった。 高橋監督が買っていた中堅の立岡…

足でもバットでもアピールする重信

驚異の打撃力で脚光 巨人ドラ2重信はグラウンド外でも多才


巨人ドラフト2位の重信慎之介(22=早大)が好走塁でベンチ、スタンドを驚かせた。 18日、韓国LGとの練習試合の五回。右前安打で出塁すると、吉川の右翼右方向への飛球でタッチアップ。50メートル5秒7の快足を飛ばし、二塁を陥れた。 初の対外試合に「2番・左翼」でスタメン出場し、4打数3安打1打点1四球1盗塁の活躍だった。牽制死と走塁死の2度のミスはご愛嬌。高橋監督は「打撃もそうだし、一塁からタッチ…

かつてはゴジラが素振りした部屋でバッを構える重信(右は1位の桜井)

入寮の巨人ドラ2重信に早くも貧打解消“救世主”の評価


入寮を見守った関係者が「その中でも、一軍で一番早く台頭するのはあいつじゃないか」と言ったのが、2位の重信慎之介外野手(22=早大)である。 173センチ、70キロとプロでは小柄な体格ながら50メートル5秒7の快足が最大の武器。一塁到達までの平均3秒7は、あのイチローと同タイムである。巨人のあるスカウトも「プロでもトップクラスのスピード。ただの凡打が内野安打になるし、よっぽどスタートが遅れない限り…

高橋監督へのメッセージの意味合いも?

俊足武器の早大・重信 「巨人2位指名」に込められた意味


巨人からドラフト2位指名された重信慎之介外野手(22)は「1番・右翼」で出場。初回に中前打で出塁し、先制のホームを踏むなど、勝利に貢献した。 173センチ、70キロと小柄ながら、50メートル5秒7、一塁到達3秒7の脚力が武器。とはいえ、「何も2位じゃなくても……」と他球団のスカウトから驚きの声が上がったのも事実。「足」の選手がなぜ2位か。球界関係者がこう言う。 「秋季キャンプで打撃練習に時間を割…

オリックスドラ1指名の吉田正尚

「最も得したのはオリ」 “流しのブルペン捕手”ドラフト採点


単独1位で桜井俊貴、2位で重信慎之介(外野手=早大)を指名。桜井は、1年秋から頭角を現し、大きな故障もなく大学4年間でコンスタントに成績を残し、1年目からローテーションに入る可能性はある。重信も、走力は十分にプロのレベルにあると思います。 ただ、桜井は外れ1位で取れたでしょうし、重信はもしかしたら、3位でも取れたかもしれない。そこを巨人は競合を避けるように確実に1位、2位で取りにいった。来年から…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事