日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

太刀川正樹特集

批判にさらされる“ナッツ親子”/(C)AP

ナッツ姫に逮捕状 父親に飛び火で平昌五輪が大ピンチ

「ただ、すぐに責任問題に発展することはないでしょう」と、韓国事情に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏が言う。 「趙会長まで追及されると、政権と財閥の“癒着問題”にまで話が及ぶ。朴槿恵大統領も、それだけは避けたい。自分にまで火の粉が降りかかるからです。朴政権としては『財閥のお姫さまのわがまま』で決着させたいというのが本音でしょう。何とか騒動を抑え込みたいという政治的…

爆破事件のあった靖国神社

靖国爆破 韓国人男の“不可解”再入国に「日韓裏取引」疑惑

裏取引があったと見るのが自然でしょう」と韓国事情に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏はこう続ける。 「日韓国交正常化50周年の記念年に関係をこじらせたくないというのは両国で一致しているはず。日韓には犯罪人引き渡し条約がありますが、韓国内で身柄を押さえ、日本に差し出したとなると、韓国世論が黙っていません。それで政治犯の引き渡しを拒否した過去もある。コトが靖国神社だけに…

韓国ではスカート丈がもっとも短かったキム・ハヌル

韓国ゴルフの光と影

「キレイになれば支援」スポンサーは女子プロを使い捨て

(ジャーナリスト・太刀川正樹)…

一昨年結婚したアン・ソンジュ

韓国ゴルフの光と影

マスコミにいじめられ日本参戦を決めたアン・ソンジュ

(ジャーナリスト・太刀川正樹)…

キム・ハヌルの後輩

来季日本参戦 韓国“セクシークイーン”アン・シンエの素顔

日本でプレーしてみたら、と誘われて参戦を決めたようです」(ジャーナリスト・太刀川正樹氏) 1990年にソウルで生まれ、小3の時に家族でニュージーランドに移住。父親はオークランド郊外でゴルフ場やレストランを経営。「おまえはゴルフをするために生まれてきた運命」という父親のアドバイスに従って腕を磨き、ニュージーランドナショナルチームにも選抜された。 高卒後に単身韓国に戻り…

アマ時代にライバルから嫌がらせを受けたキム・ヒョージュ

韓国ゴルフの光と影

1等でなければ…準優勝トロフィーを捨てるゴルフダディ―

(ジャーナリスト・太刀川正樹)…

各界の2017年注目アスリートたち

さようなら2016年⇔ようこそ2017年

どこよりも早い! 国内主要スポーツの優勝を大予想

今年以上の活躍が見込まれます」(女子ゴルフに詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏) ミニスカからのぞく美脚が楽しみだ。 ※16年賞金ランキング ①イ・ボミ ②申ジエ ③笠りつ子 ④キム・ハヌル ⑤鈴木愛 【男子】 賞金王レースは最終戦までもつれ込み、池田勇太の手に。獲得賞金は2億790万1567円だった。 「来季は小平智(27)がダークホース。今季、シーズン前から体幹…

写真は記事には関係ありません

韓国ゴルフの光と影

子供のためなら何でも…絆深い親と子の確執

(ジャーナリスト・太刀川正樹)…

満面の笑みで演習を視察(労働新聞電子版から)

また挑発行動…死に体韓国を襲う北朝鮮「軍事行動Xデー」

北朝鮮では5は験担ぎにも用いられる数字であることから、弾道ミサイルの発射や核実験の実施の懸念が高まっています」(朝鮮半島事情通) 一方、朝鮮半島情勢に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏はこう言う。 「崔順実ゲート事件で怒り沸騰の世論を受け、罷免必至の朴槿恵大統領にとって、北朝鮮の暴走はこれ以上ない助け舟になる可能性がある。世論を攪乱し、国民の目をそらすことができるの…

昨日もしっかりツヤ肌キープ

憔悴どころか若返る? 朴大統領“弾劾可決後”の優雅な生活

韓国情勢に詳しいジャーナリストの太刀川正樹氏は言う。 「総選挙に絡む与党支持発言で2004年に弾劾訴追された盧武鉉元大統領のケースでは、憲法裁の審判決定までの2カ月間、青瓦台(大統領府)で蟄居していた。両親を暗殺され、暴漢に顔を切り付けられた経験のある朴大統領は、暗殺恐怖にとりつかれている。それが大統領職にしがみつき続ける原動力になっているとさえ聞きます。今後は青…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事