日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

首藤信彦特集

TPP阻止国民会議事務局長の首藤信彦氏

TPP交渉に首藤信彦氏「日本はイカサマ麻雀にハメられた」


衆院議員時代からTPPの危険性を指摘し、米アトランタで開かれた閣僚会合をウオッチした反対派の急先鋒、TPP阻止国民会議事務局長の首藤信彦氏は、「安倍政権はTPPの罠に見事に引っかかり、タヌキの葉っぱを買わされた」と断じる。 ――甘利TPP担当相が行司役として「大筋合意」をまとめたと伝えられています。 甘利大臣は行司すらやってませんし、日本は交渉なんかしていません。他国は2国間協議で丁々発止やりあ…

テレビでおなじみの高木美也子さん

高木美也子さん キャスター時代の“相棒”小西克哉氏に感謝


私とほぼ同時期に出演し始めたのは、元衆議院議員で広島市長もされた秋葉忠利さん、故・久和ひとみさん、武見敬三さん、安藤優子さん、猪瀬直樹さん、首藤信彦さん、三枝成章(現・成彰)さんら、そうそうたるメンバーでした。 私が選ばれたのは、パリで大学生活を送ったことがある女子短大の助教授で、女性では珍しかったサイエンス系の知識をもっていたからのようです。 一方、小西さんはもともと裏方の同時通訳スタッフと…

「私じゃないの」

TPPも黒い利権とカネまみれか…安倍周辺から漂う腐臭


TPP阻止国民会議事務局長の首藤信彦氏は、「世界」12月号でTPP交渉の裏側をこう書いていた。 〈「他国は焦ってないが、日本は大筋合意を作って、すぐ補正予算を組んで金をばら撒き来年の選挙を有利に展開しようと焦っている……」。まるで裏面に精通した政治評論家のような話を彼ら(=TPP交渉を監視するNGO)がしているのに驚かされた〉 〈日本はTPPで大金を払って、タヌキの葉っぱ(架空の軍事脅威への対…

妥結内容を自民党議員に報告する甘利明TPP担当相

眉ツバもののTPP「大筋合意」 日本だけが大ハシャギする理由


事務局長を務める首藤信彦元衆院議員はこう言う。 「日本と他国との認識にはどうもズレがあります。閣僚合同記者会見で〈大筋合意したのか?〉と問われた米国のフロマン通商代表はイエスともノーとも答えず、言葉を濁していたし、貿易協定が一変する重要な会合だったにもかかわらず、参加12カ国中の3カ国は代理出席。質疑は空回りしていました。安倍政権は来夏の参院選での争点化を避けるため、このタイミングでの形式にこだ…

丁々発止とはほど遠い/(C)日刊ゲンダイ

「まるで八百長」 視察した専門家が見たTPP交渉“猿芝居”


真剣勝負をやっているかのように報じている日本のメディアはひどいと思う」 こう言うのは、民主党の前衆院議員で国際政治学者の首藤信彦氏(68=写真右)だ。野党議員などでつくる「TPP阻止国民会議」の事務局長として、今月25日までシンガポールでTPP交渉の現場を視察してきた。もちろん、首藤氏はTPP反対の立場で、日本が腰砕けにならないか、“監視”のために行ったのだが、ぬるい交渉現場を間近で見て、思わず…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事