日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

三宅健特集

真矢みきもビックリ?

ビビットで赤っ恥 国分太一が「猶予」を読めず視聴者ア然


V6の岡田准一(35)は「真摯」を「しんげき」と読んでいたことを、ラジオ番組で三宅健(36)にバラされている。 アイドルに語彙力は関係ないとはいえ、国分は情報番組のキャスターを務める、いわば“朝の顔”。視聴者が呆れるのも無理はないか。…

NHKの番組がジャニーズだらけに?

嵐・相葉MC抜擢はNHK“ジャニーズラッシュ”の前触れか?


今までもEテレでは「Rの法則」で山口達也、「テストの花道ニューベンゼミ」で城島茂(ともにTOKIO)、「みんなの手話」で三宅健がMCを務めている。ただし、これらは教養や趣味の番組だから、NHK総合では「あさイチ」の井ノ原快彦に続いてジャニーズバラ売りMCは2人目になるのではないか。 民放に比べれば“ジャニーズ冠もの”は圧倒的に少ないとはいえ、人気絶頂の嵐メンバーのレギュラーを制作するということは…

None

世界的に見ても珍しい


僕が作詞をした「Sexy――」では、ミーティングの場でアイデアマンの三宅健君が「郷太さん、コンサートやカラオケで盛り上がるような、ちょっとダサいくらいインパクトのある言葉がイントロにあるとうれしい」という助言をくれたことで、「Sexy!」というキャッチフレーズを思いつくことが出来た。実際にリリース後、アリーナで行われた彼らのコンサートでの同曲での一体感は圧巻のひと言。 ジャニーズのアーティスト…

None

「白組」はジャニーズだらけ V6紅白初出場内定の“裏事情”


長野博はBSプレミアム『晴れ、ときどきファーム!』、三宅健もEテレ『みんなの手話』出演と、ほぼ総出。NHKへの貢献度は高い。それにくらべれば、歌手としての活躍うんぬんとか、お茶の間への浸透度なんて二の次なんですよ」 マスコミ関係者によると、NHKは紅白出場者の顔ぶれを変えていく方針だそうで、そうした意味でも、V6初出場は時流に乗っているという。とはいえ、紅白は歌合戦のはず。俳優や情報番組出演も、…

元グラドルも現在36歳/(C)日刊ゲンダイ

釈由美子イメチェン成功 昼ドラ出演でファンが主婦層に拡大


さらに今回の昼ドラは、従来のドロドロ路線ではなく、浅野ゆう子やV6の三宅健などゴールデンの時間帯に出そうなメンバーが揃っていることも、サプライズの相乗効果になっていると思います」(ドラマ関係者) 今後はもともとのおじさんファンもキープしつつ、主婦層の支持者も得れば、女優として大きなプラス。“山ガール路線”は御嶽山の噴火など火山問題でしばらく需要はなさそうなだけに、女優業に集中するいい機会かも。…

None

森田剛のボヤキも当然…「V6」に広がるメンバー間格差


三宅健(34)なんて、安室奈美恵や柴咲コウなど女性とのスキャンダルでしか話題にならなくなった。 「三宅はトークも演技もいまひとつ。これといった取りえがないのです。この前は、バラエティー番組に出演し、メンバーのヒザの上に座って話すのが好きだとか、ラジオ番組でずっとゲームをしていたとか、ダメっぷりを告白。新しいキャラを打ち出そうとしていました。路線を変更しなければ、生き残れないような状況です」(芸能…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事