日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

遠藤章造特集

極楽とんぼの山本圭壱

復活ツアーは即完売 極楽とんぼ山本の異常人気は本物か


また騒動の中身は違いますが、ベッキーのように約半年で芸能界復帰したケースを前例として、山本ももうイケると判断したようです」(テレビ関係者) 山本はかつて「軍団山本」といわれたお笑いタレントのグループを引き連れ、そこにいた田村淳(42)や遠藤章造(45)らから信奉されていた。視聴者からの批判もあるなか、後輩たちの協力や後押しもあっての復帰劇なのだろう。しかも、復帰特番となった「めちゃイケ」は視聴率…

泣く子も黙る“コワモテ俳優”がズラリ

ギャラ総額は…任侠大作「CONFLICT」俳優陣の凄い顔ぶれ


“実子騒動”が記憶に新しい大沢樹生、諸星和己の元「光GENJI」コンビに加え、お笑い芸人からはココリコの遠藤章造、最近は映画監督としても活躍中の品川祐など、多彩な顔ぶれがズラリだ。 “お騒がせ俳優”の高岡奏輔ら個性派も合わせて、「総勢25人」のオールスターが2時間43分の長丁場を暴れ回るのである。 しかし、これだけの豪華キャストを揃えておきながら、映画の知名度はいまひとつ。原因は「こだわり抜いた…

元夫・ココリコ遠藤に続いた

千秋が15歳下TBS社員と再婚 娘が小学校卒業のタイミング


すでに前夫の遠藤章造(44)は昨年12月に関根勤の元マネジャーの女性と再婚している。…

千秋

ビジネス上手は血統か 千秋は年商50億円の“ママタレ女王”


07年にココリコの遠藤章造と離婚後はシングルマザーを貫いている。娘も来年は中学生になるだけに、そろそろ再婚が視野に入っていてもおかしくないタイミングだろう。どんでん返しは、たびたびテレビでも共演する遠藤との再婚だが……。…

吉本は「山本軍団」復活を警戒/(C)日刊ゲンダイ

極楽・山本に出演オファー殺到 “ネタ枯れ”TV界が熱視線


というのも、山本が現役のころはロンブーの田村淳、ココリコの遠藤章造、宮迫博之らから慕われ『山本軍団』を結成。待遇やギャラに関する不平不満を直接、会社にぶつけていた。復帰を機にまた、一大勢力が出来ることを嫌がっているんです」(放送作家) しかし、当の山本はというと周囲の心配と思惑を知ってか知らずか、タニマチからあてがわれた高級マンションに住み、車はベンツのゲレンデ。交際中の彼女と都内で美食三昧の日…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事