日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

野際陽子特集

None

野際陽子の指定席脅かす? 中田喜子“嫁いびり”役で新境地


これまでは野際陽子の独壇場でした。ただ、あまりに出番が多過ぎて、さすがに飽きられている。80歳に手が届く年齢になったこともあり、代わりが務まる役者を求めるムードは高まっていた。そこに中田が名乗りを上げた格好です。注目度の高いドラマで、“ポスト野際”のアピールに成功した。『渡る世間は鬼ばかり』が終わった今、本人も次のステップで勝負する覚悟なのでしょう」 「連想ゲーム」の紅組キャプテンは、はるか昔の…

None

連載10029回 CMソングからの旅立ち


「西の野際」とは、名古屋のNHKにいた野際陽子さんのことである。 井上省さんというディレクターが、結構、音楽好きで、「今月の歌」としてオリジナル曲を作るのを楽しみにしていた。放送のためにいろんな曲を制作したのだから、贅沢なものである。番組のためだけの曲だったから、レコードにはなっていないが、それなりに有名な歌い手さんを起用したものだった。 『センチな夜』という歌は、坂本九がうたっている。原曲はロ…

左から八千草薫、草笛光子、岩下志麻

ドラマに魂を入れる「おばあちゃん女優」たち


他にも、奈良岡朋子(86)、岸恵子(83)、野際陽子(80)と80代女優は元気ハツラツ。 昭和の時代も、北林谷栄、原ひさ子、浦辺粂子といった名女優のおばあちゃんがいたが、あの頃のおばあちゃんと比べると、今のおばあちゃんたちは若くてきれい。「いつ恋~」で八千草と有村架純が恋バナをしても、ちっとも不自然ではなかったから。 一方の男性はというと、80代で元気なのは仲代達矢(83)ぐらいか。男はつらい…

吉永小百合も含め映画人446人が反対アピール

吉永小百合さんも「NO」 映画人446人が戦争法案反対アピール


俳優では吉永小百合、倍賞千恵子、野際陽子、大竹しのぶら、監督は是枝裕和、周防正行、西川美和、井筒和幸、山本晋也をはじめ、映画界を支える一線級の人たちが名を連ねている。 賛同人たちは「すべての戦争に反対」(倍賞千恵子)、「現政権は、政治権力が憲法によって縛られるものである、という原則をそもそも理解していない」(是枝監督)、「民主主義を否定する現政権を許すわけにはいかない」(周防監督)など、痛烈な…

女将見習がハマリ役の矢田亜希子/(C)日刊ゲンダイ

「花のれん」で好演の矢田亜希子に“昼ドラの星”目指せの声


ドラマの柱は大女将の野際陽子と嫁である羽田美智子とのやりとり(嫁と姑のバトル)だが、矢田は舞台である金沢の老舗の旅館で“女将塾”に通う真知子を演じ、いろんな意味でハマリ役なのだ。 まず、着物が似合う。ほかの女将見習の女たちの中で際立った美しさと存在感がある。「これからは和服姿の役なんかいいかもね!」と思って見ていたら、なんと先週から今週にかけて、田舎の能登に帰って、漁港で働く暗い展開に! 女将塾…

最近はバラエティー出演が多かった/(C)日刊ゲンダイ

ドラマ主演&長男も話題…俳優・千葉真一“再ブレーク”到来


■長男の真剣佑もテレビに引っ張りだこ もっとも、俳優としての評価とは対照的に私生活は波乱続きで、野際陽子との離婚から2年後の1996年、28歳下の女性と再婚。 その後、ハリウッド進出を目指してロスに豪邸を構えるも、トラブル続きで多額の借金が明るみになり、仕事以外のことでたびたびマスコミをにぎわせてきた。 「一頃はとにかくお金がなくて、千葉と語らうクルージングパーティーなんてイベントもよく催され…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事