日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高須愛子特集

松森彩夏

松森彩夏はプレースタイルから負けん気の強さを感じる


私が2度、賞金女王になることができたのも、高須愛子さんや高村博美さんがそばにいたのが大きい。練習ラウンドの仕方とか、試合会場から離れて食事の時には、どういうふうにゴルフについて考えるかを学ぶことができた。そして何よりも、一緒に行動することで「自分も勝てる」と精神的にも強くしてくれるのです。実際、試合でオドオドしなくなるのです。 プレースタイルはクセのないスイングで、いいと思います。無理のないス…

イ・ボミ

重圧感じていたイ・ボミの気持ちがよくわかる


仲間の高須愛子さん、高村博美さん、純ちゃん(安井純子)と一緒に行動していたので、私の賞金女王への緊張感はみんなにわかっているわけですよ。で、周りはそのことに触れないように一生懸命気づかってくれたのがよくわかった。でも、最終的に、そういう先輩たちと一緒に行動していたから最後まで強い気持ちでいられたのです。 とにかく、どんな状況になっても、最後まであきらめないでプレーする、気持ちが折れないようにし…

None

昔はヤーデージブックも歩測して手作りだった


さて、プロになって仲良くなった純ちゃん(安井純子プロ)の誘いから高須愛子さん、高村博美さんと練習するようになりました。 今の女子プロには帯同キャディー、マネジャー、トレーナーがいて至れり尽くせりですが、もちろん昔はいません。 当時は、自分たちでホテルの予約をとって、自分たちで食事の場所を探したり。そういう意味では高須さんや高村さんと一緒のグループでは若手が率先して動いて、マネジャー役もやるわけ…

None

夕食をかけて練習ラウンド


それも純ちゃん(安井純子)に誘われて、高須愛子さんや高村博美さんと一緒に練習するようになったことが大きかったのです。 89年4月の徳島月の宮レディスで、純ちゃんがツアー2勝目をマークして賞金ランク12位。そして、翌月に私が初優勝。高須さんはその年に東都自動車、宝インビテーショナルの2勝(賞金ランク4位)です。 翌90年は高村さん3勝(賞金女王)、高須さん4勝(ランク2位)、純ちゃん4勝(ランク…

None

ライバルと先輩に刺激され初優勝


彼女はすでに強かった高須愛子さん、高村博美さんのグループに入って一緒に行動していて、「おいでよ」「練習させてもらおうよ」と誘われてから、私も高須さんや高村さんと練習するようになったのです。それで獲得賞金も増えて、シード選手になってと、だんだんと自分が強くなっていくのがわかってくるんです。 私も86年、記録には残っていませんが、台湾のミニツアーで涂阿玉さんにプレーオフで勝ち、87年2月には廣済堂…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事