日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鳩山一郎特集

プーチン大統領と握手する安倍首相

ネタ元は官邸大本営 吹き荒れる解散と北方領土憶測報道


しかも、2島の返還は、すでに鳩山一郎内閣時代の「日ソ共同宣言」(1956年)で合意していることだ。日本は「4島一括返還」を求めてきたはずである。2島返還だけなら、歴代首相は全員、実現できたことだ。 しかも、安倍首相はプーチン大統領に「8項目の経済協力」を提案しているから、巨額な経済支援もしなければならない。それでも功名心にかられ、歴史に名を残したい安倍首相は、プーチン大統領と「2島返還」で握手す…

法務相や総務相など要職を歴任

鳩山邦夫元総務相が死去 国会でも激ヤセが心配されていた


東京都出身で、鳩山一郎元首相の孫、威一郎元外相の次男として生まれた。兄は鳩山由紀夫元首相。東大法学部を卒業後、田中角栄元首相の秘書などを経て、1976年の衆院選で旧東京8区から無所属で初当選。 その後、自民党入りして宮沢内閣で文部相として初入閣。93年に離党し、旧新進党に流れ、96年に由紀夫氏らと旧民主党を立ち上げた。兄弟対立が深まって離党し、無所属で99年の都知事選に立候補するも、石原慎太郎元…

トランプ氏

トランプ氏の米軍撤退発言は日本が独立する絶好の機会


歴代の日本の政治家は「国民は祖国を自分の力で守る気概がなければならない」(重光葵)、「日本の安全は独立国である日本自らその任にあたるべきが当然である」(鳩山一郎)と言い、安倍首相の祖父岸信介ですら「他国の軍隊を国内に駐屯せしめて其の力に依って独立を維持するというが如きは真の独立国の姿ではない」と話している。 屈辱的な安保条約に調印した吉田茂首相は自己を正当化するため、米軍は占領軍の延長であると…

「昭和の公団住宅」長谷田一平編


昭和30年、270万戸という深刻な大都市圏の住宅不足の解消と、高度経済成長の幕開けとともに始まった地方からの人口流入の受け皿として、時の首相、鳩山一郎の陣頭指揮で日本住宅公団(現UR=都市再生機構)が設立された。 以来、60年間で賃貸・分譲合わせて158万戸の住宅が建設された。 そのうち、発足時の昭和30年から昭和が終わった昭和64年まで住宅公団が建設した住宅は、全体の82%を占める129万戸に…

佐高信氏

【特別編】首相の背後霊の悪を見極める必要


しかも、一等、二等の寝台車で引き揚げていったとは、けしからん話です」 鳩山一郎は岸を指して「総理大臣が金儲けしちゃいかんよ」と言ったそうだが、インドネシア賠償汚職等でも岸の名はさんざんに取り沙汰された。ちなみに、この時、当時のインドネシア大統領のスカルノにささげられたのが、現在のデヴィ夫人である。孫の晋三の糾弾のためにも、祖父の岸の積み重なった悪を私は徹底的に追及したいと思っている。★★★(選者…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事