日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

内山高志特集

田口良一

元王者内山高志グラリ 4度目防衛田口が“復帰ラブコール”


この日の解説席には、4月にWBA世界スーパーフェザー級王座から陥落した田口と同じジムの内山高志(36)がいた。 田口は勝った直後にリング上から内山に向かって「復帰してくれると思います」とラブコール。すると内山は「まさかリング上から(その言葉が)来るとは思わなかった」と言いつつも、「試合がしたいという気持ちも出てきた」と色気を見せた。 日刊ゲンダイの取材では、すでに内山は現役続行は決断したものの、…

内田高志(左)とコラレス

モチベーション欠如? Sフェザー王者内山2回KO負けの衝撃


27日、24勝無敗で11度の防衛を誇るボクシングWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(36)が、まさかの2ラウンドKO負けを喫した。挑戦者でWBA同級暫定王者のコラレス(24)に一方的に攻められ、2R2分59秒でマットに沈んだ。 「体が温まる前にやられた。実力の世界だから、しょうがない」と話した内山。年齢による体力の衰えなど、さまざまな理由があるだろうが、一番はモチベーションの低…

ファンと記念撮影に応じる内山

Sフェザー級世界王者・内藤 ラスベガスへ「世界進出」宣言


ボクシングWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(36=ワタナベ)が21日、都内で行われたトークイベントに出席。抽選で集まった100人のファンを前に、力強くこう宣言した。 「まだ決まってはいませんが、次戦は恐らくラスベガスになると思う。照準はウォータース。体が壊れてもいいので、絶対に勝ちたいです」 昨年の大みそかの試合で日本歴代単独2位となる11度目の防衛に成功した王者は、かねて囁か…

V10の内山高志にも統一戦の可能性が

日本人王者の「世界統一戦」 ボクシング団体大歓迎のカラクリ


6日にV10を達成したWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(35)に対し、WBC同級王者の三浦隆司(30)は、「(統一戦の)準備は出来ている」と豪語。 WBC前フライ級王者の八重樫東(32)はWBA世界フライ級王者の井岡一翔(26)について「再戦をお願いしたい」と話している。両者は12年に初めて日本人同士の世界統一戦を行った因縁がある。 現在、軽量級を中心に4団体合わせて日本人の…

内山高志のV10は日本人最年長防衛記録となった

V10内山でも2000万円 日本人王者ファイトマネーなぜ安い?


6日に行われたWBA世界スーパーフェザー級スーパー王者、内山高志(35)の10度目の防衛戦。同級7位のジョムトーン・チューワッタナ(25)を2ラウンドTKOで下し、V10に成功。35歳5カ月の内山は、日本人では最年長世界王座防衛記録となった。 あるジム関係者は「公表はされてないが、内山クラスのボクサーが防衛10回目となると、実入りは2000万円前後ではないか」という。70年代のボクシング全盛期は…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事