日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

一色武特集

かばう高村副総裁(左)と「被害者意識」の甘利大臣

「ワイロは罠」と周囲は擁護 甘利大臣“被害者ヅラ”の厚顔


根拠のひとつは文春に実名告発した千葉県の建設会社「S興業」の一色武氏の“証拠取り”の手法だろう。ワイロをねだった公設秘書らといつどこで会ったかを細かく記録し、会話を50時間以上に及び録音。渡したピン札のコピーまで取っていた。一色氏にとっては「自分を守る手段」だったかもしれないが、シロートにはマネできない完璧さだ。こんな話もある。 「この件は最初は文春ではなく東京地検特捜部に直接持ち込まれたと聞い…

腐敗は拡大(左が一色氏)

ゼネコン接待は“常識” UR職員「内部情報」エサに豪遊日々


千葉県の建設会社「薩摩興業」の元総務担当者、一色武氏からの接待額は約100万円に上ったが、URの往生際は悪い。 フィリピンパブ接待の見返りに職員から一色氏への内部情報の漏洩については「一切出てきてない」(小山陽一郎コンプライアンス・法務室長)と否定。あとは「第三者の調査にゆだねる」の一点張りだ。接待されたひとりが週刊文春の取材に「工事を進めるために本音の話をしましょう、というつもりでした」と漏洩…

写真撮影NGの驚愕会見

甘利氏口利き UR職員も「100万円接待」発覚で捜査新局面


これは薩摩興業の元総務担当者、一色武氏(62)から計800万円以上の現金を受け取った見返りに、甘利氏の元秘書が“口利き”した結果だ。実は、中立的立場とみられてきたURも噛んでいたというのだ。 URの内部情報を漏らしていたのは幹部職員2人。「文春」によると、その1人は神奈川県のフィリピンパブなどで総額100万円の接待を受けた見返りとして、上積みできる補償金額などの情報を一色氏に漏らしていたらしい。…

URによる不開示通知書

甘利氏問題 重要部分をまた「不開示」URのデタラメ対応


疑惑を告発した建設業者元総務担当の一色武氏が、この経緯についてURに情報開示を請求。本紙も同じような請求を2月4日にしていたのだが、その回答がようやくあった。 結論としては「不開示」ということなのだが、その理由を「公にすることにより、相手方の個人の権利、競争上の地位その他正当な利益を害するおそれがある」「機構の補償交渉事務の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがある」と説明している。 URとしては、…

不眠症という便利な病気で国会欠席

甘利疑惑 このタイミングの強制捜査をどう見るべきか


現金授受を告発した建設会社の元総務担当者・一色武氏の自宅も捜索した。特捜部は、すでに一色氏だけでなく、甘利の元公設第1秘書や国交省住宅局の担当者からも任意で事情聴取したという。 問題は、検察はこの事件を本気で立件するつもりがあるのかどうか、捜査の手が甘利本人にまで及ぶのかどうか、である。 一色氏は本紙のインタビューで、「甘利さんに渡した現金はあくまで口利きの“礼金”であり、新たな口利きへの“手付…

甘利前大臣に捜査のメスは?

ついにUR強制捜査 甘利前大臣に捜査のメスは届くのか


また同社の元総務担当者、一色武氏(62)から計800万円以上の現金を受け取った甘利の元公設秘書からも任意で事情を聴いたもようだ。強制捜査はけさまで続き、特捜部は押収した資料などを分析し、問題の補償交渉に甘利の元秘書らがどのような影響を与えたのか解明を進める方針だ。 この問題で、URの説明によると、元秘書は薩摩興業との補償交渉に絡み、職員とたびたび面会していた。この際、元秘書は「甘利事務所の顔を立…

国会欠席が続く甘利前経済再生担当相

ようやく賄賂問題に動き 特捜部が甘利氏告発者を任意聴取


甘利明前経済再生担当相(66)が大臣室で“ワイロ”を受け取った問題で、東京地検特捜部が、現金授受を内部告発した千葉県の建設会社の総務担当、一色武氏(62)から任意で事情を聴いたことが分かった。 一色氏は先月の本紙取材に、特捜部の捜査に全面協力する意向を示し、なかなか接触してこないことをボヤいていたが、ようやく“念願”がかなった。 甘利氏サイドや一色氏本人の説明によると、元公設秘書は2013年8月…

「自首」して引きずり出すべき(甘利氏=写真右)

甘利氏追及に“秘策”あり 告発者「自首」なら捜査急展開も


「疑惑を告発した建設業者元総務担当の一色武氏が、捜査機関に自首するのです。写真、録音テープなど全ての証拠を提出し、『甘利前大臣と元秘書に対し、UR(都市再生機構)との補償契約について金額が吊り上がるよう請託した。成功報酬でカネを渡した。あっせん利得処罰法を犯しました』と洗いざらい話す。さすがに捜査機関も追い返せず、自首調書を取らざるを得ないから、特捜部も動きますよ」 事件化すれば甘利氏も秘書も…

逃げ切り許さん(左は甘利前大臣)

ヤクザ顔負けの威圧…甘利氏秘書「UR恫喝」の一部始終


この発言には、疑惑を暴露した建設会社の一色武氏も〈ええっ?〉とビックリ。鈴木氏が〈あなたたちね、オレの顔立てるって言ったけどね〉とURサイドに“揺さぶり”をかけていたことも、清島氏が明かしていた。 甘利事務所がやっていたことは、ほとんど“恐喝”と言っていい。追及チームでは、昨年9月に一色氏が現金15万円を清島氏に渡した際の音声も公開。一色氏が〈いろいろ経費かかると思いますが。URの件で何とぞよろ…

“雲隠れ”を続ける甘利前大臣

証人喚問逃れがミエミエ 甘利前大臣“睡眠障害”で国会欠席


16日も、政策秘書だった鈴木陵允氏が、疑惑を暴露した建設会社の一色武氏に高級車「レクサス」を“おねだり”していたことが発覚した。 民主党の追及チームが新たに公開した音声データには、一色氏が公設秘書だった清島健一氏に対し、「あ、そうだ。これでUR(都市再生機構)のほうがまとまっちゃうと思うんで、えっと鈴木さんがレクサスでしたっけ?」と話しかける生々しいやりとりが録音されている。 政策秘書は約16…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事