日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

白石萌特集

自己採点「65点」のワケは…/(C)日刊ゲンダイ

映画に続き舞台で主演 “東宝シンデレラ”上白石萌音に聞く


東宝シンデレラの上白石萌音(16)。昨10日、初主演舞台「みえない雲」の初日を迎えた。 ドイツの架空の原子力発電所で発生した放射能漏れ事故に巻き込まれた人々を描いた物語。決して他人事ではない、日本でも非常に関心の強い内容に挑む。 「原発事故とはどういうものか、放射能が漏れることでどんな事態が起こり得るのか。東日本大震災が起こった当時は地元の鹿児島にいたのですが、日本で大変なことが起こっているのに…

沢口靖子(左)と前回グランプリの上白石萌音

沢口靖子、長澤まさみ…東宝シンデレラに見る時代の変化


「前回グランプリの上白石萌歌はこの夏、初舞台でミュージカル主演を務めています。上白石萌音や山崎紘菜、浜辺美波といったシンデレラたちも映画やテレビ、CMと幅広く活躍しています。女優がモデルをこなし、アーティスト活動も行うという今の芸能界のスタイルが浸透し、それを見て育ってきたからでしょうね。この傾向はますます強まっています」 そのなかで探しているのは「王道の女優」ではなく、沢口や長澤ら、歴代シン…

歌声も好評の大原櫻子/(C)日刊ゲンダイ

“ポスト能年”最右翼は? 午年アイドル事情を評論家が予想


11年の「東宝シンデレラオーディション」で審査員特別賞を受賞した姉・上白石萌音(もね)(15)は、周防正行監督が「Shall we ダンス?」(96年)以来、初めてエンタメ作品のメガホンを取った14年秋公開の「舞妓はレディ」の主演に大抜擢。800人ものオーディションから選ばれ、「磨けば光る原石」と周防監督をしていわしめた。 萌音と同じ年、東宝シンデレラのグランプリを受賞した妹・上白石萌歌(もか)…

11月担当の山村紅葉

長澤まさみ表紙 東宝カレンダーに山村紅葉“初起用”のナゼ


16年版カレンダーと17年版の違いは、野波麻帆(36)と上白石萌歌(16)に代わり、山村と、来年2本の主演映画の公開を控えるフレッシュな浜辺美波(16)が新しく加わったこと。 1952年のスタートから60年以上の歴史を持つ同カレンダーは、系列である「東宝芸能」所属の女優以外にも東宝の映画や舞台で活躍している女優を起用することもあるが、山村は“本流”である東宝芸能の所属で芸歴33年の大ベテラン。…

応募総数9508人の頂点に

育成に数年 東宝の“原石”福本莉子は長澤まさみに続けるか


』でヒロインの声優を務めた上白石萌音も含め、開花したのは2人ともオーディションから4、5年後のこと。つまり、即戦力ではなく数年の時間をかけ、親会社である『東宝』の作品で主役が張れる映画女優に育てていくわけです。オーディション初という経歴も“シンデレラ”だったら芸能界入りも安心という親御さんが多いからでしょう。大事に育てられた箱入り娘たちはダイヤモンドの原石。今後に注目です」 偉大な先輩たちを超え…

新海ワールド炸裂

ジブリ“独り勝ち”終焉か 「君の名は。」大ヒットの要因


■同人アニメの出身の「セカイ系」 物語をざっくりといえば、東京で暮らす男子高校生(神木隆之介・声)、かたや山深い田舎町に暮らす女子高生(上白石萌音)が夢の中で入れ替わるというお話。いわゆる王道だ。ただ、それに加え、各紙誌やネットのレビューには「新海ワールド炸裂」という文言が並んでいる。監督の新海氏はもともと同人アニメの出身で、哲学的かつアクの強い作風が売り。一世を風靡したエヴァンゲリオンの系譜…

未来の大女優たち/(C)日刊ゲンダイ

アイドル勢力図を塗り変える“当たり年”の「東宝シンデレラ」軍団


グランプリの上白石萌歌(13)はまだ表情こそあどけないが、「二階堂ふみさんのような存在感があって独特のオーラを出せる女優さんになりたい」と語るなど、中学2年生とは思えないプロ意識の高さ。 審査員特別賞を受賞した最年長の山崎紘菜(19)に至っては、「いつかは日本アカデミー賞で主演女優賞を取りたい。TOHOシネマズのスクリーンを私でいっぱいにしたいです」と、親会社の東宝が跳び上がって喜びそうな力強い…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事