日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

須田慎一郎特集

須田慎一郎さん

須田慎一郎 共働きの母が大晦日になると作ったお煮しめ


日々、メディアで発言し、講演で飛び回っている須田慎一郎さん。出身は東京。世田谷区で生まれて、小2で足立区西新井に引っ越して大学を卒業するまで過ごした。 「8歳下の弟がいて父は会社員、母は親戚の会社を手伝っていました。下町の家庭はどこも同じで貧しくてね。共働きで帰宅しても母親はいないから腹をすかせたまま遊びに出かけるのですが、当時は近所でもんじゃ焼きをやっている“家”があって、20~30円でもんじ…

「偽装中流」須田慎一郎著


(KKベストセラーズ 1400円+税)…

小松法制局長官に続き香川財務次官も

今度は財務次官が…首相の周辺ではなぜ腹心が亡くなるのか


香川氏と交流があったジャーナリストの須田慎一郎氏はこう言う。 「『一体改革』は消費税を5%から段階的に10%に引き上げるワンパッケージの政策。体調不良とはいえ、主計局長で退官すれば職務を途中で放り投げた格好になってしまう。それには納得がいかなかったようです。体調が比較的安定していたこともあって次官を引き受けたのでしょう。本来ならば今国会が閉会するまで務めなければなりませんが、限界だった。結果的…

籾井会長(右)の説明はデタラメ

新国立も顔負け…NHKは受信料で「3400億円」豪華社屋計画


ジャーナリストの須田慎一郎氏が言う。 「(1)現有地と等価交換で取得した新しい土地に移転する(2)現有地で建て替える――NHK内部でこの2パターンを試算した結果、建て替えた場合の費用は、移転のほぼ倍額になると分かりました。限られた敷地内で行う建て替えは、建物の配置や工期が複雑に入り組むため、難工事となり時間もお金もかかる。建設費は軽く4000億円を突破するといわれています」 籾井会長が「参考に…

警視庁HPから

ネットバンク不正送金 銀行は全額補償してくれるのか?


金融ジャーナリストの須田慎一郎氏が言う。 「大手銀行の場合は被害額を全額補償している場合が多い。最近では、『使い捨てパスワード』といったものを使い、セキュリティー対策を強化しています。個人のセキュリティー対策ではどうにもならない部分が大きいので、よっぽどの過失がない限りは銀行がカバーしてくれます。ただし、怖いのはセキュリティーが弱い銀行で、パスワードの設定の変更など、個人の対策に頼っている銀行は…

(C)日刊ゲンダイ

30億円事業をJALから奪ったANA「豪腕」役員の政治力


それだけ、石坂氏が政権に食い込んでいる証拠です」(航空ジャーナリスト) ジャーナリストの須田慎一郎氏はこう言う。 「民主党政権下で再建を果たしたJALは、良くも悪くも民主党という色が付いてしまった。自民党としては、感情的にそれが面白くないのでしょう。羽田の発着枠といい、今回の整備業務といい、極めて政治色が強い結果だと思います。他方、JALもかつての自民党運輸族のツテを頼りたいが、今や途絶えてしま…

すでに戦闘モード/(C)日刊ゲンダイ

小泉「脱原発」発言の真意は安倍首相を“なぶる”こと


そういう印象を受けました」(ジャーナリスト・須田慎一郎氏) 長らく共同通信で、清和会を担当してきた政治評論家の野上忠興氏は「安倍首相をなぶるつもりだろう」とこう言った。 「安倍首相の政局観のなさ、これが見てられないのだと思いますよ。それなのに、大宰相を気取っているものだから、ますます腹立たしいのでしょうが、だからといって引きずり降ろすつもりもない。“なぶる”という言葉が一番適切じゃないですか」 …

None

どちらも利権絡み 「安倍vs小泉」脱原発バトルのアホらしさ


とても真に受ける気になれない」とバッサリだったし、ジャーナリストの須田慎一郎氏はこう言った。 「みんな大騒ぎですが発言を慎重に聞くと、将来的に脱原発といっているだけで、自民党の方向性とそんなに違うわけではない。また、脱原発というより、燃料電池が開発されれば蓄電できるわけですから電力需要がそれほどではなくなることを念頭においているような気がします。小泉さんのシンクタンク、国際公共政策研究センターは…

None

無責任と無能が露呈…金融庁は「みずほ銀と同罪」の見方も


金融ジャーナリストの須田慎一郎氏はこう言った。 「確かに、問題融資の解消は難しい。それだけに発覚した時点で、個人の責任にせず、組織で対応することが大事になる。暴力団関係者と分かった時点で、内容証明書を送り、直ちに返済するように求める。返済がなければ、担保物権を差し押さえる。弁護士や捜査当局との連携も必要になる。当局の指示待ちでは決して解決しない問題ですけどね……」 もちろん、一番悪いのはみずほな…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事