日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

石井忍特集

イラスト・上間久里

ダウンスイング後半ではペットボトルの向きを180度変える


では、どんなイメージでスイングをすれば、シャフトの角度をキープできるのか? ツアープロコーチの石井忍プロはこうアドバイスする。 「シャフトの角度をキープするには、ダウンスイング後半でヘッドを前に振り出す動作が必要です。ヘッドを前に振り出すことで、シャフトの角度がキープできます」 ペットボトルをクラブに見立ててアドレスしたら、それでトップまで上げてダウンスイングを開始する。グリップがへその高さに…

イラスト・上間久里

ペットボトル素振りは正しいダウンスイングのポジションが分かる


ツアープロのコーチを務める石井忍プロはこうアドバイスする。 「ダウンスイングの前半ではシャフトを寝かせた方が、ヘッドがシャフトプレーンに近づき、クラブに余計な動きをさせることなくインパクトに向かえます」 では、どんなイメージで練習をすればシャフトを正しく寝かせることができるのか? 「ペットボトルをクラブに見立てて素振りするのがいいでしょう。ペットボトルの飲み口を下に向けて持ってアドレスしたら、そ…

イラスト・上間久里

ダウンの切り返しではシャフトを寝かせるのが世界基準


ツアープロのコーチを務める石井忍プロはこうアドバイスする。 「ダウンスイングの前半ではシャフトを立てる必要はありません。というよりは立てると、ヘッドはプレーンから遠ざかります。ダウンの前半ではファウラーのようにシャフトを寝かせておいた方が、ヘッドがプレーンに近づき、クラブに余計な動きをさせることなくインパクトに向かえます」 ファウラーだけではない。欧米の一流どころの選手は、例外なくダウンの前半…

イラスト・上間久里

SWでわざと歯打ちをするとザックリ、ダフリのミスを矯正できる


ツアープロコーチの石井忍プロはこう説明する。 「アプローチはヘッドを鋭角な軌道で打ち込むほど、インパクトの再現性が低くなり、そしてミスも出やすくなります。上からヘッドを入れるほど、ボールに対して点でとらえることになるからです。アマチュアでアプローチを苦手にしている人を見ていると、鋭角にヘッドが入っている人がかなり多いです」 一方、プロはというと、ヘッドが浅い入射角で入っているそうだ。ヘッドを浅く…

イラスト・上間久里

練習熱心でもスコアが良くならないのは理由がある


では、なぜアマチュアはコースで練習の成果が発揮できないのか? ツアープロのコーチ、石井忍プロは著書「スコアの壁を破る!自分のゴルフの見直し方」(マイナビ)で、その理由をこう分析している。 「アマチュアの多くは練習とコースでのプレーがリンクして(つながって)いません。セパレート状態で練習しているから、コースに出た時、練習場で打てたショットが思うように打てないのです」 確かに、練習場でボールを打っ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事