日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

長田貴仁特集

上場107社が被災 熊本地震で生まれる“シャープ予備軍”


岡山商科大教授の長田貴仁氏(経営学)はこう言う。 「熊本を中心にした九州一帯は『シリコンアイランド』と呼ばれ、半導体やIC(集積回路)の一大生産地です。80年代に2期8年務めた細川護熙熊本県知事(当時)が付加価値の高い産業の誘致に動いたことを契機に、工場がどんどん集まり、ハイテクの最先端を走った時代もあった。今でも半導体に関しては、国内一の拠点といっていいでしょう」 熊本市の北東部に位置する菊…

ショーンK(オフィシャルブログ)と三菱自動車

ショーンKも起用…三菱自の失墜を予期させた2本のCM騒動


■三菱自は社内の意識改革を迫られるタイミング 岡山商科大教授の長田貴仁氏(経営学)はこう言う。 「保守的な日系企業の多くは自社の広告にタレントを起用する場合、すでに認知度のある“安全パイ”の人物を起用する傾向が強い。しかし、時の人や有名人が複数のCMを掛け持ち出演していると消費者の印象には残らず、本末転倒になりがち。それは企業側も気付いているはずで、メリットは代理店がタレントの関連番組を持つテ…

霞が関は大歓迎

官僚は高笑い 社外取締役の義務付けで“天下り天国”また拡大


社外取締役の設置が義務付けられれば、元官僚を招聘する企業は増えるでしょう」(経営学者の長田貴仁氏) 2014年時点で、社外取締役を置いている東証1部企業(約1800社)は約75%。4社に3社がすでに導入済みだが、「1人」しか置いていない企業もあるし、2部上場でも義務付けとなる。社外取締役の争奪戦が繰り広げられるのは間違いない。 「企業は、実際のところ口うるさい社外取締役を嫌います。優秀な人材も避…

「笑いの総合商社」が海外進出?/(C)日刊ゲンダイ

吉本興業社長が熱弁した“クールジャパン20年構想”の勝算


岡山商科大教授(経営学)の長田貴仁氏はこう言う。 「世界相手のビジネスはアップル社の成功ひとつとっても、顧客調査をあてにせず、自分たちの玄人の発想に磨きをかけ、一歩も二歩も先をいくビジネスを仕掛けることが重要。その点では、吉本興業が笑いのプロとして“人”を武器にするのは、新たな試みで、今後が楽しみ。期待したいところです」 会見後、改めて、大﨑社長に意気込みを聞いてみた。 「ビジネスとして成果を出…

ソニーの平井社長は1億8400万円/(C)日刊ゲンダイ

「赤字」「無配当」でも報酬1億円超 厚顔経営者実名リスト


■リスクなしの「外国人価格」 岡山商科大教授の長田貴仁氏(経営学)はこう言う。 「役員報酬には<日本人価格><外国人価格>があります。ソニーや日本板硝子、オリンパスなど、結果はどうあれ一度でも外国人トップを迎えた企業は<外国人価格>に引き上げたまま高値を維持している。もっとも、欧米企業トップの報酬が高いのは、四半期決算ごとに責任を問われるから。経営が傾き、赤字や無配当に転落したら容赦なくクビに…

None

「侵略否定」で公安出動騒ぎ アルプス電気会長“舌禍”の波紋


岡山商科大教授の長田貴仁氏(経営学)はこう指摘した。 「中国の人件費は過去5年で2倍に膨らみ、向こう5年でさらに2倍に増えるとみられています。片岡会長の不用意発言を材料に待遇改善の声を強くし、それが他社に広がる懸念は否めません」 飛んで火に入る夏の虫、だ。…

2人は波長が合うらしい(佐治サントリーHD社長と新浪ローソン会長)/(C)日刊ゲンダイ

サントリー社長に新浪氏 世襲企業の「外様リリーフ」増加も


「今後、こういうパターンは増える」と岡山商科大教授(経営学)の長田貴仁氏は言う。 「創業家→創業家以外→創業家というようにトップが代わる『ハイブリッド経営』は案外うまくいっています。世襲で経営を引き継ぐ場合、途中のリリーフには名経営者を置いて地ならしをしてもらいたいもの。そこでプロ経営者というわけです。変化のスピードが速く、短期間で業態を変えたり、グローバルでリスクを取らなければならない。社内で…

ますます安定志向/(C)日刊ゲンダイ

バブル組の子供世代「自動ブレーキ型」新入社員は超保守傾向


そんな親の姿を見ていれば安定志向が強まるのは当然です」(経営学者の長田貴仁氏) そんな新入社員も飲み会は嫌いじゃない。 「上司との人間関係を構築する方法」として有効だと思うのは「飲み会への参加」がトップで93.7%だった。 確かに、定年まで勤めるには上司とのコミュニケーションは大切だ。 とはいえ、自動ブレーキ型だけに飲みすぎることはなさそう。イキのいい若手が減れば、会社の将来は危ういのに…。…

奇々怪々/(C)日刊ゲンダイ

NHK会長人事 物産出身・籾井氏浮上に“官邸ダミー”の声


経営学者の長田貴仁氏はこう言った。 「次期会長人事は、日本ユニシスの情報通信技術に注目した可能性はあります。東京五輪を控え、ネット放送を充実させる必要もあります。そこで、この分野に明るい籾井氏を選んだのかもしれません」 籾井氏は、「(今回の会長人事は)何も聞いていないし、お話しできる立場ではない」と一般紙に答えている。 菅官房長官も「(NHKの)経営委員会で議論し決定されると承知している」とト…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事