日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

斎藤学特集

精力的に動き回った

ハリルどう使う? 横浜M斎藤はイラク戦・豪戦の秘密兵器


代表常連の左サイドアタッカー2人が一度にいなくなり、同じポジションの横浜M・FW斎藤学(26)が、合宿前日の1日に追加招集された。 この斎藤の評判がすこぶるいい。そもそも9月29日に日本代表のハリルホジッチ監督が合宿メンバーを発表した際、斎藤の名前がないことにJリーグ関係者からも「日本人ドリブラーの中で一番キレキレ。いくら欧州組偏重とはいえ、呼ばないのはもったいない!」という声が噴出していた。…

ザッケローニ(左)と原委員長 (C)真野慎也/JMPA

原委員長の“ダメ出し”はザック監督にどこまで届いたのか?


FW柿谷曜一朗、大迫勇也、斎藤学、MF山口蛍、青山敏弘といった若手主体で臨んだ日本代表は、初戦の中国戦で2点のリードを守り切れずに3ー3で引き分けた。 ザッケローニ監督の目指すサッカーは、選手が若返っても攻撃的なスタイルだったが、失点の多さも同じだった。すると指揮官は第2戦の豪州戦でスタメン11人をすべて入れ替えた。 その理由をザッケローニ監督は「トーナメントの目的は多くの選手を見ること。全員を…

香川(左)とは立場逆転/(C)日刊ゲンダイ

合宿でも絶不調…FW柿谷に影落とす“同期”香川との関係


午後練習が始まる前にリフティングをしながら一緒にアップしたメンバーも、山口以外はFW斎藤学(24)、DF森重真人(27)のサブ組。FWの香川真司(25)や岡崎慎司(28)、MFの遠藤保仁(34)や長谷部誠(30)といった主力組と絡むシーンは少なかった。 ■よそよそしいムード 「C大阪の同期・香川の存在が煙たくてしょうがない」とは某用具メーカー関係者だ。 「プロ入りした頃は1学年上の香川よりも柿…

トップ下で直接指導/(C)日刊ゲンダイ

ザックが直接指導も…合宿の“主役”大久保はW杯で出番なし


ピッチ半面を使ったポジショニングの戦術練習でトップ下に入り、1トップの大迫勇也(24=1860ミュンヘン)、左サイドFW斎藤学(24=横浜M)、右サイドFW岡崎慎司(28=マインツ)らと連係しながら相手選手を囲い込む動きを繰り返し、ザッケローニ監督から何度も直接指導を受けた。 大久保は川崎で2列目に下がってチャンスメークをしたり、積極的にミドルシュートを放ったり、トップ下的な動きに慣れている。一…

猛アピール

W杯代表滑り込み 大久保に光を当てたJリーグの“思惑”


<日本代表メンバー> ◆名前/所属/年齢/回 【GK】 ◇川島永嗣/スタンダール/31/2 ◇西川周作/浦和レッズ/27/初 ◇権田修一/FC東京/25/初 【DF】 ◇今野泰幸/G大阪/31/2 ◇伊野波雅彦/磐田/28/初 ◇長友佑都/インテル/27/2 ◇森重真人/FC東京/26/初 ◇内田篤人/シャルケ/26/2 ◇吉田麻也/サウサンプトン/25/初 ◇酒井宏樹/ハノーバー/24/初 …

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事