日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

岡本綾子特集

前年覇者はテレサ・ルー

岡本綾子が“タフコース”に込めた日本女子へのメッセージ

会場の登別カントリー倶楽部(北海道)は岡本綾子がコース設定を手掛け、総距離は女子ツアー史上最長の6750ヤード(パー72)、5番パー5は605ヤードもある。 8月1日の記者会見では「ラフが伸びなければ優勝スコアは15~20アンダーぐらいではないか」(岡本)と予想したが、ラフは当初想定の100ミリを上回る160ミリまで伸びて、さらにタフになった。 メジャー大会と呼ば…

None

岡本綾子はダウンスイングで左小指を緩ませない

子供の頃の僕たちにとって、岡本綾子さんのスイングは憧れの的でした。ちょっとフォワードプレスしてからスーッと上がって、そこからの球さばきが素晴らしかったのです。 「どんな練習をしたら、あんなに流れるような、しなやかなスイングができるのだろうか?」と考えたものです。 ギクシャクしたところがまったくなく、リズミカルですべてが素晴らしいスイングです。ソフトボールで鍛えた強靱…

岡本が不在だとにらみがきかない?

公の場に姿見せず 噂される岡本綾子“重病説”は本当なのか?

1987年、米国人以外で初の米ツアー賞金女王に輝いて、日米両ツアーで活躍した岡本綾子(64)のことだ。 岡本は昨年末、自宅でめまいを起こして転倒し、10日間ほど入院した。その後、自宅で療養していたが、自動車の運転や新幹線の乗車も困難な状況だったという。だから2月16日に行われた日本ゴルフ殿堂入り式典もコメントだけ寄せて欠席。ずっと公の場に姿を現していないからだ。 …

若林舞衣子

若林舞衣子 結婚で切り替えがうまくいき精神面が強くなる

師匠である岡本綾子さんに聞いたところ、「(若林は)気配りがあって、人に対するやさしさを持ち、周りを見ることができる子」と言っていました。 結婚すると、日々の暮らしにもメリハリが出てきます。プロゴルファーと主婦という二足のわらじをはくと、何かと雑事も出てきます。当然、独身時代よりも練習時間に制約が出てくるのですが、それはそれで、短い練習時間で内容が濃くなってきます。…

服部真夕

服部真夕(28歳・ツアー5勝)

やっぱり師匠だった岡本綾子プロを見習って、セクシーさを前面に出すのが嫌なんでしょ。 アンタは166センチと背が高いしスタイルも悪くないから、パンツスタイルは悪くない。だけど、工夫がまったくないからダサく見えちゃうのよ。 グレーのパンツスーツで色に工夫するとか、おめかし系のサロペットでトレンド感を出すとか、広がりのあるクロップドパンツで動きを出すとかいろいろあるじゃな…

服部真夕

服部真夕(27歳・ツアー5勝)

アンタ、師匠の岡本綾子さんのところを離れたんだって。まあ、ずっと面倒見てもらっていた綾子さんから独立するってことは、よっぽどの覚悟だってことよね。 立派な体をしていて、ここ数年勝てなかった方が不思議よ。でも、今年やっと勝ってよかったわ。その優勝シーンでも涙ひとつ見せなかったのだから、勝負師よね。 さて、肝心のファッションはどうかな? あらら、これはダメだ。 おっさん…

初スキャンダル/(C)日刊ゲンダイ

トレーナーとの熱愛認めた森田理香子 契約より交際が先だった

不振の原因を師匠の岡本綾子さんとじっくり話し合っているのだろうか」と、成績低迷を心配する声が多かった。しかし、不振の裏ではプライベートに揺れていたことが、今回の熱愛報道ではからずも露見したわけだ。 あるプロは、女子プロゴルファーが恋愛に走る背景には、ツアーというタフな環境に晒されるプレッシャーがあるとこう続ける。 「女子プロの世界は、ゴルフしか知らない世間知らずの集…

森田理香子

女子プロ “辛口”ファッション診断

森田理香子(26歳・ツアー7勝)

ジュニア時代は足立香澄プロの指導を受けて08年にプロ転向し、翌年から足立プロの紹介で岡本綾子プロに師事。非常にシャイな性格で、口数は少ない。09年から7年連続で賞金シードを獲得。13年には賞金女王タイトルを手にしたが、スポーツトレーナーのマンションに寝泊まりしたところをフライデーされ交際が発覚。そこから成績が低迷しだして16年は賞金ランク69位でシード権を失う。再起…

早すぎるシード落ち

2013年賞金女王に何が? 森田理香子「シード落ち」の真相

師匠の岡本綾子はイップスの経験がなく、効果的な助言もできないそうだ。 イップスはメンタルの病気といわれ、ゴルファーにとっては厄介な運動障害だが、不治の病ではない。レギュラーツアー復帰を願うファンは少なくない。…

大会最年少17歳でアマVの畑岡奈紗と母・博美

畑岡奈紗に見る 強いゴルファーに育てるなら親は口出すな

岡本綾子の若いころを彷彿させるようなバックスイングをしている。 日本にはアマチュアの父親に教わってゴルフを始めた女子プロが多いので、どうしてこんな複雑なスイングをするのだろう? という選手があまりにも多い。バックスイングで体の捻転が浅く、手でクラブを高く上げているので、右半身が伸びているプロが多い。これでは飛距離だってあまり出ない。日本では勝てても、アメリカでは通用…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事