日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

金井清一特集

バンカーショットは振り抜きが大事


金井清一プロに聞くと、打ち込むだけではダメで、振り抜かなければ砂は爆発しないと次のように教わった。 「バンカーショットはフェースを少し開いておいて、ソールの後ろ側の出っ張っている部分(バウンス)を砂に打ち込んでやる。ソールの一番前の刃(リーディングエッジ)を打ち込んでやると砂にヘッドが深く入って振り抜けないので、砂は爆発しない。バウンスから打ち込んでやればヘッドは砂に深く潜らないので、思い切っ…

イラスト・ボギーマン

アイアンは左わきを締めボールの近くに構える


そのことを金井清一を取材したときに聞いたら、「ボールの手前でいったんアドレスし、ボールのところにクラブをソールするとき、足を動かさずに両腕を伸ばしてボールにクラブを届かせようとしている人が多い」と言っていたことがある。 ボールのないところでアドレスするときは両わきを体につけて手は体の近くに構えているはず。だからボールの手前でアドレスしたらそれ以上手を伸ばそうとしないで、体をボールに近づけていって…

イラスト・ボギーマン

テークバックは腰を中心に体をひねる


そういう人はお尻を壁にでもくっつけてアドレスし、バックスイングしてみれば腰がどうなっているか、自分で感じ取れると金井清一に教わった。 「両方のお尻を壁にくっつけてアドレスしてバックスイングしてみる。それで腰が構えた位置で回れば右側のでん部は壁についたまま、左側のでん部は壁から離れる。バックスイングしたとき、両方のでん部が壁についたままでは腰が横(右)に動いているだけであるから回らない」 バック…

イラスト・ボギーマン

素振りもボールを打つイメージをしっかり持つ


単に空中を振る素振りはやってもあまり意味がないので、「庭でマッチ棒でも立てておいて、それを飛ばす練習をするのがよい」と金井清一に言われたことがある。 そして、高橋が言っているように、素振りのときもボールがあると思って、アゴを下に向けたまま振り抜く練習を心がけたい。…

イラスト・ボギーマン

アイアンはボール赤道の下にヘッドを入れる


左手を少し先行させてボールをとらえたら、アドレスしたときの右手首の角度を最後まで変えずに振り抜いていく」 そうすればボールをヒットしてから芝が削り取れると、金井清一に教わった。…

イラスト・ボギーマン

トップから手とクラブは地面に向かって下ろす


一般アマチュアはどうして上体が早く開いてしまうのだろう? と金井清一を取材したときに聞いてみたことがある。 「ダウンスイングで右ひじを体に引きつけようとするのはよくない。左腰からダウンスイングを始めたら、右ひじを体に近づけようとしないで、手とクラブはトップの位置から地面に向かって下ろしてくる」 バックスイングするときは、手とクラブを体から後方に離すようにして上げてやっている。だから、ダウンスイ…

バックスイングの正しい手首の使い方


金井清一プロは「右横にいる人と左手で握手する要領」と言っている。握手する要領で右横の人に向けて左手を伸ばしてやる。そして、左手の親指(シャフト)を立てて、アゴは左肩の下。そこからボールに向かってクラブを振り下ろしてきて、振り抜くときは今度は右腕が目標線と平行になるように伸ばしてやる。左横の人と右手で握手する要領。フォロースルーでも左手の親指を立ててグリップエンドを地面に向けて振り抜いていく。 …

壁に背をつけての素振りでスイングプレーンを知る


ではスイングプレーンを自分でチェックするにはどうしたらいいかというと、壁を背にして軽く素振りをしてみれば分かると、金井清一プロに次のような方法を教わったことがある。 壁に軽くお尻をつけておいてゆっくり素振りをしてみる。恐らくバックスイングでもフォロースルーでも、ヘッドが壁に当たる人が多いと思う。これはクラブを横に振っているためであるから、壁にヘッドが当たらないようにグリップエンドを地面に向けて…

ドーンとヘッドを打ち込んではダウンブローは打てない


ただし、アイアンは「右手首を曲げたまま右腕を伸ばしてやることが大事だ」と金井清一プロに教わったことがある。そうすればヘッドより手がやや先行し、ハンドファーストの状態でボールをヒットしてから芝が取れるようになる。 ダウンブローというと、ボールに向かってドーンとヘッドを打ち込んでやることだと思われがちだ。しかしそれでは右手首が早く伸びてしまって、インパクトで手よりヘッドのほうが先に下りてくるのでボー…

プロはアドレスで小刻みに体を動かしている


スイングする時のリズムの取り方について「イチ、ニの~サンと言ってスイングするとスムーズに振れる」と金井清一プロに教わったことがある。 アドレスした後、「イチ」と言ってフォワードプレスしたら、「ニの~」と言ってバックスイングし、サンで振り抜いていくという方法。 「イチ、ニ、サン」ではなく「イチ、ニの~、サン」と言ってスイングすると、トップからダウンスイングに移る時に間合いが取れるので、打ち急ぐこ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事