日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高市早苗特集

“造語”の肩書って何?

ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

今「ショーンKと同じように経歴を詐称しているのではないか」と、高市早苗総務大臣(55)に経歴詐称疑惑が浮上している。 高市大臣は「議会立法調査官」として、アメリカ議会で働いていたことを最大のセールスポイントにしているが、「議会立法調査官なんて聞いたことがない」「官職名をデッチ上げているのではないか」と、疑惑の目を向けられているのだ。 きっかけはジャーナリスト、鳥越…

権力者に近づく能力はピカイチ/(C)日刊ゲンダイ

右翼発言だけじゃない 高市早苗総務相は夫婦で原発推進派

高市早苗総務相(53=奈良2区、当選6回) 「ポチ」と陰口を叩かれても安倍首相に忠誠を尽くし、まんまと再入閣を果たした格好の高市早苗総務相(53)。自民党の政調会長だったのに、党内から異論が噴出しても「これは官邸の意向ですから」と押し切ってきた。 一昨年の総裁選の開票の時には、わざわざ安倍首相の隣に座り「安倍総裁」が決まった瞬間、大泣きしながら、じっと首相を見つめ…

時の権力者にすり寄り…/(C)日刊ゲンダイ

かつてリベラルだった高市早苗大臣が靖国固執に走ったワケ

高市早苗総務相が14日、17日からの靖国神社の秋季例大祭に合わせ参拝する意向を表明した。 日中関係の改善に向け、安倍首相周辺は11月に北京で開催されるAPECでの日中首脳会談を模索中だ。その折も折、閣僚のひとりが靖国参拝を強行すれば日中間に余計な波風が立つ。 中国共産党の機関紙「人民日報」のオンライン版も速報し、公明党の山口代表も15日、参拝回避を求めた。 自分の思…

英紙ガーディアン電子版の報道

世界中が非難! 高市早苗大臣と“極右団体代表”の問題写真

日の丸をバックに男性と微笑する高市早苗総務相と稲田朋美政調会長。この写真が世界中に衝撃を与えている。 ツーショットの男性は「国家社会主義日本労働者党」の代表を名乗る人物。写真は同団体のHPに掲載されていたものだ。この右翼団体、ナチスの正式名称である「国家社会主義ドイツ労働者党」と似た団体名を名乗り、ホームページにはナチスの象徴「かぎ十字」を思わせるマークも掲載されて…

自民党の高市政調会長とパソナの南部代表/(C)日刊ゲンダイ

なぜ隠す…高市早苗政調会長にパソナとの不透明な金銭関係

冒頭の発言のように南部代表を持ち上げてみせたのは、その場に参加していた自民党の高市早苗政調会長(53)だ。 実は、高市の地元・奈良県生駒市の事務所には、パソナから継続的にスタッフが派遣されている。地元事務所によると、派遣スタッフは1人で、後援会名簿の入力作業を担当しているという。前述のフォーラムで高市はパソナをこう絶賛した。 「こちらの都合で契約を打ち切らざるを得な…

暴言&疑惑のオンパレード

高市早苗総務相 首相の“寵愛”争いで稲田大臣をライバル視

すぐにボロが出そうな面々/(C)日刊ゲンダイ

華も能力もない「安倍ガールズ」 女性閣僚5人の“正体”

要するに人気をアテ込んだだけの“お飾り”以外の何ものでもないのです」(元法大教授・五十嵐仁氏) ■「契約」で夫に料理を作らせる高市早苗氏 小渕氏以外の4人もひどいものだ。再入閣を果たした高市早苗氏(53)は、安倍応援団を自任するウルトラ右翼。2年前の総裁選で側近として支え、「安倍総裁」が決まった瞬間は人目も憚らず涙を流した。“論功行賞”で政調会長に起用されると、村山…

選挙に強い高木前復興相

今さらパンツ大臣の前科認めた 福井県連・山本会長の思惑

今さらパンツ泥棒の過去を証明しても、公認は取り消されない可能性が高いですよ」(政界関係者) 妻の高市早苗氏にも出世争いで差をつけられている山本拓氏。パンツ追い落としはうまくいくのか。…

「電波停止」に言及した高市総務相

TV見るべきものは!!

高市総務相はまだ「電波停止」発言を撤回していない

今年2月、衆院予算委員会で高市早苗総務大臣が、政治的に公平性を欠くと判断した場合の「電波停止」に言及した。確かに総務大臣は電波停止の権限をもつ。しかし、放送の政治的公平をめぐる議論の場で、その権限の行使を強調したこと自体、放送局に対する一種の恫喝(どうかつ)であり圧力だ。 放送法第4条の「政治的公平」の原則が政治の介入を防ぐための規定であることを踏まえ、政権のメディ…

パーティーであいさつした自民党の二階幹事長

「白紙領収書」炎上中にパーティーを強行した松本副大臣

25日の衆院総務委では、新たに高市早苗総務相の「白紙領収書」が発覚したが、政治資金規正法を所管する大臣自身が“アウト”なんて論外だろう。高市大臣は相変わらず「法的問題はない」と開き直っているようだが、そんな最中に大規模な政治資金パーティーを開いたのが、松本洋平内閣府副大臣だ。 25日夜、東京・新宿の京王プラザホテル南館5階のエミネンスホール。「松本洋平君と未来を語る…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事