日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

大久保博特集

本当の姿は…

楽天・大久保博元監督 自業自得の毀誉褒貶


楽天の大久保博元監督が今季限りで辞任するという。三木谷オーナーの現場介入が物議を醸していただけに、ファンの胸中も複雑なことだろう。 しかし、だからといって私は大久保監督に同情する気持ちになれないでいる。なぜなら、現場介入問題は大久保監督の人間性が引き起こしたところもあると思うからだ。 大久保監督の人間性は常に毀誉褒貶にさらされてきた。暴力問題や女性問題によって彼を批判する者もいれば、「本当は素晴…

None

楽天・田代コーチ退団は他人事ではない


どちらも大久保博元・イーグルス監督に与えられた形容だ。何者かに支配された人間は通常、いずれかの反応をとる。気の毒にデーブ監督は一個の人格の中で、行きつ戻りつしているかのようだ。腐って自暴自棄に陥った人間は暴れ出し、それがまた口実にされて強権的な警察国家が招かれる。悪循環の予定調和。 逃亡できた田代コーチはまだしも幸福だった。イーグルスの試合を見ていればよい観衆と違って、私たちは国民総背番号体制…

西武・森(左)と楽天・松井(右)は19歳

「怒られていないから…」デーブ監督が若い世代“絶賛”の理由


そんな中、「いや、今の若い選手は凄い」と言うのが、楽天の大久保博元監督(48)だ。 楽天では高卒2年目の松井裕樹(19)が今季からストッパーに定着。21試合で11セーブを挙げ、防御率0.33。わずか1失点しかしていない。他球団でも打率.280、9本塁打、28打点と活躍する西武の森友哉(19)は同じく高卒2年目。日本ハムの高卒4年目、近藤健介(21)はもっか、リーグ5位の打率.325だ。 大久保…

「星野SAの存在は大きい」語った大久保監督

星野、安楽、松井裕 楽天デーブ監督が語るキーマンとの関係


星野前監督(現SA=シニアアドバイザー)から禅譲され、今季から楽天の指揮を執る大久保博元監督(48)。開幕まで3週間を切り、あらためてチームのこと、星野SAとの関係などを聞いた。 ――初の監督業は苦労が多いですか。 「チームのトップとして決断をしなきゃいけない、というのは大変なことだよね。(昨季まで務めていた)二軍監督は選手の育成と一軍選手の予備をいかにつくれるか、ということが主な仕事だった。勝…

ダイエットにも成功/(C)日刊ゲンダイ

勉強熱心との評価も 楽天デーブ新監督が持つ「もう一つの顔」


14日に正式就任が決まった楽天の大久保博元監督(47)。しかし、これにネット上でファンが反発。主に西武コーチ時代に菊池雄星(23)に手を上げた事件を引き合いに、「暴力指導者」と非難しているのだ。 一方、球界では「アイツほど勉強しているコーチはいない」と評価が高い。12年の春季キャンプ当時、「秋季キャンプと比べてバットが振れている」という周囲の声に、こう答えていた。 「(秋季キャンプでは)みんな…

波乱の船出/(C)日刊ゲンダイ

デーブ楽天監督就任 ファンは早くも主力選手大量流出を危惧


楽天イーグルスは14日、今季限りで退任する星野仙一監督(67)の後任に大久保博元2軍監督(47)を昇格させると発表したが、楽天ファンの“拒絶反応”は凄まじい。 同日、仙台市内で記者会見した大久保新監督は、「昨年に日本一になり、(チームに)残された課題は常勝軍団を作ること。その気持ちを引き継いで精いっぱいやらせていただきたい」と抱負を語ったが、会見直後からツイッターでは「本当に気が沈む」「就任中は…

打線強化は評価されていた/(C)日刊ゲンダイ

楽天「デーブ監督」近日中に発表も 周囲が不安がる“悪いクセ”


ここで身を引くのは正解だが、気になるのが次期監督に内定したといわれる大久保博元・二軍監督(47)の手腕だ。 というのも、球界には大久保二軍監督は「トップよりナンバー2向き」という声がある。08年は西武一軍打撃コーチに就任し、渡辺監督の右腕として日本一に貢献。若手にはアーリーワークという名の早出特打ちを義務化させ、打線の向上に一役買った。さらにデータ収集と分析を重視し、選手に狙い球を指示するなど打…

監督人事でひと悶着/(C)日刊ゲンダイ

ネックは人望か待遇か 難航する楽天の「大久保新体制」


楽天の次期監督に内定している大久保博元二軍監督(47)。三木谷オーナーとフロントの要職に就任する星野監督による会談が行われ、近日中にも正式発表される。すでに新政権の「組閣」も進められているというのだが…。 冒頭のOBがこう続ける。 「二軍監督には大石知宜二軍コーチの就任が内定しているらしいが、ヘッドコーチはなり手がいない。佐藤義則一軍投手コーチ、田代一軍打撃コーチの退団がウワサされていて、後任…

楽天の球界参入時にも深く関係/(C)日刊ゲンダイ

楽天後任監督候補に古田敦也氏 三木谷オーナーと太いパイプ


すでにデーブこと大久保博元二軍監督(47)が有力といわれている、楽天・星野監督の後任候補。 デーブが経営する野球塾に三木谷浩史オーナー(49)の長男が通っていたことで、2人には強いつながりができたのは有名な話。星野監督が休養した際、デーブが「監督代行の代行」になったのも、三木谷オーナー主導の人事といわれた。毀誉褒貶相半ばするイメージの強いデーブだが、球界ではその野球理論と指導手腕を高く評価する声…

21日の西武戦ではこの表情/(C)日刊ゲンダイ

就任の経緯、選手との仲…楽天デーブ監督代行すべて答えた


7月2日からチームの指揮を執っている、「デーブ」こと楽天の大久保博元監督代行(47)。二軍監督から急きょ、一軍を率いることになった途端、星野監督との不仲などさまざまなウワサや臆測が飛び交っている。25日にも星野監督が復帰するという報道もある中、「真実」はどうなのか、デーブ監督代行を直撃した。 ――まず、改めて「監督代行の代行」に就任の経緯を聞きたい。星野監督が休養した当初は、佐藤投手コーチが務め…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事