日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

宮本武蔵特集

None

「宮本武蔵」も微妙な数字 “元視聴率男”キムタクの脱皮策


さすが、幼い頃から剣道をやっていたという木村拓哉(41)だけに15、16日の2夜にわたって放送された主演ドラマ「宮本武蔵」には、相当気合が入っていた。これでもかというぐらいに番宣にも出まくっていたが、ふたを開けてみれば「視聴率は14%台、12%台というビミョーな結果に」(テレビ局関係者)。 “視聴率男”というには物足りないし、完全に落ち目でもないという、ビミョーな立場の最近のキムタクを象徴するよ…

気になるところには線を引く

【東京地下鉄株式会社】安富正文会長


「『徳川家康』とか『宮本武蔵』とか、むかし読んだ長編小説も全巻100円ぐらいで買えるので、読み返したりしています。タブレットは文字の大きさを変えられるから疲れないし、夜に寝ながら読むときも電気をつけないでOK。出張の時もかさばることはありません。本当に便利です」 好んで読むのは、歴史小説やミステリーだ。 「教科書が教える歴史と違って、いろんな作家がいろんなアプローチをしますよね。そこが面白い。…

毎朝、愛犬の空クンと散歩するのが日課

経済評論家・荻原博子さん 1000冊収納の本棚に客感心も…


「新・平家物語」や「宮本武蔵」でおなじみの吉川英治さんは、よく読みました。半藤一利さんの「昭和史」シリーズは、上から目線の解説ではなく、下から目線で語り下ろされていて、当時、庶民がどんなことを考えていたのかがよく分かりますから、原稿を書くときの時代背景が気になると、手に取って確認するのに重宝しています。 ■大工の日当程度の工賃で 本棚がすごい? 18年前に自宅を建てたときに大工さんに頼んで、作り…

イラスト・渡辺隆司

戸田藤一郎 スイングは歩くがごとし


「構えあって構えなし」は宮本武蔵の「五輪書」の一節だが、戸田藤一郎はアドレスするとき、「止まってはいけない」とよく言った。 アドレスは静止状態だと思っているゴルファーが多いと思うのだが、戸田は「アドレスの間も足でリズムをとってないといけない」と言った。 戦前、戸田は米国のウインターサーキットに遠征し、歴史に残る名手たちと一緒に戦っている。最も印象深かったのはアマチュアでありながら史上ただ一人の年…

俳優の内藤剛志(左)と北大路欣也

内藤剛志の“気合”受け止めた 北大路欣也の意外な世話好き


◇ ◇ ◇ 初めて北大路さんと共演したのは1990年、テレビ東京の12時間ドラマ「宮本武蔵」です。武蔵を演じる北大路さんが京都・三十三間堂で対決する相手、吉岡伝七郎の役で呼んでいただきました。北大路さん相手の立ち回りですよ、僕は燃えるような思いで、100%の気合で向かっていきました。 それが伝わったんですかね。今でも、「あの時の内藤君は焦っていたけど、すごかった」と言ってくださいます。初共演の…

藤岡弘

藤岡弘、 命懸けの決意込め芸名に「、」付けた俳優原点


最初は代理の日本人女性が事務所を訪ねてきて、宮本武蔵を演じた時代劇「二人の武蔵」(フジテレビ系)を見てキャロル監督が感動した、会いたいと言っているというんですね。それにまずビックリしました。当時、米映画に出ている日本人はほとんどいませんでしたから。 ところが、脚本を読むと、あまりにも武士というものが理解されていない。刀を振り回してめったやたらに人を斬り殺すモンスターのように描かれていたんです。こ…

カーコンビニ倶楽部の林成治社長

【カーコンビニ倶楽部】林成治社長


そんな中、繰り返し読んでいるのが、武将ものではありませんが、吉川英治さんの「宮本武蔵」です。作品自体好きですが、武蔵の生き方が好きなのです。 武蔵は強さを追い求めました。しかし、強さを極めた時、“強さなんてたいしたものではない、人間というものはそういうものではない”というところに行きつく。 経営者も同様です。利益を求めることは必要ですが、それが最終目的ではない。利益の先にあるもの、それは人によ…

テレ朝の「木9」枠へ/(C)日刊ゲンダイ

フジは落胆…木村拓哉が「月9」からテレ朝に乗り換えたワケ


「昨年、木村は特番ドラマ『宮本武蔵』で初めてテレ朝のスタッフと仕事をし、一緒に考えながらモノを作り上げる姿勢に共感したというんです。フジは脚本ありきで融通が利かない。テレ朝は木村の意見にほぼ応えていましたから……」(関係者) 木村といえばせりふや美術セットなど細かいところにトコトンこだわる俳優として有名。今回、テレ朝の“モクク”も木村のこだわりから当初、予定されていた刑事モノ企画が流れて別の内…

(C)AP

面白い映画ではなくいかに高倉健のいい絵を撮るか


巨匠・内田吐夢が監督した「宮本武蔵」シリーズ、「飢餓海峡」では、見ているうちに物語の中に入り込み、次の展開が気になる。だが、初期の青春ドラマ、任侠シリーズ、その後の主演ものを通してストーリーが気になる映画はまずない。私たちが見ているのは高倉健のアクションであり、気が充実した演技だ。 おそらく監督たちが気を配ったのは、面白いストーリーの映画を撮ることではなく、いかに高倉健のいい絵を撮るかではなか…

(C)AP

「あの頃は一生懸命だった。ただ懸命に芝居をしていた」


高倉健は内田監督に抜擢され、「森と湖のまつり」で演技に目覚め、その後も同監督の「宮本武蔵」シリーズで鍛えられた。「飢餓海峡」では内田監督と息が合ってきて、リラックスしながら演技を考えている彼の姿を見ることができる。 ▽のじ・つねよし 1957年生まれ。美術展のプロデューサーを経て作家活動へ。「サービスの天才たち」(新潮新書)、「イベリコ豚を買いに」(小学館)など著書多数。最新刊は「アジア古寺巡…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事