日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

丸山和也特集

潜在的に人種への考えや偏見があるか

語調を強めて「米大統領は奴隷」と発言した丸山和也議員


次々と起きる閣僚たちの失言、チャラ男議員の不倫辞職に続き、今月17日の参院憲法審査会で丸山和也・参院議員の口から「米大統領は奴隷」発言が飛び出しました。その日のうちに撤回したものの、衝撃の発言から、丸山議員の本音を見てみましょう。 問題とされた発言冒頭、「例えば」と前置きすると、丸山議員は小さくせき払いをしました。それまでスムーズに話していたところをみると、喉がいがらっぽかったというより、このせ…

イラスト・八木幸恵

うっかり発言で銀行潰した片岡直温蔵相


丸山和也自民党法務部会長は参院憲法審査会で、オバマ米大統領について「今、米国は黒人が大統領になっている。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ」と述べましたが、オバマ氏は奴隷ではなく、ケニアからの留学生の子です。このほか元議員の宮崎謙介氏の不倫問題について、溝手顕正・自民党参院議員会長が「うらやましい」と発言するなど、良識を疑うような発言が続きました。天下泰平なのでしょうが、そのため安倍政権の支持…

丸山議員(右)の発言で日本人が狙われる?

議員辞職じゃ済まない 丸山氏発言が招く“日本人襲撃テロ”


参院憲法審査会でオバマ米大統領を名指しして「奴隷出身の黒人」と人種差別発言をした自民党の丸山和也議員(70)に対し、民主、社民、生活の野党3党は18日、丸山議員の議員辞職勧告決議案を提出した。 仰天発言は「Japanese lawmaker calls Obama descendant of black slaves(オバマ大統領を黒人奴隷の子孫と呼ぶ)」「Japanese lawmaker a…

これでは内閣支持率が下がらないのも当たり前だ

閣僚らの暴言、失言を書かない大新聞の腐敗劣化


自民党の丸山和也参院議員による「黒人、奴隷が大統領」という、驚愕の問題発言もあったのに、それは第2社会面の下の方の囲み記事扱いだった。 丸山発言は、日米関係に亀裂が生じかねない大暴言である。ちなみにブロック紙の東京新聞は、丸山発言を1面でデカデカやっていた。これぞ、マトモな感覚だろう。 政治評論家の野上忠興氏も呆れてこう言う。 「丸山議員の『奴隷』発言なんて、海外特派員が聞いたら『この国の民度…

スピード謝罪も形だけ

「黒人奴隷が大統領」 丸山議員の暴言に安倍政権も“絶句”


17日の参院憲法審査会で、丸山和也・法務部会長(70)は唐突にこう言い放った。 「今、黒人の血を引く人が大統領になっている。これは奴隷ですよ、はっきり言って。まさか建国当初、黒人、奴隷が大統領になるとは考えもしなかった。ダイナミックな変革をしていく国だ」 この発言は18日の衆院予算委員会で、野党の追及を受け、菅官房長官は「今後ともしっかり説明責任を果たす必要がある」と、丸山議員にさらなる説明を求…

“ガキ政権”を象徴

安倍政治の全てがここにある 丸川環境相の無知と破廉恥


自民党の丸山和也参院議員が参議院憲法審査会で「今、アメリカは黒人が大統領になっているんですよ。これは奴隷ですよ、はっきり言って」とブチかましたのだ。批判を受けてすぐに発言を撤回、謝罪したが、自民党にはホント、こんなのしかいないのか。 「親しい人を取り立てる“お友達人事”をやっているから、どうやって取り入るかを考えるゴマすりばかりになる。国民ではなく、安倍首相の方を向いて発言するようになる。健全な…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事