日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中太特集

「鶏soba 㐂咲」の『鶏白湯塩Soba』

【鶏soba 㐂咲】居酒屋の人気メニューが独立!


中太ストレート麺は、しっかりと歯ごたえがあり、丼の中のレモンをひと搾りすれば、スッキリ爽やかになり、夜中でもスイスイいけちゃうね~。スープもレモンによって角がとれて鶏のうま味にさらに奥行きが感じられるようで、実にぜいたくな味わいです。 隣に座る奇麗な女性も丼をきれいに平らげて一言、「明日も気にならない美容ラーメンだよね~」って、アフターのお客さんと話してるじゃないですか!俺がまとめようとしたコ…

じゃぐらの「濃厚魚介豚骨味噌ラーメン&味玉トッピング」

【じゃぐら】濃厚魚介豚骨味噌の三位一体+カレー!?


中太麺はしっかりとしたコシがあり、厚めのチャーシューはバラ肉でトッロトロ。どちらもスープとよく絡み、濃厚ファンとしては大満足ですよ~。と、ここで先ほどのライスが“大爆発”。店長さんが「卓上のカレー粉を残ったスープにいれてみてください」と言い、そこにライスを入れれば何とカレーライス! これがまた、めちゃくちゃうまい! そば屋さんのカレーのような、でもさっぱりの中に濃厚さがあって洋風のような……。…

「二丁目つけめんGACHI」の『濃厚鶏塩つけ麺デラックス』

【二丁目つけめんGACHI】 ガチで濃厚! 鶏白湯スープにうなる


中太麺のシコシコ具合が濃厚な鶏白湯スープと見事に絡み合い、お見事。あ、少し男の絡みを意識した文面になっちゃった~(笑い)。続いてフライドメンマに箸をつければ、これが歯触りからしてまた絶品で、単品で頼みたいぐらいの感動です。 空揚げも、衣のパリパリ感がはじけ、お弁当屋さんにも引けをとらない美味。鶏肉とタマネギの入ったスープの濃厚さといい、後半から麺にレモンをかけ、再びスープと絡めるとサッパリ感が加…

「俺麺 山田」の『濃厚白湯味玉らー麺』

【俺麺 山田】レンゲが止まらないんです!


これは珍しい~、鶏白湯だとだいたいが細麺か中太麺のところ、こちらは平打ちのちぢれ麺じゃないですか。ずずずっと一口。う、う、うまーい! モチモチ感といい、スープをしっかりと絡みつけるから、鶏のうま味と絶妙な塩加減が入って来て、いくらでも進む進む! あまりの加速に自分でも怖くなり、チャーシューに逃げる。そのチャーシューも、脂ののったトロトロのやつで、う、う、うまーい! たっぷりとスープも吸い込み、口…

「一心らーめん」の『エリマキミルキーらーめん』

【一心らーめん】エリマキらーめんとあの80年代に!


ラーメン店の麺は太さが大きく極細、細、中細、中太、太、極太とあり、10番から30番の偶数番号がついているのですが、普通は細くても28番ぐらいというなか、こちらはその上の30番というのです。 その麺を大口ですすれば、極細でいて、しっかりと歯応えも残した食感がたまらないし、チャーシューも赤身と脂身のバランスが最高でした。 最後に僕のお薦めの食べ方を。海苔の上に麺をのせて、その上にしっかりとスープを吸…

「中華麺店 喜楽」の『もやし麺』

【中華麺店 喜楽】若者の街シブヤで60年“貫禄の一杯”です


続いて麺は中太もちもちで、もやしのシャキシャキ感と見事なコラボで、口の中はワンダーランド! 最高~。もやしも麺もほぼ同じ太さなので、この衝撃が起こるのですね~。素晴らしい!もやしのシャキシャキ感が完食するまで消えず、さすがの調理でした。 どこか懐かしさを感じさせる中に、飽きさせない味がしっかりと詰まっている。古き良き昭和のラーメンを彷彿とさせる見事な一杯でした。さてと、ストリップにはしごして昭…

麺処一笑の「らーめん」とトッピングの「スタベジ」

【麺処一笑】豚骨と野菜の新マッチングを実現


100%北海道産の小麦粉を使った中太麺はスープによくからむし、野菜のトッピングを入れると、野菜の甘味でスープにまろやかさがアップといううれしい味になるし、豚骨ラーメンのうまさが2倍、3倍と広がる感動の一杯であります!…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事