日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

堺正章特集

None

クレイジーケンバンド横山剣が語った“ビンテージカー愛”


堺正章さんに誘われ 自分をこのレースに誘ってくれた堺正章さんは、マセラティA6。40年代の名車です。シビレますね~。珍しいところではやはり40年代のOSCA(オスカ)。マセラティのルーツになる車です。さらには、20年代製のブガッティ。僕のは56年製だから新しい方。2660㏄あるんで、パワーもあって快適です。レース中は純粋に車のことだけを考えられて幸せです。ハハハ」 レースには11年から参加。…

田邊昭知社長(右)と有吉弘行・夏目三久

夏目&有吉騒動で知れ渡った“芸能界のドン”の権力と素顔


堺正章、かまやつひろし、井上順ら癖のあるメンバーを時には鉄拳まじりで統率。ホリプロを経て引退から3年後の73年4月にスパイダクションを改組して田辺エージェンシーを設立。研ナオコやタモリらを発掘するなど裏方としての才能を開眼させた。 「芸能プロが何たるかを熟知していて、昔からわれわれはレコードではなく代役のきかないタレントを売るのが商売だと言ってました。のちにデキ婚して妻となった小林麻美に関しては…

フジ“昼下がりの顔”を務め続けた小堺一機

「ひとりでしゃべってたんです。それが一生懸命だと思ったんです。見てる人には迷惑」by小堺一機


堺正章と萩本欽一だ。2人はうまくいかない「いただきます」を見て、小堺に同じことを言った。「あんなに面白い人たちがいるのに、なんでひとりでしゃべってんだ?」(「ごきげんよう」=前出)と。そのアドバイスに従って、オバさんたちの話を聞くように心がけたら、それだけで面白かったのだ。それから一気に番組は軌道に乗っていった。 「トークが上手くなりたければ『聞き上手』になること」(扶桑社「週刊SPA!」14年…

山田洋次監督(左)と前田吟

寅さん全作に出演…前田吟が山田洋次監督から得た“財産”


テレビ版は当初、堺正章さんが演じる予定だったのです。ところが、その頃、堺さんは本業のグループサウンズが大忙しでドラマどころじゃない。それで代役として私にお鉢が回ってきたのです。 「男はつらいよ」の公開日は8月27日。目玉となるお盆興行のあとだから、松竹はそれほど当たると思っていなかったと思います。ところが、ふたを開けたら上映館は連日、満員御礼。すぐに第2作の製作が決まり、そのロケ中に第3作も決定…

焼きが回った企画

「なるほど」「スター千一夜」 往年の人気番組の焼き直しに呆然


出演者のうち懐かしい顔は堺正章だけ。レギュラー時代、堺の相棒は薬丸と決まっていたが、今回はAKB小嶋陽菜で終始ご機嫌。ダチョウ上島を相手に例の口喧嘩をした後、仲直りのチューをするというダチョウのお決まり芸をやるなど、サービス精神も旺盛。 番組終了間際、有吉に感想をきかれ、「一番良かったのは、こじはると仲良くなれたこと」と笑いをとっていた。 しかし、堺が出ている以外は往時の「なるほど~」とは似て…

通販専用なのにバカ売れ


具体的には、堺正章なら「さらば恋人」ではなく、あえて「街の灯り」を選び、伊東ゆかりも「小指の想い出」をはずして「恋のしずく」にしてみた。また1アーティスト1曲厳選にしたことで選曲には妥協が許されないため、収録された90曲は、誰もが知っているアーティストの「これしかない」という究極の1曲となったわけだ。 「こだわりの選曲が独特のカラーを生み、結果的に大人のマーケットのニーズを的確につかんだというこ…

None

日本初のコンセプトアルバムはタイガース


例えば、堺正章やかまやつひろしを擁したスパイダース。「明治百年 すぱいだーす七年 蜘蛛巣座七人男」(1968年)は、全曲がメンバーによるオリジナルで、作詞も3曲を除きメンバーが手掛け、各人がリードボーカルを取るというこれまでにない構成になっていた。 ボーカリストに沢田研二を召喚し、若い女性の熱狂的な支持を集めたタイガースは、楽曲から歌詞カードに至るまで、旧約聖書をモチーフに格調高く演出された「ヒ…

魅惑のボディーが台なし?

演出ミス? 佐野ひなこ「デスノート」でなぜ酷評されるのか


佐野は1日放送の「新チューボーですよ」(TBS系)に出演し、魅惑のプロポーションで司会の堺正章(69)らをメロメロにした。それを見た視聴者は、<(「新チューボーですよ」では佐野が)普通に細く見えたけど、ドラマで見るとごつく見える>と不思議がっている。 ヒロインの大役ゲットも評判がイマイチの佐野。演出次第では、もう少し評価が高まるかもしれない。…

コック姿の佐藤健

TBS「天皇の料理番」好調を支える佐藤健の“独特の可愛げ”


1980年に篤蔵を演じたのは、後に「チューボーですよ!」に出演することになる堺正章。93年版は高嶋政伸だった。 そして今回が佐藤健だ。「仮面ライダー電王」(テレビ朝日系)やNHK大河ドラマ「龍馬伝」の岡田以蔵役で注目され、昨年は刑事ドラマ「ビター・ブラッド」(フジテレビ系)で主役を務めていた。 とはいえ、お世辞にも演技派とか芸達者といったタイプではない。だが、佐藤には独特の愛嬌というか可愛げがあ…

渡部建と森高千里

森高千里の「水曜歌謡祭」 浮沈のカギを握るのはアンジャ渡部


J―WAVEも放送開始当初は苦労と失敗の連続だったというから、もう少々経験が必要でしょうね」(制作関係者) 歌番組の司会というと、どうしても「ザ・ベストテン」(TBS系)の久米宏や「ザ・トップテン」(日本テレビ系)の堺正章が頭に浮かんでしまう。「彼らと渡部を比べる方が酷」と言われればそれまで。 もうちょっと長い目で見てあげますか。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事