日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

伊坂幸太郎特集

「サブマリン」伊坂幸太郎著


(講談社 1500円+税)…

「陽気なギャングは三つ数えろ」伊坂幸太郎著


(祥伝社 840円+税)…

「キャプテン サンダーボルト」阿部和重&伊坂幸太郎著


(文藝春秋 1800円+税)…

「アイネクライネナハトムジーク」伊坂幸太郎著


(幻冬舎 1400円)…

「首折り男のための協奏曲」伊坂幸太郎著


(新潮社 1500円)…

5年前、社員の共有スペースに作成

【VOYAGE GROUP】宇佐美進典社長兼CEO


『ローマ人の物語』もそうですが、これらの本は、なぜある出来事が起きたのか、これから何が起きるのか、今のどの時点に似ているのかなどを考える上でとても役に立ちます」 ■中学時代は星新一、高校では柴田練三郎に夢中 小説では村上春樹や司馬遼太郎、宮部みゆき、伊坂幸太郎、ジェフリー・アーチャーなど。中学時代は星新一に、高校では、「どてらい男」などの花登筺や柴田錬三郎に夢中になった。 「村上さんは透明感のあ…

先崎学九段

先崎学九段(棋士)


最近のお気に入り作家は中村文則さんや伊坂幸太郎さん。 「本棚」の取材を受けながら言うのも変な話ですが、興味があるのは活字であって、本という物体にはこだわりがありません。本棚は、たばこ部屋に2つ、玄関近くに1つあります。リフォームするとき、大工さんに「簡単にできますよ」と言われ、「それならお願いします」と作ってもらった作りつけですが、並べ方が汚くてすみません。 結婚する前、一人暮らしのワンルームマ…

奥山和由さんにとって読書はリアルを実感すること

奥山和由さん(株式会社KATSU‐do代表取締役会長)


ベストセラーといわれるもの、宮部みゆきさんだったり、伊坂幸太郎さんだったりのこともある。ただ、それは『日本昔ばなし』を読むと心が穏やかになるのと同じで、そこで完結してしまう。ある種の睡眠薬。映像にしてみたいとは思わないんだな。その代わり、『血と骨』みたいに育ってきた環境がいかんともしがたく、吐き出したものは好きだし、沢木耕太郎の『一瞬の夏』のように対象に密着していくもの、自殺した円谷幸吉が残した…

アキュセラ・インク の窪田良会長・社長兼CEO

【アキュセラ・インク】窪田良 会長・社長兼CEO


万城目学の「偉大なる、しゅららぼん」、伊坂幸太郎の「グラスホッパー」……。 「なかなか読書の時間が取れないのに、読んで面白くなかったらショックでしょ。なので、人に薦められたものを読むようにしているんです。万城目さんも伊坂さんも友人のお薦めでした。面白かったんですけど、内容はあまり覚えてないんですよ。というのも、エンタメ本は私にとって感情を刺激するツール。読んでいる最中は物語の世界に入って泣き笑い…

「奇想博物館」日本推理作家協会編


伊坂幸太郎「小さな兵隊」) 第一線作家の「今という時代」をテーマにした短編ミステリー15編。 (光文社 1800円)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事