日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

関根勤特集

2人の出会いは三十数年前/(C)日刊ゲンダイ

ラッキィ池田が大切に保存する関根勤との「下着2ショット」


そんな宝庫から探り当てた一枚は、誰もが知っている関根勤さん(60)とのツーショットだが、これがたいそう貴重な写真のようで…。 2人の出会いは三十数年前にさかのぼる。ラッキィさんは本名の池田新一、関根さんの芸名がラビット関根だった時代だ。 「あるレビューを見に行ったとき、たまたま関根さんと小堺一機さんがスタンダップコメディーのようなスタイルで出演してたんですね。 関根さんといえば、ボクが高校生のと…

息の合った掛け合いを見せた小堺一機(左)と関根勤

SMAP騒動チクリ 小堺一機&関根勤が狙うは“新ご意見番”?


タレントの小堺一機(60)と関根勤(63)。22日はCS放送MONDO TVの新番組「コサキンのラジオごっこ」(10月7日23時スタート、全13回)の記者会見に出席し、「2人で仕事するとコーフンする」(関根)と満面の笑みを浮かべ、終了予定時刻を20分以上過ぎてもお構いなしで、しゃべり倒したのだった。 風刺も利かせていた。報道陣からSMAP解散騒動について振られると、発言者が集中砲火のようにバッシ…

関根勤も太鼓判「喫茶YOU」のとろ~りふわふわオムライス


昨年11月に娘の関根麻里が第1子を出産、“おじいちゃん”になった関根勤(62)が太鼓判を押す店が東銀座にある。 「喫茶YOU」は歌舞伎座のすぐそばに店を構える、昭和48年創業の喫茶店。「オムライス(ドリンク付き)」(1100円)の名店として知られ、芸能界はもとより、多くの歌舞伎ファンにも世代を超えて親しまれている店だ。 オムライスは喫茶店や洋食屋なら、どこにでもあるオーソドックスなメニュー。それ…

左から岩井ジョニ男、飯尾和樹、温水洋一、関根勤、村松利史、酒井敏也

関根勤が初監督映画の“続編”もう懇願「2が無理なら1.5で…」


タレントの関根勤(61)の初監督映画「騒音」の公開記念パーティーが23日、都内で行われた。 関根は撮影初日から「世の中でこんな楽しいことがあるのかと思った」ほど監督業にハマり、プロの演技に舌を巻く連続だったという。 このパーティーで再会したキャストらとも息ピッタリ。関根も医者役で、娘でタレントの関根麻里も映画デビューを飾っている。 ところが「パート2」の話になった途端に雰囲気はガラリ。「結果が出…

関根勤さん(左)と師匠の萩本欽一さん

芸名変更もアドバイス 関根勤が語る恩人・萩本欽一の“眼力”


2年前に初めて映画監督に挑んだ作品が間もなく公開される関根勤さん。師匠といえば、言うまでもなく、萩本欽一さん。デビューこそ華やかだった関根さんが低迷していた頃、こんなふうに諭された。 「おまえら、テレビに出るのもいいけど、地下に潜れ。まず修業しろ」 萩本さんに小堺(一機)君と2人揃ってこう言われたのは81年の春ごろ。僕が27歳、小堺君は25歳でした。 「何でイマイチ売れないか分かるか? それは面…

関根勤と麻里親子

関根勤は言及しなかったが…愛娘・麻里のケガは“結構な重症”


22日、関根勤(61)がK─1公式サポーターとして「『K─1 WORLD GP 2015』大決起集会」に出席した。 長女の関根麻里(30)が中学時代に2年間、正道会館で空手を習っていたことを明かし、「最初は僕が連れていった。家にミットがあって中学のとき受けたことがあるんだけど、当時、蹴りが僕より全然重くて驚いた」と娘の素質にホレボレしていた。 その麻里だが、先月24日に「VS嵐」(フジテレビ系)…

実力のほどは?/(C)日刊ゲンダイ

豪華キャストも裏目に? 関根勤「初監督映画」のリスク要因


大御所タレントの関根勤(60)が映画「騒音 Noise(仮)」で監督に初挑戦する。 15日都内で開いた会見には主演の温水洋一ほか、村松利史、酒井敏也と共に登場。 「映画監督は30年くらい前からの夢。クエンティン・タランティーノが『ワンダフル!』とつぶやいて、世界中でヒットすれば」などと意気込んでいた。 ■タモリ、さんま、小堺一機が主演 地底人と戦うオヤジたちの想定外の活躍を描いたSFコメディーら…

男は黙って特ロース/(C)日刊ゲンダイ

関根勤が何十年も通い続ける「とんかつ大宝」


<食通をひきつけるのは変わらぬうまさ!> 年代問わず好感度が高い関根勤(60)。還暦を迎えてもなお人気は衰えず、独特の切り口のトーク、マニアックなモノマネでお茶の間の笑いを誘っているが、もう何十年も通い続けている店があるという。目黒の「とんかつ大宝」だ。 場所はJR目黒駅から徒歩5分ほど、昭和の雰囲気を今に残す権之助坂のアーケード沿い。数々の飲食店がしのぎを削り、入れ替わりも多いこのエリアにあっ…

None

バンカーは青木功、パターは輪島功一…「ハンディ9」関根勤の“ものまね”ゴルフ術


関根勤さんのゴルフ歴は38年、ハンディ9の腕前を持つ。平均週1回ペースでコースに出ており、そのプレーは独特、実にユニークなゴルフを楽しんでいる。 <ほぼフラットだけど厳しいコース> 最近は千葉県の浜野ゴルフクラブや、カメリアヒルズカントリークラブでプレーする機会が多いが、3年前までは敬愛するジャック・ニクラスが設計した「石岡ゴルフ倶楽部」(茨城県)にハマっていた。 「僕の実力だと、本来はレギュラ…

ポッチャリ体型で幸せオーラ全開

産後ぽちゃも好印象 関根麻里の“争奪戦必至”ポテンシャル


メロメロでデロデロ」と父・関根勤(63)の溺愛ぶりも披露した。リップサービスもたっぷりで、とにかく、非の打ちどころがない。 芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。 「出産後の女性は一番奇麗とはよくいったものですが、麻里さんもそのひとりではないでしょうか。もともと、見る者、関わる者の心をつかんで放さないタレントさん。周囲を幸せな気持ちにさせてくれるオーラ、作りものではない安心する笑顔、持ち前の機転…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事