日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

豊田陽平特集

オーストラリア戦でPKを献上した原口を慰める

「本田1トップ」がサプライズ? ハリル監督には芸がない


しかし、代表メンバーにオランダで結果を残している身長193センチFWハーフナー、G大阪の192センチFW長沢駿、鳥栖の185センチFW豊田陽平といった空中戦に強いJリーガーを呼ばず、DFの吉田麻也や丸山祐市をパワープレー要員にしている。 パワープレーに適したFWを呼び、短期間で代表チームに馴染ませ、勇気を持って試合で使って結果を残す――。これが代表監督の仕事である。 もしかしてハリルホジッチ監…

意外な頭痛のタネが…

ハリル監督自信満々の裏で…日本代表が抱える“頭痛の種”


国内組では、Jリーグ得点ランク1位(10点)のFW宇佐美貴史(23)は順当に選ばれたが、1位タイのFW豊田陽平(30)が外れた。9点で3位のFW武藤嘉紀(22)は選出されたが、3位タイのFW大久保嘉人(32)は落選と明暗がクッキリ分かれた。 この日のメンバー発表の記者会見でハリルホジッチ監督(63)は、いつものようにエネルギッシュだった。ひな壇から離れ、立ったまま選手名を読み上げ、選考理由につい…

25日に帰国したアギーレ監督は「日本は生きている」とヤル気満々/(C)日刊ゲンダイ

アジア杯惨敗なのに…アギーレ手腕に“再評価”気運の不思議


後半20分、アギーレ監督が身長185センチFWの豊田陽平(29)を投入するとアリ監督は、身長191センチのDFアハマドをピッチに送り出し、豊田との空中戦対策を施した。UAEは、ボール支配率もシュート数もCK数もすべて捨て、ただ日本に勝つための戦術を練り、監督も選手も忠実に実行した。準決勝で地元オーストラリアの前に力尽きましたが、有能と評価されるのはアギーレ監督ではなく、どう考えてもアリ監督でしょ…

18日は全体練習に合流した岡崎 (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

FW岡崎 イラク戦での絶不調とプレミア移籍話の“因果関係”


英会話が出来ないとヤバイっす』と言われ、英会話が大の苦手の岡崎はビビっていた」(放送関係者) 岡崎の調子が上がらなければ、ヨルダン戦の先発1トップはFW豊田陽平(29)で決まりか。…

練習の合間にリラックスの本田 (C)六川則夫/ラ・ストラータ゜

代表に暗雲…本田が暑さ対策失敗 監督八百長疑惑も告発受理


13日の練習中に左足首をひねり、全体練習から一時離脱したFW豊田陽平(29)、パレスチナ戦でのケガで別メニュー調整だったFW武藤嘉紀(22)も全体練習に復帰し、現時点で「故障者はひとりもいない」(現地取材記者)というが、気掛かりな選手がいる。パレスチナ戦で動き、キレともに悪く、運動量も少なかった大黒柱MF本田圭佑(28)の状態である。 「ブラジルW杯のころとは違い、本田は練習中などチームメート…

左手首に数珠4本/(C)日刊ゲンダイ

ダウンタウン浜田 「不倫相手とおそろい数珠か」と話題再燃


きっかけは、12月30日に放送された「ジャンクSPORTS」(フジテレビ系)で、サッカー日本代表・豊田陽平(29)の膨れ上がったふくらはぎを浜田が触ってチェックするシーン。浜田の左腕が大写しされたのだが、その手首には深緑、紫色、透明と色とりどりの数珠が4本も巻かれていた。 この数珠だらけの浜田の左手首について、ネットでは<なんなんやこれ><嫁が買ってくるんやろ><断るに断れない立場の人がそうい…

宇佐美は国内で大活躍だったが落選 (C)六川則夫/ラ・ストラーダ

「想定内」の声も…大久保と宇佐美はアジア杯代表なぜ落選?


FWでは岡崎慎司、本田圭佑、豊田陽平、乾貴士、武藤嘉紀、小林悠と11月のキリンチャレンジ杯に呼ばれた6人が順当に選出された。軸になるのは、ブンデスリーガでゴールを量産している岡崎だろう。 Jリーグで2年連続得点王(18ゴール)に輝いた大久保嘉人、G大阪の3冠獲得に貢献した宇佐美貴史(リーグ戦10点、ナビスコ杯5点、天皇杯6点)のサプライズ選出は見送られた。 個人的には「想定内」である。大久保は…

目は確かなのか?/(C)日刊ゲンダイ

初召集の5人は実力未知数…アギーレ選考に疑問と困惑の声


鳥栖の身長185センチFW豊田陽平(29)と比較すると格段に見劣りする。皆川のJ1通算出場時間は238分。通算450分以下に適用される「年俸480万円以下」の格安選手でしかない。 新潟の右SB松原健(21)は、9月19日からのアジア大会(韓国・仁川)に出場するU-21日本代表から21日に落選したばかり。それが“飛び級”でA代表入り。新潟関係者も「喜びたいところだけど……ウチのマツケンは運動量だけ…

GL2試合で馬脚を現した (C)真野慎也/JMPA

2試合で限界明らか…初W杯の“重圧”に屈したザック監督


実際、身長194センチのFWハーフナー・マイク、同185センチのFW豊田陽平を外し、ジョーカーとして同169センチのドリブラー・FW斉藤学を代表入りさせた。しかし、2試合とも終盤になると吉田を相手ゴール前に置き、ベンチ前で「吉田の頭を狙え!」と大声を張り上げた。 「W杯の経験がなく、勝負師としての能力に欠ける監督が大舞台でパニックに陥り、理解不能の選手起用と采配で選手から不信感を持たれている。こ…

ACLでは元気なし/(C) 日刊ゲンダイ

釜本邦茂氏がW杯日本代表「ストライカー陣」を徹底検証


Jリーグ首位の原動力・鳥栖FW豊田陽平が23選手から外れてしまい、予備登録に回されてしまったことである。 どんな試合展開だろうが、「強靭なフィジカルを持った長身選手」は必ず必要となってくる。あと1点が欲しい! 終了間際の相手パワープレーをヘディングではね返して欲しい! という時に豊田の存在は大きい。 選手選考はザッケローニ監督の専権事項。しかし、豊田を23選手に入れなかったツケは、ブラジルW杯本…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事