日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高橋勝成特集

高橋勝成

高橋勝成 スイングは「常に右手が上で左手が下」をキープ


ジャンボキラーといえば、真っ先に名前が挙がるのは高橋勝成プロでしょう。ジャンボ尾崎プロの全盛時代に、日本プロマッチプレー選手権やラークカップなどでジャンボさんとの手に汗握る名勝負を制して高橋プロはジャンボキラーと呼ばれる存在になったのです。 そのスイングの特徴は、ベン・ホーガンを彷彿させる完璧なオンプレーン打法です。 高橋プロが、全米オープンの覇者で、後にテレビ解説者になったケン・ベンチュリーに…

イラスト・ボギーマン

バックスイング 腰を回せば肩も回る


しかし、高橋勝成に言わせると「肩だけ回そうとしても回らない」。 「バックスイングするときはみんな肩を回そうと思うけど、腰を止めておいて肩だけ回そうとしても回らない。肩は腰を回すことによって初めて回るのだから、腰を回せば肩は回そうと思わなくても回る」 高橋勝成にそう言われるまでは、腰はあまり回さず一生懸命肩を回そうとしていた。 「バックスイングで肩は90度、腰は半分の45度」と昔からいわれている…

イラスト・ボギーマン

手がトップに上がりきる前に左腰を戻す


それでも右手で打ちにいく人が多いといって、高橋勝成を取材したときに、インパクトで右手を離して左手で振り抜く練習を教わったことがある。…

イラスト・ボギーマン

アイアンは打ち込まず首の付け根に振り抜く


実際にボールを打つときも、打ち込もうとしないで振り抜いてやると体重が左に乗っていくのでダフらずに打てるようになると、高橋勝成の取材をしたときに教わったことがある。 アイアンのミスで一番多いのはダフリだと思う。 これはインパクトで体重が右足に残るためだといわれている。ではどうして左に乗っていかないのかといえば、「右手で打ち込もうとしているためだ」(高橋)という。 左手でリードして首の付け根に向か…

イラスト・ボギーマン

アイアンはロフトを起こし気味に構える


しかし、「アイアンはフェースを開くより、やや閉じて構えるぐらいのほうがダフらず、ボールを直接ヒットしてから芝を削り取れるので、正確なショットができる」と高橋勝成を取材したときに教わったことがある。 アイアンはフェースもやや左に向けて置くぐらいのほうが、ロフト通り構えられるというのだ。ロフトを寝かせるよりはやや起こし気味に構えたほうが、ダフらずにボールを直接ヒットできるというのだが、それには上体…

イラスト・ボギーマン

ダウンブローは左手リード


アイアンはヘッドよりグリップエンドをボール1個分ぐらい先行させてインパクトしたいので、それには「ボールをヒットすると同時に右手を離し、左手で振り切る練習をするのがよい」と高橋勝成に教わったことがある。 アイアンは右手で打ち込もうとしている人が多いので、インパクトで右手を離して左手で振り抜く練習をするとヘッドより手がやや先行し、いわゆるハンドファーストの状態でボールをヒットできるのでダフらなくな…

イラスト・ボギーマン

スイング中はアゴを真下に向けておく


高橋勝成を取材した時、「ドライバーも頭はスタンスの真ん中。頭は右にも左にも傾けないように、アゴを真下に向けて構えること」と教わったことがある。そうすると両目にあてがったシャフトは飛球線と平行になるので、両肩を飛球線と平行に構えることが出来る。これで目標に正しく構えたことになるというのだ。そうしてバックスイング、ダウンスイング、フォロースルーと、アゴを下に向けたままスイングするのだと教わった。 …

イラスト・ボギーマン

右腰を後ろに引けば方は大きく回る


ところが高橋勝成を取材したときに、肩の回し方について聞いたら、「肩だけ回そうとしても回らない。腰を回せば、肩は勝手に回る」と言われた。 「椅子に深く腰をかけて、右腰をまったく動かさずに(回さずに)肩だけ回してみて」と高橋。 言われた通りやってみると、腰を正面に向けたまま、まったく動かさずに肩だけ回そうとしても回らない。バックスイングで「肩は90度回せ」とよく言われる。しかし、腰を回さなかったら…

イラスト・ボギーマン

ダウンスイングは左半身リードから右手を使う


「最後まで左手で振り切ることによって右手を生かしてヘッドスピードを出すことができる」と言い、インパクトのあたりで右手を離し、左手で振り切る素振りを毎日続けるとヘッドスピードが出ると高橋勝成に言われたことがある。 「ゴルフは左手のゲーム」といわれているけれど、これは右手は使わずに左手一本の感じでスイングするという意味ではない。右手を生かすための左半身のリードだと高橋は言っている。 ダウンスイング…

イラスト・ボギーマン

左肩はアゴのところまでひねる


高橋勝成もアゴを軸にしてスイングすると言っている。かがみ過ぎないように上半身を軽く前傾して構えたら、アゴの高さを変えずにスイングすること。 「バックスイングでアゴのところまで左肩を入れてきたら、フォロースルーでもアゴを下に向けたまま、体を起こさずにアゴの下に右肩をつけたまま振り抜いていく」 そうすれば首の付け根は左右に動かずに、構えた位置で背骨を軸にして回転することができると教わった。 スイン…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事