日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高嶋政宏特集

仲睦まじい高島夫妻

高島ファミリーの“人の良さ”表す 鉄板ネタの「二枚目話」


息子の高嶋政宏と政伸も今、二枚目俳優で売っているんです。家に帰ると二枚目が4人もそろっているんでね、どんなに性格の悪い、嫌な家庭か、わかりますかねぇ」。 僕だけじゃなく、そのメーク室にいたタレントさんやメークスタッフたちも大爆笑だった。それは、夫人も息子さんたちもいい人揃いであることを知っているからだ。 高島のテレビなどでの明るさは普段もまったく変わりなく、周囲の人を楽しませたいという思いからき…

片岡愛之助、倉科カナ、高嶋政宏

ドラマ「刑事7人」 登場人物がステレオタイプで空回りの残念


すぐに怒鳴る熱血漢(高嶋政宏)、空気が読めない帰国子女(倉科カナ)、引きこもりの分析屋(片岡愛之助)など、何とも古くて類型的なのだ。しかも、それぞれがバラバラに自己主張しており、キャラが空回りしている。 このタイトル、やはり昭和の名作「七人の刑事」(TBS系)を連想してしまう。「七刑」の特色は、社会問題も取り込む懐の深さと、刑事たちを、悩んだり迷ったりする人間として描いた点にあった。さて、「刑7…

有村の姉と倉科の妹はグラドル

有村架純、倉科カナ… 芸能界「姉妹タレント」だらけのなぜ?


古いところでは田村高廣、正和、亮の3兄弟、渡哲也と渡瀬恒彦、松方弘樹と目黒祐樹だし、ちょっと前でも高嶋政宏、政伸など。いずれもどちらかの“七光”で兄弟も売れました。それに比べると、姉妹タレントは小粒ですよね。売れてる姉(妹)に便乗してもう一人も売れようというより、“すでに売れてる姉(妹)には、こんなネタもありますよ”と新たな話題を提供している感すらある。今更そんなこと言われても驚きようがないし、…

神田うの(左)寿美花代(右上)中村江里子(左下)

神田うの、松居一代、中村江里子…芸能人「家政婦トラブル史」


「昔の話ですが、俳優の高島忠夫の妻で、高嶋政宏・政伸兄弟の母の寿美花代は、かつて家政婦に2人の上の子供を殺害され、その時の心の傷をいまだに引きずっています。殺害の理由は幸せ過ぎる一家への嫉妬からでした」(ベテラン女性誌記者) 高島家の事件はあまりにも極端だが、タレントの藤田紀子は元大関・貴ノ花の故二子山親方と離婚後、部屋付の家政婦に女将さん時代のあれこれを暴露されまくったことも。 また、タレン…

EA&C提供

劇団四季を退団して韓国へ「レミゼ」キム・ジュンヒョンは今


日本版とはストーリーも演出も異なるが、高嶋政宏(49)がキャスティングされた役柄だ。 「日本のファンからは<どうしてそんなに悪役が似合うんですか?><本当に悪い人なんじゃないですか?>という反応が多いです。味方のふりをしながらマリー・アントワネットとマルグリットを動かす役どころ。2人がよりかわいそうに見えるよう悪に徹しなければと思っています。先月より今月、今月より来月の方がが、もっと悪い男に見え…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事