日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

里見浩太朗特集

実年齢がようやく役に追いついてきたことを実感

78歳「水戸黄門」復活…里見浩太朗の元気の秘訣はカカア天下


「なんだか証人台に立たされるみたいだなあ」 3日、里見浩太朗が報道陣に囲まれた自身の状況にこう言って笑った。2011年に42年の歴史にピリオドを打った「水戸黄門」(TBS系)が29日にスペシャル版で復活することを受け、マスコミ懇談会が開かれた。 1971年から88年までは2代目助さん役、2002年から最後まで5代目水戸光圀役を演じた里見は「65歳のときに(黄門役を)引き受けたので、“年寄りの匂い…

大スターの知られざる一面

若造記者に深々と頭を下げた 里見浩太朗の誠意と大物ぶり


里見浩太朗(79)、時代劇はもちろんのこと、刑事モノなど現代劇でも主役を張る大物スターだ。近年では、コミカルな作品でもいい味わいを出して、貴重な存在感を見せている。 僕にとっては忘れられない思い出深い出来事があった。当のご本人はまったく覚えていないだろうが……。 今から30年ちょっと前のこと、里見が主演する時代劇の撮影が東京・大泉の東映撮影所で行われていた。その時代劇にゲストとして出演していたの…

水戸黄門のすべてを知る男

里見浩太朗 役作りのため「1日5食」で10キロ増


今年、4年ぶりに「水戸黄門」がスペシャルで復活し、笑顔だった里見浩太朗さんは、映画で格さん、ドラマで助さんも黄門様も演じ、「水戸黄門のすべてを知る男」。ロケ先では「黄門様!」と声をかけられ、気さくに応える心優しいスターです。 里見さんの出演作では、年末恒例の超大型時代劇シリーズが忘れられません。「忠臣蔵」「白虎隊」「五稜郭」「田原坂」など名作ばかり。 「僕が念願の大石内蔵助を演じた『忠臣蔵』では…

年間100ラウンド/(C)日刊ゲンダイ

「水戸黄門」復活 御年78歳の里見浩太朗“体力維持”の秘密


この夏放送される人気時代劇「水戸黄門」の2時間スペシャル版に黄門さま役で主演する里見浩太朗(78)。シリーズ最後となる5代目の黄門さまを02〜11年に務めたほか、71〜88年には2代目助さんを演じた。まさに、「水戸黄門」の“顔”といっていい俳優だ。 今回の“復活”はファンの期待も高く、里見は「待ち望んでくださった方々の期待を裏切らない作品にしたい」と意気込んでいる。 そうはいっても、里見はもう7…

宿無しの主人公を演じる伊原剛志

ただの食ドラマにあらず 伊原剛志「ヤッさん」が醸す人情


ヤッさんを応援するそば屋の主人(里見浩太朗)、ヤッさんを慕う韓国料理店主(板谷由夏)、そば職人を目指す女子高生(堀北真希に似た山本舞香)など、それぞれに適役だ。…

クラブを手にする藤田佳子さん

藤田佳子さん(女優)


今回の優勝者は今年80歳になる里見浩太朗。ご老公の優勝を皆で祝福した。これだけのタレント揃いだから、パーティーもかなり盛り上がる。 「叙々苑カップは数年前から、前年優勝者が何かアトラクションをするのが恒例になっています。今年はビートたけしさんが女性ベリーダンサーグループを呼んでいて、松尾伴内さんとラッシャー板前さんが司会のガダルカナル・タカさんに促されて一緒に踊っていました(笑い)。渡辺裕之さ…

美容師の野沢道生

ケチャップが隠し味 野沢道生とカレーチャーハンの思い出


「家には父親が共演したことがある美空ひばりさん、高倉健さん、里見浩太朗さんと撮った写真が今も残っていますが、26歳の時にスッパリやめて新宿でレストランを始めたんです。その頃に知り合ったのが美容師だった母。僕は笹塚(渋谷区)で生まれ、杉並の家に移り住みました。家は畳、板の間の部屋に縁側がある小さな平屋。職業柄、派手なイメージがあるかもしれませんが、父親はきちんとした性格の人でサラリーマンの家と変…

病状が深刻なのか…

愛娘も連絡取れず…松方弘樹「音信不通」に飛び交う憶測


だが、学生時代から親交のある里見浩太朗(79)が「毎日電話しても出ないんですよね。ちょっと心配」とマスコミの取材に打ち明けたことで、さまざまな臆測が流れることに。 「取材や仕事仲間のみならず、愛娘の仁美さんが連絡しても、梨のつぶてだというのです。仁美さんとも克基さんとも、松方は絶縁状態にあり、連絡を取りたくても取れない日々が10年以上、続いている。松方が自分たちの母親の仁科亜季子さんを捨てて、…

北大路欣也と里見浩太朗は共に東映出身

北大路欣也&里見浩太郎 TVドラマで“高齢ブレーク”のワケ


ほかに、“高齢ブレーク”寸前なのが里見浩太朗(78)。こちらも時代劇でひとつの時代を築いた重鎮。「水戸黄門」以降は目立たなかったのに、ドラマ「リーガルハイ」や刑事ものなど現代劇でいい味を出している。50代までならプライド的に演らない脇役や、ちょっとコメディー的な芝居も、高齢になると軽く演じられるものなのだろう。 北大路、里見ともに若かりし頃、東映で人気になった。東映といえば、昨年健さん、文太さ…

可憐な娘役が似合った

元宝塚娘役の内田もも香さん 故郷富山で女優とカフェ両立中


里見浩太朗主演の「水戸黄門」やミステリードラマを中心に活躍していた。 「もちろん、女優は続けていて、小林稔侍さん主演の『鉄道警察官・清村公三郎』シリーズでは小林さんの娘役で出させていただいてます。いつか北陸新幹線を舞台にしたストーリーがあるといいんですが、どうでしょうか。ええ、ワタシ、故郷をもっともっと盛り上げたいんです」 町おこしイベントのゲストに招かれる機会も多い。 「この19日は射水市の海…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事