日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

桃田賢斗特集

躍動感あふれる桃田のプレーは欧州で人気だった

“違法賭博”桃田賢斗の早期復帰を狙う両バド連盟の思惑

違法賭博に手を出して日本バドミントン協会から無期限の資格停止処分を科された男子シングルス元世界ランキング2位の桃田賢斗(21)。所属先のNTT東日本による30日間の出勤停止処分が明け、先月30日に練習を再開。当分の間は千葉県内の同社体育館で練習しながら、子供たちに実技指導するなど社会貢献活動に励むという。 桃田が公式戦に復帰するには日本連盟の理事会による承認が必要…

桃田をカジノに誘った田児(左)は泣いていたが

闇カジノでリオ絶望…バド桃田賢斗に海外リーグ参戦計画

違法カジノ店での賭博行為が発覚したバドミントン男子シングルス日本代表の桃田賢斗(21=NTT東日本)が神妙な表情でこう話した。 8日、所属先の同僚である田児賢一(26)とともに都内で謝罪会見。同社の調査によれば、桃田は田児に誘われて14年10月から6回にわたって東京・墨田区内のカジノ店に出入りしていたという。 桃田は1回の賭け金が10万円で合わせて50万円ほど負け…

None

日本バド史上初 桃田賢斗&奥原希望が単アベック優勝

バドミントンのスーパーシリーズ年間上位8人によるファイナル(UAE・ドバイ)は13日、各種目の決勝を行い、シングルス男子が桃田賢斗(21=NTT東日本)、同女子は奥原希望(20=日本ユニシス)がともに初優勝した。 日本勢が同大会のシングルスを制したのは初めてのこと。昨年、女子ダブルスの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)の優勝に続く快挙だ。 世界ランキング5位の桃…

None

桃田賢斗シリーズ2勝目 バド最高ランク大会の優勝賞金は?

「我慢、我慢の連続で最後に優勝できたのですごくうれしかった」 バドミントンのスーパーシリーズプレミア、インドネシア・オープンの男子シングルスを日本人選手として初めて制した桃田賢斗(20)が堂々の凱旋帰国である。 今大会はスーパーシリーズの中でも最も格上の「プレミア」で賞金は6万ドル(約750万円)。4月に桃田が優勝した同シリーズのシンガポール・オープンの2万2500…

None

コーチが現役復帰 日本男子バド“超少数精鋭”体質の問題点

NTT東日本は今年4月に桃田賢斗(22)ら複数部員が違法賭博に関与していることが発覚。田児賢一(27)は解雇され、桃田が無期限、古賀輝(22)が1年間の出場停止の処分を受けたため、出場可能選手は5人しかいない。 リーグは6人以上の登録が必要なため、川口馨士コーチ(37)と、リオ五輪のバドミントン女子日本代表シングルスでコーチを担当し、奥原希望(21)を男女通じてシ…

女子シングルスの奥原希望

メダルか惨敗か リオ五輪のキーマンを直撃

芝スミ子(日本バドミントン協会ナショナル強化部長)

男子シングルス元世界ランク2位の桃田賢斗(21)が、違法カジノに手を染めてリオ五輪に出場できなくなった。バドミントン界では、女子はシングルス世界ランク5位の奥原希望(21)と、同ダブルスで同1位の高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組に、日本勢で初めて表彰台に立った前回大会に続くメダル(銀=女子ダブルス藤井、垣岩)取りの期待がかかる。日本バドミントン協会理事でナショ…

「アジア団体選手権2016」での佐々木翔

税金使い桃田の“代役”佐々木に五輪切符のバカバカしさ

本来なら出場するはずだった桃田賢斗(21=NTT東日本)が違法カジノ店でのバカラ賭博によって世界ランクから外れたため、男子シングルスの日本人最上位になった佐々木に出場権が転がり込んだのだ。 佐々木は前回ロンドン五輪男子シングルスで日本勢として初めて8強入りしたベテラン。「(桃田の)代わりができるのは認め合い、戦ってきた僕しかいない」と話していたものの、先のアジア選…

イラスト・若生圭汰

失敗と成功の日本史

双六、闘鶏、香道…公家と庶民がのめり込んだ“賭博の歴史”

これで沈静化したかと思ったら、今度はバドミントンの田児賢一、桃田賢斗両選手の違法カジノ問題が明らかに――。両選手が厳しい処罰を受けたことは読者の皆さんもご存知でしょう。 歴史を振り返ると、人々は勝ち負けがあるものに、お金を賭けてきました。囲碁や将棋のほか、お茶の産地を当てる喫茶賭博(闘茶)。お香を嗅ぎ分ける香道にも、お金を賭けました。 さいころを使った賭博というと、…

事の重大さを理解できなかった…

仕草で分かる本音と建前

じっと見るのは嘘のサイン 桃田選手の表情で分かった本音

違法カジノ店での賭博行為が発覚したバドミントン男子の田児賢一選手(26)と桃田賢斗選手(21)。所属するNTT東日本は田児選手に解雇、桃田選手に出勤停止30日を言い渡し、日本バドミントン協会は、田児選手に無期限登録抹消、桃田選手に日本代表指定解除と無期限競技会出場停止という厳しい処分を下しました。 リオ五輪出場見送りが決定となった桃田選手ですが、謝罪会見の開始時は、…

代表入りの谷井孝行、森岡紘一朗、新井広宙の3人

男子競歩にメダル期待 バド桃田消え計算狂ったJOC皮算用

「ここにきて、金メダル候補に挙げられていた男子バドミントンの桃田賢斗(21)が闇賭博関与の発覚でリオに行けなくなった。計算していたメダルが1つ減ったことで、男子競歩は一気に注目競技に浮上した」(前出の関係者)…

違法カジノ店で賭博行為をした問題で記者会見するNTT東日本バドミントン部の田児賢一選手(左から2人目)と桃田賢斗選手(右から2人目=左端は奥本部長、右端は榊原総務人事部長)

闇賭博選手に厳罰もチームは…問われる企業の“監督責任”

巨人選手による一連の野球賭博問題は世間を驚かせたが、今度はNTT東日本のバドミントン部に在籍する桃田賢斗(21)、田児賢一(26)らが「闇カジノ」や「闇スロット」という、違法賭博で遊んでいたことが発覚。バドミントン協会は、桃田を日本代表の強化指定から外し、無期限の競技会出場停止処分を科し、12年ロンドン五輪代表の田児は、無期限の登録抹消処分とした。 暴力団の資金源に…

1年間の失格処分の巨人・高木(左)とリオ五輪出場が消滅の桃田

犯罪者アスリートだらけの日本で問われる五輪開催資格

バドミントンの有力なメダル候補だった桃田賢斗(21)は闇カジノ、闇スロット店に出入りしていた。また強豪・法政大の水泳部現役部員(19)も大麻所持で逮捕された。 ■選手と裏社会の結びつき なぜ、日本のアスリートはこうも簡単に犯罪に手を染めるのか。バカなことをしている自覚はないのか。 スポーツ法学が専門の同志社大学政策学部の川井圭司教授がこう言う。「今回の一連の報道でス…

田児、桃田は成長戦略の犠牲者

日本経済一歩先の真相

前途ある若者を狂わせた安倍政権のカジノ推進

日本バドミントン協会は闇カジノに出入りしていた桃田賢斗選手に、日本代表指定解除と無期限の試合出場停止処分を科した。 桃田選手を闇カジノに誘った田児賢一選手は無期限の登録抹消。競技に関わる一切の活動を禁じられるというから、選手生命を奪われたも同然だ。 所属先のNTT東日本のペナルティーも厳しい。田児選手は解雇、桃田選手は出勤停止30日の懲戒処分である。現在、世界ランク…

桃田は「ギャンブルの世界に興味」とも語った

“負けず嫌い”が災い アスリートにギャンブル依存多い理由

「やめようと思ってもやめられなかった……」 ギャンブルにはまった多くの者はこう口を揃えるが、裏カジノだけでなく、違法スロット店での賭博行為もバレたバドミントン選手の桃田賢斗(21)もそうだ。 「いけないことだとは分かっていたけど、入ってはいけないところに入る好奇心だったり、少し楽しんでいる自分もいた」 「勝負の世界で生きているので、ギャンブルの世界に興味があった。や…

桃田は「競技を続ける気になれない」と

破廉恥写真も流出 バド桃田「裏スロット」以外に“余罪”か

NTT東日本は12日、同社に所属するバドミントン男子の桃田賢斗(21)らが、違法スロット店、いわゆる「裏スロット」でも賭博行為を行っていた事実を公表。また、“桃田の賭博行為はすべて先輩の田児とおこなったもの”との8日の記者会見での説明を訂正し、桃田が一般女性と2人で闇カジノに行っていたと明らかにした。 「新たに出てきた裏スロット通いの余罪とともに注目されているのが、…

桃田は「出勤停止30日」

バドNTT東に比べ…賭博処分で巨人の“非常識”また浮き彫り

男子バドミントン部の田児賢一(26)、桃田賢斗(21)ら8人が違法カジノ店で賭博行為を行っていたNTT東日本は11日、「社会をお騒がせし、多くの皆さまの期待を裏切る結果となりましたことを、心より深くおわび申し上げます」などと謝罪した。同時に、田児を解雇、桃田を「出勤停止30日」、その他の賭博行為を行った社員は「厳重注意処分」、奥本部長と松野監督らは解任され、男子バ…

8日の会見で何度も頭を下げていた田児(左)と桃田

他競技に騒動拡大か バド協会も憂慮する田児の“賭博人脈”

日本男子のエース・桃田賢斗(21=NTT東日本)と12年ロンドン五輪代表・田児賢一(26=同)の2人が闇カジノに出入りしていた問題で、日本バドミントン協会が10日、都内で緊急理事会を招集。桃田に無期限の出場停止処分、より常習性の高い田児には除名の次に重い無期限の協会登録抹消処分を科すことを決めた。メダルを期待された桃田のリオ五輪出場の可能性は完全消滅。会見した協会…

田児賢一(左)が桃田賢斗を誘った

60回通ったバド田児は“上客” 実は厳しい闇カジノの台所

ロンドン五輪に出場した田児賢一選手(26)が、リオ五輪出場を確実視される桃田賢斗選手(21)ら複数の選手に違法カジノを紹介していたという。 「選手らが訪れていたのは、指定暴力団住吉会系幹部が関わっていた東京・錦糸町の24時間営業のカジノ店。トランプなどで勝ち負けをつける『バカラ賭博』の店で、警察の摘発を逃れるため移転を繰り返し、14年11月ごろから錦糸町に店を開いて…

巨人開幕戦の始球式にも登板していた

“合コン王”の異名も 闇カジノ出入りバド桃田のド派手生活

暴力団の関与が濃厚な国内の違法カジノへの出入りが発覚した、バドミントン男子の桃田賢斗(21)と田児賢一(26)。ともに所属するNTT東日本の調査で事実関係を認めている。 8日、都内で会見を行った桃田は、「このような事態を招いてしまい本当にすみませんでした。今まで育ててきてくださった方々や福島県の皆様や、後援会まで作ってくださった香川県の皆様を裏切ることになってしま…

NTT東日本本社前に集まる報道陣

“闇カジノ”桃田は年収2500万円…バド選手の意外な稼ぎ

頻繁に闇カジノに出入りしていたというバドミントン男子の桃田賢斗(21)と田児賢一(26)の2人。 8日の会見で、カジノで使った金額について聞かれると桃田は「6回程度です。1回で10万円くらい持って行きました。トータルは50万円負けくらいです」と答え、田児は正確な金額を自らの口で明かさなかったが、同席したNTT東日本バドミントン部の奥本雅之部長が「田児は60回程度で1…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事