日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

宇多田照特集

宇多田ヒカル

ヒカルの体にも流れる「女系家族」の激しくも孤独な血


宇多田照實氏が所属事務所の若い女性と不倫交際しているという話がありましたよね。実はそれを密告したのは藤さんだったんです。彼女の指示で夫を尾行したり追跡したり、当時、相当振り回されましたね」 梨元さんは笑ってうなずいた。 「そうそうそう。あの件は、実は僕にも彼女がタレこんできたんだよ。キャラは強烈だし、言動が支離滅裂。いまピンときたけどさ、あの家族の不思議さは藤圭子が原因かもしれない。お金のせ…

女系3代の“断絶”が浮かび上がってきた

「銀行も誰も信用できない」 藤は現金がパンパンに詰まったバッグをぎゅっと抱きしめた


宇多田照實氏はその件に異常に神経質で、その出自をまるでなかったことのようにしている。売れてからは一切『藤圭子の娘』という文言を使わないようマスコミに厳重に抗議していました。また、かつて藤がお世話になった人脈も徹底的に排除しています。またファミリー企業の『U3ミュージック』は東芝が窓口になっていますが、同社役員の藤圭子についてはコメントしないことになっている。現在は再び離婚した照實氏と藤圭子、…

宇多田ヒカル

「藤は英語が話せて長身でスマートな彼にぞっこん。言ってみればヒモのような存在でした」


しかし藤が宇多田照實氏と結婚したことで、母娘の関係は一変してしまう。当時の藤をよく知る芸能関係者が語る。 「『結婚しても母さんとは一緒に暮らす』と公言していた彼女は、稼いだお金で広尾のマンションを2部屋購入し、1部屋に母親を住まわせていたんです。ところがニューヨークでコーディネーターをしていた照實氏と知り合い、彼が彼女の部屋に転がり込むような形で交際を始めた。藤は、英語が話せて長身でスマートな…

宇多田ヒカル

年表を作成すると意外な発見があった。ヒカルの半生が母親と重なって見えたのだ


2年後にカムバックするがヒットに恵まれず、81年に宇多田照實氏と結婚。ヒカルを出産したのはその翌々年のことである。 藤の恩師である作詞家・石坂まさを氏の述懐は大変興味深いものだった。 「純ちゃんは18歳の頃、お母さんに連れられて来てね。お母さんは娘をデビューさせたいという熱意が凄かった。明るい屈託のない可愛い子で、いつもぬいぐるみを抱いていた。売れるようになってからは、中学しか卒業していないから…

ニューヨークで出産した長女が宇多田ヒカル

一度は引退も…藤圭子から“圭似子”に改名して芸能界復帰


相手はニューヨーク時代に知り合ったという宇多田照實氏。これで事務所との関係が悪化し、藤側から契約解除を通告した。さらに相互に損害賠償を請求する泥仕合となった。その後、裁判では藤側に1800万の違約金支払いが命じられるなど不利な判決も下された。 一方、宇多田氏とは82年に結婚、翌年、ニューヨークで長女・光を出産するが、直後に離婚するなど再婚、離婚を繰り返した。ニューヨークで共に暮らした娘は98年、…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事