日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

安住淳特集

東京10区補選の街頭演説に鈴木候補の姿なし

「連合」はリベラル勢力の癌 原子力ムラの“トロイの木馬”


衆院補選が行われた「東京10区」で野党4党はそろって演説会を開き、共産党の志位和夫委員長、民進党の安住淳代表代行、社民の福島みずほ副党首、自由の山本太郎共同代表がマイクを握ったのだが、肝心の鈴木庸介候補の姿がなかったのだ。 演説会を企画した市民団体は、候補者不在について、「民進党の責任者が『連合の顔を立てるため候補者を行かせることができない』と言った」と明かしていた。そして連合は、野党共闘に反発…

肝心の候補は不在

東京・福岡補選でも…野党共闘の足並み乱す民進幹部の愚


共産は志位和夫委員長が駆けつけたのに、民進が出したのは蓮舫代表ではなく、安住淳代表代行だった。 「市民団体の呼び掛けで形になったのですが、民進の対応は見苦しかった。連合福岡などの“共産アレルギー”に配慮して、志位委員長と新井富美子候補が並ぶことのないように、登場時間を調整したのです。偶然なのか、志位委員長が予定より早く到着して結局5人が揃ってしまい、民進関係者は冷や汗をかいていた」(地元メディア…

安住淳民進党国対委員長

選挙のことしか考えていない「小物」は、一体、誰か?


これは、民進党の安住淳国対委員長の言葉。 憲法学者の慶応大学名誉教授の小林節さんが、夏の参院選比例代表に向けて政治団体「国民怒りの声」の設立を表明したことに対しての。 小林さんはこれまで散々、野党の民進党に協力した人だろ。あなた、本当に何も分かってないのね。小林先生はそこまでしたくなかったんだよ。会見でも「私は政治屋になりたいわけじゃない。きちんとした反安倍政権の受け皿ができたら撤退する」と言っ…

待機児童問題で母親らから署名を受け取る山尾議員

首相への刺客 民進党新代表に山尾志桜里議員の仰天プラン


安住淳国対委員長代理あたりが、擁立に動いているという。 たしかに、山尾議員が新代表に就けば、「民進党」にブームが起きる可能性がある。なにしろ、衆院予算委員会に4回立ち、毎回、安倍首相をタジタジにさせている。「保育園問題」に火をつけたのも、山尾議員だ。 普段、野党議員に厳しい飯島勲内閣参与まで、「民主“救いの女神”山尾志桜里」と、最新号の「週刊文春」でベタ褒めしている。 「いま、安倍首相が一番嫌が…

維新と民主は“解党”への動きが表面化

野党再編の動き急加速も…反安倍「新党」結成に2つのネック


なのに、岡田さんの側近である安住淳氏(53)が反対し、押しとどめているのです。理由は、いつものように『俺は聞いていない』という子供っぽい理由ですが、岡田代表は安住氏の言うことを素直に聞いてしまう。もうひとつのネックは、橋下維新です。22日に投開票される“大阪ダブル選挙”の結果が、野党結集に影響を与えるのは間違いない。もし、橋下維新が“1勝1敗”や“2敗”に終わったら、橋下維新への期待がしぼみ、様…

古賀氏(右)の圧力発言を問題視

報道機関の矜持は? 自民党の“不当聴取”にテレ朝「出席する」


民主党の安住淳・国対委員長代理が15日の会見で、安倍自民党の「言論弾圧」を批判した。 自民党は17日に開催する情報通信戦略調査会(会長・川崎二郎元厚労相)にNHKとテレビ朝日の責任者を呼びつけ、事情を聴く方針だ。すでに両社を通じて番組の責任者に文書で調査会への出席を求めている。 調査会が問題視するのは、NHKは「クローズアップ現代」のやらせ問題。テレ朝は「報道ステーション」で元経産官僚の古賀茂明…

岡田代表では民主党はダメだ/(C)日刊ゲンダイ

「所信表明なし」容認…政府にテロ対応迫れぬ民主党の“弱腰”


国対委員長代理の安住淳氏は「首相の交代もないのに、所信表明を要求しないのは異例ではない」と言い訳するが、そんなのは平時の発想だろう。 所信表明の見送りが決まったのは16日。20日の人質事件発生後に容認方針を覆して、安倍に所信表明を再度求めてこそ、有事の発想だ。岡田民主党は国民がテロに巻き込まれているという認識があるのか。こんな頼りない野党第1党が「政権交代を目指す」なんて夢のまた夢だ。 「民主党…

None

代表戦でざわめく民主党はまず、軸を定めよ


玄葉やそのお仲間の安住淳元財務相、中川正春元文科相ら野田政権の主流派をなした保守派グループ10人余りは、5月13日には赤坂の中華料理店で会合して「総裁選前倒し」で気勢をあげているが、その真意は岡田克也元副総理の担ぎ出しである。 また、前原誠司元代表、枝野幸男元経産相ら旧さきがけ系を中心とする「凌雲会」も15日に会合を開き、「現体制では統一地方選は戦えない」と宣言した。同グループでは、前原自身も…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事