日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

野村敏特集

韓国勢とコミュニケーションをとれる

2アンダーで日本勢トップ 野村敏京の強みは“韓国語堪能”


【全米女子オープン】 2016年シーズンがスタートした時には、世界ランクが日本勢9番手の野村敏京(23)だったが、今季2勝を挙げて同ランク22位までアップ。断トツの1番手に躍り出て、日本代表としてリオ五輪出場をすでに決めている。 イン発進の初日は前半で3バーディーを決めてターン。折り返して4番でボギーをたたくも、70で回り2アンダー11位タイでホールアウトした。 野村は現在、米女子ツアー賞金ラン…

リオ日本代表1番手の野村も出遅れ

野村敏京は3オーバー 「メジャー制覇」の意気込み空回り


先週も2位に入るなど、ここまで14試合でトップ10入り4回、賞金ランク3位と勢いに乗る野村敏京(23)。 「メジャー制覇は今年の目標」と意気込む。 10番スタートからパープレーを続けたが、15番でボギーを叩くと、続く16番パー4で第1打を右に曲げて木に当ててしまう。ボールは大きく跳ね返って、ファーストカットに落ちるツキもあったが、2打目も木に当て、結局、このホールはダブルボギー。 アウトに入って…

今季絶好調の野村

野村敏京 目標の米ツアーに移って技術精神とも大きく成長


米ツアー2勝目で今夏のリオ五輪、日本代表1番手に名乗りを上げた野村敏京はスイングが変わりましたね。 飛距離は以前から出る方でしたが、日本でプレーしていた時はスイングがまだ粗削りでした。手だけでクラブを上げてテークバックが大きく、スイングも目いっぱい振り回す力感が凄かった。 それが最近ではトップ位置がコンパクトになり、ボールをコントロールできるようになっていた。それが好成績につながっています。 日…

米ツアー2勝目をあげた野村敏京

米2勝目でリオ代表当確 野村敏京の処遇で2協会が大慌て


野村敏京(23)が米ツアーで2勝目を挙げ、世界ランク(WR)36位から一気に23位まで浮上し、今夏のリオ五輪出場がほぼ確実になったからだ。 大慌てなのがJGA(日本ゴルフ協会)とLPGA(日本女子プロゴルフ協会)だ。 野村は今年1月の時点でWRは9番手だったため、上位8人の五輪強化指定選手に選ばれなかった。強化選手になると、ドーピングの抜き打ち検査を受ける義務が生じるため、どこにいるのかスケジ…

タフさを身につけた野村

絶好調 野村敏京から目が離せない


米女子ツアーで野村敏京が2勝目を挙げました。 日本選手のシーズン複数回優勝は、2012年の宮里藍の2勝以来、じつに4年ぶりの快挙です。 2月のISPSハンダ豪州女子オープンで初優勝した時は、最終日に前後の組でプレーした世界ランク1位のリディア・コとの競り合いを制しました。 再三のピンチをしのぎ、バーディーチャンスを逃さないしぶといプレーで、コに隙を与えませんでした。 野村の強みは、ドライバー飛距…

野村敏京と宮里美香に“当確”ランプが灯る日も近い

「優勝P」の差が大きすぎ…宮里美香&野村敏京がリオ確実


27位の野村敏京(23)も2つ上がって41位に浮上。42位の大山志保(38)を抜いて日本勢2番手となった。これで60位の上田桃子(29)、61位の渡邉彩香(22)らとの差はさらに広がった。 こうなることは時間の問題だった。 野村は2月、米ツアーで初優勝を飾ったことで同ランクを67位から48位に上げ、日本勢4人を抜いて一気に有力候補に躍り出た。ゴルフの五輪代表選手は、7月11日時点の世界ランク上位…

五輪切符は誰の手に…

ライバルも大慌て 野村敏京の米ツアー初Vに思わぬ“副作用”


米女子ツアーで日本人7人目の優勝(国内開催を除く)を飾った野村敏京(23)が世界ランクを67位から48位に上げ、日本勢4人を抜いて同40位の宮里美香(26)、同41位の大山志保(38)に次ぐ、3番手に浮上。リオ五輪の本命候補に躍り出た(世界ランク上位2人が出場権を得られる)。 野村は今回の優勝で今季の米ツアーすべての試合に出場できることになった。米ツアーの世界ランクの換算ポイントは日本ツアーに比…

野村はイジメをバネに強くなった

反骨を原動力に米ツアー初V 野村敏京はなぜ海を渡ったのか


【ISPSハンダ女子オーストラリアOP】 トップタイ発進の野村敏京(23)が最終日8バーディー、1ボギーの65で回り、通算16アンダーまでスコアを伸ばし、世界ランク1位のリディア・コ(18)に3打差、米ツアー通算40勝のカリー・ウェブ(41)に7打差をつけて、米女子ツアー本格参戦3年目にして初優勝を飾った。 「とても興奮している。ショットが良かったし、パターも信じられないくらい良かった」(野村)…

5アンダーで首位タイになった宮里美香

米女子ツアー開幕 宮里美香&野村敏京トップタイの好発進


【ピュアシルク バハマ・クラシック】 今季米女子ツアー開幕戦は、宮里美香(26)が6バーディー、1ボギーの68で回り、野村敏京(23)とともに首位に並ぶ好スタートを切った。 美香は2013年大会4位とコースとの相性は抜群。イン発進の初日は11番から3連続バーディーを決めると、15番、17番、18番と怒涛の攻撃を見せてターン。折り返してからはスコアを伸ばせず、6番パー4でボギーを叩いて5アンダーフ…

イラスト・小山混

バンカー内アドレス安定のために何度も足を動かした場合


16年米女子ツアー、スインギングスカート・クラシック3日目に野村敏京はプレー終了後に冷や汗をかいた。テレビ視聴者から「6番のバンカーショットでスタンスの場所を作ったのでは?」という指摘があった。競技委員とビデオを確認。「滑ってスタンスが取れなかったので、何度も足を動かした」という野村の主張が認められて「違反なし」と裁定され胸をなでおろした。 この日、野村は3バーディー、2ボギーの71、通算10…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事