日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

横山弘樹特集

決して平坦な道のりではなかった

初先発初勝利 広島ドラ2“雑草”横山にまだまだ伸びしろ


広島のドラ2ルーキー、横山弘樹(24)が、プロ初登板、初勝利。中日打線を八回途中3失点に抑え、堂々のデビュー戦を飾った。 昨秋、NTT東日本からドラフト2位で入団。即戦力右腕としてキャンプから緒方監督を期待させたが、決して野球エリートではない。むしろ、雌伏の時が長かった。 あるスカウトが言う。 「ソフトバンクの武田は宮崎日大高校の2学年後輩です。向こうは高卒でプロ入りし、今やエース格。一方、当…

先発5番手が決まった横山

緒方監督も皮算用 マエケン“15勝の穴”は新人コンビが埋める


岡田明丈(22=大商大)、16日の日本ハム戦で6回1失点と好投した横山弘樹(24=NTT東日本)のドラフト1、2位コンビである。新人に「15勝」の穴埋めができるかは未知数だが、「最初の50試合限定」なら話は別だ。 「昨年のマエケンは8月以降7勝1敗。後半戦に力を発揮したが、出だしの5月いっぱいまでは10試合で4勝4敗と五分。最初から貯金を稼いでいたわけじゃない。緒方監督は開幕投手のジョンソンとベ…

3回を無失点に抑えた横山

開幕ローテ入りも 広島ドラ2横山は“大瀬良の代役”以上の器


戦う前から投手陣崩壊の危機に瀕していた中、首脳陣の表情を明るくしたのがドラフト2位の横山弘樹(23=NTT東日本)だ。 25日、DeNAとの練習試合に先発。3回を投げ、2安打2四球、無失点に抑えた。大瀬良の一報に顔をしかめていた緒方監督も、内野ゴロが6個という安定した結果には満足げ。「先発ローテ入り? こうやって結果を残してくれるんだからね。最初は(ローテの)6番目に入れるかどうかと心配していた…

緒方監督が柱として期待する大瀬良

【広島】マエケンの穴は大瀬良と新人頼み


ならば若手や新戦力はどうか? 即戦力で取った岡田明丈(大商大)と横山弘樹(NTT東日本)は、球の切れや変化球を見る限り一軍で使えそうだ。2年目の薮田と5年目左腕の戸田で「3~4勝してくれたら」と緒方監督は期待を寄せる。 抑え起用が濃厚な右腕のジャクソン(28=パドレス)は、確かに球は速い。松田オーナーも雑談の中で「球が速いから取った」と語っていた。昨季29セーブの中崎と比較して、どちらかが抑え…

剛腕右腕を引き当てるのはどこか

ドラ1候補仙台大・熊原 直球は30球投げ続けても威力不変


チェンジアップにいくつものバリエーションをつけて打者を打ち取っていく実戦力の高さなら、NTT東日本・横山弘樹。 もう一人なら、トヨタ自動車・上杉芳貴の高速フォークだ。入社5年目、遅過ぎるんじゃないか……。そんなためらいは不要。後ろの1イニングで戦力になれる。あとは本人の決断。それだけだ。 ▽安倍昌彦 スポーツライター。1955年、宮城県生まれ。早大卒。アマ時代に捕手としてプレーした経験を生かし…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事