日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

佐藤義則特集

熊本地震の募金活動を行うロッテ伊東監督(手前)

阪神淡路、東日本に続き 震災で商売するスポーツメディア


勇気うんぬんは受け取る側の感じ方の問題です」 ソフトバンクの佐藤義則投手コーチは現役時代の95年、在籍するオリックスの本拠地・神戸が阪神・淡路大震災に襲われた。阪神高速道路神戸線の倒壊映像は記憶に新しい。 オリックスはこの年、「がんばろうKOBE」を合言葉に戦いペナントを手にした。同年8月26日の近鉄(現オリックス)戦では、佐藤投手が40歳11カ月の史上最年長(当時)でのノーヒットノーランを達成…

今季が2年目の工藤監督

転機は6年前…ソフトB工藤監督を変えた“反面教師”とは


就任前に懸念されていた佐藤義則投手コーチ(61)との関係も悪くない。いずれも投手論に一家言ある頭脳派。「必ず衝突する」と周囲は見ていたが……。 「意見の相違はあっても、双方とも互いを尊重し合っている。試合中に話し合うことも少なくない。工藤監督は昨季、シーズン中にも頻繁に投手たちを教える『工藤塾』を開催していたが、佐藤コーチが文句を言うわけでもなかった。工藤塾は主に体力面の指導。技術を教えるコー…

マエケンには…

阪神・藤浪晋太郎 聞く耳を持たないのではなく持てないのだ


ダルビッシュ有も敏腕投手コーチとして名高い佐藤義則の薫陶を受け、我の強さなら天下一の江夏でさえ、先輩エース・村山実に育てられたという。 正直なところ、彼らに比べると藤浪の出会いは微妙である。彼はプロ入り以降、自軍の中で大エース級の先輩投手や実績豊富な名指導者にまだ出会っていない。だから、藤浪の頑固さを語る際は、その前に彼の置かれている環境に目を向けたくなる。それはつまり、10年以上も変わらない阪…

孤独な元怪物がラウンド中に笑顔/(C)日刊ゲンダイ

孤独にじむ“元怪物”…ソフトB松坂大輔のキャンプに密着


「ブルペンに入ると佐藤義則コーチが付きっきりで指導を行うじゃないですか。そうなると松坂も自分のやりたい投球練習ができなくなる。それに松坂は吉井コーチに以前から何度も『フォームをチェックしてください』とお願いしていた。ブルペンでの指導となると、吉井コーチも佐藤コーチに気を使って松坂を指導しにくいでしょうから」 松坂なりの気遣いがあったというのだ。 ■12:01 食堂でランチ 「メニューはいろいろ…

佐藤投手コーチが手取り足取りチェック (C)日刊ゲンダイ

SB松坂困惑…コーチの“過剰指導”でプライドがズタズタ


ソフトバンクの松坂大輔(34)が5日、今キャンプで初となる本格的な投球練習を行ったが、肩慣らしのキャッチボールの段階から、佐藤義則投手コーチ(60)が付きっきりでアドバイスを始めたのである。 事前に松坂が、「長年の悪いクセが抜けないので、チェックをお願いした」と言うものの、「チェック」という範疇を明らかに超えていた。 変化球を交えながら捕手を立たせて24球、座らせて35球の計59球を投げる間、佐…

就任前には大学院で最先端のスポーツ医学を学んだ/(C)日刊ゲンダイ

大丈夫? ソフトB工藤監督と佐藤投手コーチの“微妙な関係”


チーム関係者ですら、「果たしてうまくいくのか……」と今から心配しているのが、ソフトバンクの工藤公康新監督(51)と佐藤義則投手コーチ(60)の関係だ。 「今回の佐藤さんの入閣は工藤新監督の人脈でも希望でもない。楽天前監督の星野(仙一)さんがチームを退団する佐藤さんの働き口を探そうと動いて実現したものです。だから工藤監督と佐藤さんの間には、密な接点もなければ、信頼関係もない。今はどちらもお互いの顔…

休養から復帰した時の星野前楽天監督/(C)日刊ゲンダイ

元楽天コーチ2人をソフトBに押し込む星野仙一氏の“手腕”


前楽天投手コーチの佐藤義則氏(60)と、同内野守備走塁コーチの鈴木康友氏(55)は、すでにソフトバンク入りが内定。その2人の就職先を決めたのは、今季限りで辞任した楽天前監督の星野仙一氏(67)だったからだ。 星野監督が病気で休養中に開催された今年の球宴は、佐藤コーチがパの監督代行を務めることが決まっていた。ところが楽天は急きょ、大久保二軍監督(47)の新代行就任を発表し、球団内の内紛が露呈。 …

言われるうちが花/(C)日刊ゲンダイ

星野仙一氏の甲子園「アポなし訪問」にこれだけの“憶測”


ソフトバンクの王会長に挨拶した後は、阪神の坂井信也オーナーとも談笑したとあって、「ソフトバンク入りが確実視されている佐藤義則、鈴木康友の両氏は楽天の前コーチ。秋山監督が退任、工藤新監督誕生が内定したことでホークス入りには紆余曲折があったようだが、星野さんが王さんに2人を引き取ってもらえるよう頭を下げたというから、そのお礼を言いたかったんだろう」と、ホークスOBが言えば、ある放送関係者からはこん…

球界きっての理論家/(C)日刊ゲンダイ

ソフトB監督内定も 工藤新体制なら投手コーチは“難産”必至


一部スポーツ紙では元楽天コーチの佐藤義則氏の招聘が報じられているが、昔かたぎの佐藤氏が工藤氏と合うとは思えない。11年にDeNA監督就任が決定的となった時には、現中日バッテリーコーチの達川光男さんの入閣に最後までこだわり、フロントがこれを受け入れずに就任は結局、雲散霧消になった。工藤氏自身、人脈が豊富というタイプではないといわれるが、投手コーチにはこだわりたいところだと思う」 工藤氏といえば球界…

和田監督は1年契約で残留/(C)日刊ゲンダイ

巨人に連夜の快勝も 阪神コーチ陣は来季テコ入れに戦々恐々


他球団の編成担当によると、「平田二軍監督はU21の代表監督に専念するらしい」とか、「ソフトバンクは工藤監督就任が決まり、前楽天コーチだった佐藤義則、鈴木康友氏の招聘プランがなくなった。もしや阪神に流れるんじゃないか」との話もチラホラ聞かれる。現コーチ陣は戦々恐々の心持ちでいるのだ。 ■残留か否かはCS次第 が、ここにきてコーチ陣には“朗報”ともいえる話が飛び込んできた。 「球団のコーチ招聘プラン…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事