日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

木村沙織特集

ブログで現役引退を発表

元バレー選手と結婚へ? 木村沙織が今季限りの引退表明


女子バレーボール日本代表のサオリンこと木村沙織(30)が自身のブログで10日夜、今季Vリーグを最後に現役引退すると発表した。 木村は以前から周囲に「(現役は)リオ五輪を最後にする」と漏らしていたが、ブログで「今年で50周年を迎えるVリーグ。ここを自分のバレーボール人生の最後の場所にしたいと思っています」「(背番号)24番から始まった私のバレーボール人生は最後、2番で締めくくりますっ」と語った。 …

中田久美で再建なるか

セッター育成急務 “鬼軍曹”中田久美氏が女子バレー監督に


キャプテンを務めた木村沙織(30)も現役引退を発表したばかり。女軍曹が崩壊した女子バレーの再建に着手する。…

木村沙織(右)は代表引退が濃厚

米に負けメダル逃す 日本女子バレー「世代交代」への不安


世代交代失敗の不安は、荒木絵里香(32)と山口舞(33)に加え、キャプテンを務めてきた木村沙織(29)も代表引退が濃厚となっていることでいよいよ増幅する。経験豊富な彼女らに代わる若手がパッとしなかった。 真鍋監督は今大会での退任が確実視されていて、後任には名セッターとして知られる中田久美(50)の名前が挙がっている。女鬼軍曹は大変な仕事を引き受けることになりそうだ。…

得点を決めて大喜びの石井優木希(12番)

初戦で消えた連続メダル バレー女子準々決勝は米国と対決


試合後、主将の木村沙織(29)は次戦について「ボールがコートに落ちるまで頑張りたい」と前を向いたが、メダルへの道は厳しく険しい。…

元新体操オリンピック選手の田中琴乃さん

元新体操選手・田中琴乃さん “お風呂”は選手の交流の場?


そして、後列にいるのがバレーボールの木村沙織選手と荒木絵里香選手。私は、木村選手の左となり。女子バレーはすでに試合が終了していたので、お声がけして一緒に撮影していただきました。 選手村をのんびり歩いていると、後ろからすごい勢いで競歩の選手が追い越していったり、マラソン選手が走ってきたり。かと思えば、競技を終えて祝杯をあげているチームもいてさまざまです。新体操はマラソンなどと同じ最終日に行われる競…

None

スポーツ中継に明暗 「世界陸上」はサニブラウンが救世主に


木村沙織(29)の最後のW杯のせいか、ポスト木村の19歳アタッカー古賀紗理那の紹介VTR「次世代エース紗理那、進化中!」を番組冒頭や作戦タイムの合間にやたら流す。他のVTRでは、木村が代表入りした年に古賀が生まれたことをナレーションで伝え、木村と古賀のツーショット映像に、「今、ふたりは同じ舞台に立った!」と煽り、木村の引退までに古賀をスターにしたいのがミエミエの演出。試合中もやたら古賀を映す。…

全日本女子バレーのメンバーと真鍋監督(右端)/

女子バレー日本代表がすがる新戦術「ハイブリッド6」の不安


この敗因について主将の木村沙織(28)は「(ハイブリッド6の導入で)各選手は他のポジションでのプレーでも速さ、正確さを求められたけど、完璧ではなかった。個人のプレーばかりに気を取られて肝心のチームプレーが足りなかった」と分析。セッターの宮下遥(20)は「自分が自分がとなる選手ばかりで、それがチームのためにならなかった」と意思統一ができていなかったことを挙げた。 ハイブリッド6は、攻撃を操るセッタ…

木村沙織は例外だ

トルコでは億超え選手も…日本バレーボール界の寂しい年俸


このリーグでは木村沙織(28=現東レ)がワクフバンク(12~13年)、ガラタサライ(13~14年)の2チームでプレー。当時の地元メディアなどの報道によれば、年俸は112万4340ドル(現在のレートで約1億3400万円)だった。トルコリーグ参戦時、木村はトルコ航空や寝具メーカーなど複数の企業とスポンサー契約しており、総収入は2億円を超えていたといわれている。 その木村は昨年、古巣の東レとプロ契約…

W杯で「世界を驚かせたい」とジョーンズHC/(C)日刊ゲンダイ

ラグビー代表HCに聞く 「他競技からスカウトしたい選手」


女子バレーボール代表の木村沙織選手も素晴らしい。高さはもちろん、アスリートとしての全てを兼ね備えていると思いますね」 ――W杯ブラジル大会で1次リーグ敗退に終わったサッカーのザック・ジャパンをどう見ていましたか? 「W杯までの準備に関しては言いにくいことですが……。大会前の強化試合の組み方は果たして正しかったのでしょうか? 豪州のスイミングコーチがこんな話をしていました。大きな大会に臨む前は強化…

新戦術も始動/(C)日刊ゲンダイ

女子バレー ブラジルに完敗も…12年ぶり「銅」の価値


主将の木村沙織は「最低限の目標は達成できた。若手も伸びてきているのでリオで頂点を目指したい」と話した。 ちなみに日本の獲得賞金は10万ドル(約1000万円)。最優秀アウトサイドスパイカーの迫田さおり、同セッターの中道瞳、同リベロの佐藤あり紗の個人賞を受賞した3人は、それぞれ1万ドル(約100万円)を手にした。 ▽グランドチャンピオンズ杯 ブラジル 3―0 日本 (29―27 25―14 25―1…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事