日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

坪田譲治特集

None

連載10039回 昭和ヒトケタ派の残影


(昨日のつづき) 前回、高井有一さんと会ったのは、やはり坪田譲治文学賞の選考の席でだった。 そのとき、高井さんは、椅子に坐ったり立ったりするのが、かなり不自由な様子だった。 「では、お先に失礼」 と、いって部屋を出るときも、少しよろめくような感じの歩き方だった。自分の体調をも含めて、あと何回この席で会えるだろう、と、考えたのは、何か予感のようなものがあったのかもしれない。 選考の場での高井さんは…

「世界地図の下書き」朝井リョウ著


第29回坪田譲治文学賞受賞作。(集英社 600円+税)…

著者の佐川光晴氏

「大きくなる日」佐川光晴氏


11年「おれのおばさん」で第26回坪田譲治文学賞受賞。同作が評判を呼び、以降「おれたちの青空」「おれたちの故郷」とシリーズ化。その他、長年の主夫経験をまとめた「主夫になろうよ!」など著書多数。…

「ままならないから私とあなた」朝井リョウ著


「桐島、部活やめるってよ」で第22回小説すばる新人賞を受賞してデビューし、「何者」で第148回直木賞を、「世界地図の下書き」で第29回坪田譲治文学賞を受賞した著者による最新作。 表題作のほか、結婚式の出席者や恋人役など人間関係をレンタルするサービス業に対して真正面から疑問を呈する男を描いた「レンタル世界」も収録。 どちらの作品も合理的で無駄のないことに価値を置く現代に順応して生きていく人間と、…

None

連載9841回 正月休みに読んだ本


坪田譲治文学賞の候補作品、4冊を読む。 『うたうとは小さないのちひろいあげ』(村上しいこ著/講談社刊) 『ABC! 曙第二中学校放送部』(市川朔久子著/講談社刊) 『空へ』(いとうみく著/小峰書店刊) 『いとの森の家』(東直子著/ポプラ社刊) 4冊読むのに一晩かかった。 児童文学といっても、最近は子供の読みものではない。それぞれ興味ぶかく読んだが、部活ものが多いのが気にかかった。短歌と俳句を若…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事