日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

永島優美特集

スーパールーキーの呼び声高い永島優美アナ/(C)日刊ゲンダイ

フジ社長も評価 永島優美アナに備わる「カトパンにないもの」


体調不良や激ヤセで心配されるカトパンこと加藤綾子アナ(29)に代わり、フジテレビ朝の情報番組「めざましテレビ」のキャスターを務めた永島優美アナ(22)である。 ことし4月に入社したばかりの新人にして、父親で元サッカー選手のスポーツキャスター、永島昭浩氏(50)ゆずりのキリリとした目元が魅力的な美女。おまけに度胸も満点で、ポスト・カトパン最右翼との声も出ている。フジ関係者が言う。 「ウチでは珍しく…

時に声を震わせて

早朝の大地震 フジ三宅アナの“熱烈アナウンス”に驚きの声


めざましテレビを放送していた東京・お台場のスタジオも午前6時ごろから揺れ始め、三宅アナと永島優美アナ(24)が地震情報を読み上げた。それから数分後、津波警報と注意報(現在は共に解除)が発令された瞬間、三宅アナのアナウンスが大きく変わった。 声のトーンがいきなり上がって早口に。緊張感あふれた強い口調で「津波が来ます!」「今すぐ避難してください!」と繰り返し、時に声を震わせながら必死に避難を呼びかけ…

「ZIP!」の川島海荷(左)と「めざましテレビ」の永島優美

朝の情報番組 秋のリニューアルをブッタ切り!


ついでにいうなら、メーンMCの永島優美(写真左上)もフジでスポーツキャスターをしている永島昭浩の娘。さらに生田竜聖もジャニーズ生田斗真の弟とまさに縁故トリオ。 また、ローラを起用して、毎週金曜日に料理コーナーを新設するが、これも「ZIP!」の人気コーナー「速水もこみちのMOCO’Sキッチン」をマネたもの。だったら、もこみち同様、毎日やれよという感じ。なんとも中途半端。ギャラの折り合いがつかなかっ…

猫も杓子もカトパン一色

グラビア挑戦、CM女王も確実視 カトパン最強伝説の幕開け


「めざまし」は新体制で巻き返しを図るも、「どんな話題もそつなく伝える全方位のカトパンの後を引き継ぎ、メーンに昇格した永島優美アナも健闘しているとは思います。けれど、毎朝見るたびに2世アナの看板が頭にちらついてしまう」(コラムニストの桧山珠美氏)という声も。 フジは早くも辞めたばかりのカトパン頼みで、リオ五輪キャスターに起用するともいわれているが……。 「日曜深夜の『スポーツLIFE HERO's…

入社式にはフミヤ夫妻も参加

藤井フミヤ長男の新人アナ弘輝 フジ社内報で明かした酒癖


若手では、元プロ野球、田淵幸一の息子の田淵裕章(34)、ジャニーズ生田斗真を兄に持つ生田竜聖(27)、元サッカー日本代表の永島昭浩を父に持つ永島優美(24)などの存在も。 そのためネット上では2世アナに対し「コネ入社」を疑う書き込みがあふれているが、人気ミュージシャンを父に持つ藤井も例外ではなく、新人としては過分な脚光を浴びている。 慶大時代に結成したロックバンドではドラムを担当していたという藤…

(左上から時計回りに)永島優美、田中萌、宇垣美里、鷲見玲奈の4女子アナ

カトパンの後釜は誰? 民放若手女子アナ「春改編」の勝敗


「注目度抜群なのはフジの永島優美アナ(24)でしょう。フリーになるカトパンに代わって、この4月から『めざましテレビ』でメーンキャスターに。文字通り“後釜”です。バラエティー系というよりも情報系で、実力も安定しています。近い将来、フジを代表する顔になるのは確実です」 フジテレビで次に期待されているのが宮司愛海アナ(24)だ。こちらは永島の後釜。「めざましテレビ」でこれまで永島が担当していた情報キ…

永島優美

カトパンなき「めざまし」に期待したいのは新鮮味と驚き


“カトパン”の後を継いだのが、サッカー元日本代表の永島昭浩を父にもつ永島優美。入社3年目で、おもにニュース原稿を読む情報キャスターからの横滑りだ。コンビを組むのが大先輩の三宅正治ということもあってか、後任の情報キャスターとやりとりしたり、自らコメントすることはほとんどない。 8日はその週にシリーズで続けてきた「満開サクラ絵図」を福島から中継したが、桜だけではなくさまざまな春の花が咲き乱れる景色…

仕事量は減ったが…/(C)日刊ゲンダイ

残留かフリー転身か…フジ加藤綾子アナ“三十路”の分かれ道


むしろ『めざまし』でカトパンの代役をこなした新人の永島優美アナに仕事が集中しています」(フジ関係者=前出)。 残酷だが見切りが早いのもテレビ界。来春で三十路を迎えるカトパンはこのまま残留か、はたまたフリー転身か。…

激ヤセとも報じられたカトパン/(C)日刊ゲンダイ

カトパン退席で長谷川豊氏「フジは雑巾絞るように一人を使う」


どうせ、新人の永島優美アナを次の対象にするつもりなのでしょう。あまりにもワンパターンで見ていて痛くなる。 僕たちアナウンサーはテレビに出るときが本当に楽しいし、そりゃあいろんなものが脳から出てる状態になります。僕も何度も体調を崩していましたが、「とくダネ!」のプレゼン台に立つと瞬間的に平気になりました。終わった瞬間にぶっ倒れますが。 加藤があの笑顔で、どれだけのフジテレビの番組を支えてきたか。し…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事