日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

六川亨特集

手倉森監督はメダル宣言

リオ五輪サッカー代表 FC東京橋本落選に六川亨氏が疑問符


すでに発表されていたオーバーエージ3人枠(DF塩谷=広島、DF藤春=G大阪、FW興梠=浦和)に加えてFW南野(ザルツブルク=オーストリア)、FW久保(ヤングボーイズ=スイス)の欧州組2人も順当に入りましたね」(サッカージャーナリスト・六川亨氏) 手倉森監督は、本大会での目標を聞かれて「あと6回(五輪本大会で)勝てば金メダル。一番上を目指さないとメダルは取れない」と“最低でも銅メダル”宣言だ。 し…

抽選会はAFC本部のあるマレーシア・クアラルンプールで行われた

日本ロシアW杯行きは? B組の対戦相手を六川亨氏が分析


オージービーフ、トムヤムクンをおいしく食べられそうです」 こう話すのは、週刊サッカーダイジェスト元編集長の六川亨氏である。 12日、18年ロシアW杯アジア最終予選の組み合わせ抽選会が行われ、FIFA世界ランキングが57位の日本はオーストラリア(50位)、サウジアラビア(60位)、UAE(68位)、イラク(105位)、タイ(119位)と同じグループBに入った。そこで六川氏が、冒頭のコメントの意味合…

大久保が“救世主”になれるか (C)真野慎也/JMPA

ギリシャ戦の切り札 「本田と大久保で“Wゼロトップ”」提言


現地で取材を行っているサッカージャーナリスト・六川亨氏が言う。 「コロンビア戦途中出場のエースFWミトログルは、右膝痛も癒えているので日本戦に先発してくるでしょう。DFの背後をスパッと突いていくスピードと高さ(身長188センチ)を兼ね備えた実力派ストライカーと相対するDF吉田は、難しい対応を迫られる。コートジボワール戦で何度も突破され、2失点の原因となった左サイドの攻防もキーになる。セリエA・ロ…

「サウジ戦は重要な試合」と話すハリルホジッチ監督

大一番サウジ戦控え “崖っぷち”ハリル監督の精神状態は?


サウジアラビア戦前日(14日)のハリルホジッチ監督の印象を元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏は「精神的に落ち着き、戦闘モードと冷静さがバランス良く同居していた」と話す。 W杯アジア最終予選B組で3位と低迷。「サウジ戦に勝っても解任」という噂が流れる中、11日のオマーン戦で2得点のFW大迫ら新戦力が好パフォーマンスを見せ、ピリピリモードだったハリルホジッチ監督の機嫌を良化させた。六川氏が続ける…

DF冨安はベトナム戦の後半から出場

アジア選手権決勝進出 U-19世代は東京五輪で活躍できるか


スピードが武器の京都橘高FW岩崎はベトナム戦で温存されたが、彼もまた東京五輪で活躍が期待できる」(サッカーダイジェスト元編集長・六川亨氏) ベトナム戦はベンチだったMF堂安(G大阪)や背番号10を任されているMF坂井(大分)も東京五輪メンバーの有力候補。ベトナム戦2ゴールの中村、先制点の岸本、左右のSBを器用にこなすDF初瀬(G大阪)は、ベトナム戦で左SBとして先発し、左足で好クロスを何本も放り…

本田は「ぶっつけ本番でもあの1本を出せてホッとしている」とコメント

本田頼みと珍交代で豪と分け 「ハリルの限界見えた」の声


現地取材の元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が言う。 「オーストラリアの平均身長185.5センチに対して日本は179.5センチと上背を含めたフィジカルの差は歴然。今までのオーストラリアのようにフィジカルの強さを前面に押し出し、徹底して空中戦を挑んできた方が、日本としては戦いづらかった。ところがオーストラリアは、グラウンダーのボールをつないでポゼッションを高める戦術を取り入れている真っ最中。1…

苦肉の策…結果はどう出るか?

苦戦必至の豪州戦 ハリル苦肉の策“本田1トップ”は正解か


現時点で攻撃系選手は1トップに本田を、トップ下にMF清武弘嗣(26=セビリア)を置き、右FWにスピーディーな突破力が魅力のFW浅野拓磨(21=シュツットガルト)、左FWに好調キープのFW原口元気(25=ヘルタ)を配するのがベストの布陣と思います」(現地取材中の元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏) 難敵相手にハリルホジッチ監督は本田をどう使いこなすか――。…

精力的に動き回った

ハリルどう使う? 横浜M斎藤はイラク戦・豪戦の秘密兵器


今合宿では、いじられ役としてムードメーカーにもなっており、日本代表の重要な戦力の一人と言っていいでしょう」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏) この「ブラジルW杯以降」には意味がある。 斎藤は、ザッケローニ元代表監督時代、14年ブラジルW杯メンバーに入った。しかし、FWでただ一人、出場機会なしという屈辱を味わった。 「W杯2戦目のギリシャ戦で日本は引いて守る相手を攻めあぐみ、ここでドリブラ…

今後の去就は…

協会の思惑も後押し “ハリル解任論”タイ戦勝利でも消えず


タイのメッシと呼ばれるドリブラーのMFチャナティップ、スペイン1部でプレー経験のあるFWティーラシンは個人で局面を打開できず、かといってチーム全体が連係しながら攻めていくシーンもなかった」(現地取材の元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏) 今後、日本は10月6日に埼スタでイラクと戦った後、同11日にグループB組首位のオーストラリアと敵地で戦い、11月15日には埼スタでサウジアラビアと対戦する。…

5日の練習で険しい表情を浮かべるハリルホジッチ監督

ハリル監督は背水の陣 タイ戦勝っても内容次第で解任ある


チーム全体が良い意味でピリッとした緊張感に包まれていた」(サッカージャーナリスト・六川亨氏) ■引き分けでも… タイに勝って、初戦UAE戦逆転負けの悪夢を払拭したいハリルホジッチ監督だが、その首筋の周辺にはヒンヤリとした空気が流れているという。 タイ戦に負けないまでも、引き分けて勝ち点1止まりだったり、勝っても試合内容がイマイチだった場合、指揮官のクビが飛んで「最終予選中に指揮官交代という非常事…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事