日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

オークション特集

シンワアートオークションの倉田陽一郎社長

シンワアート倉田陽一郎社長 腹をくくって経営に専念


99年から投資顧問会社の顧客となっていたシンワアートオークションの経営に深く関わることになったのだ。 同社は旧態依然の日本の美術品市場を変えようと、5人の美術商が集まり89年に設立。だが、経営のノウハウがなく、欧米型の公開取引を広めたいという思いとは裏腹に伸び悩んでいた。そこで、美術にも造詣が深い倉田氏に顧問に入ってもらうことにしたのである。倉田氏は同社で初めての中期経営計画の策定に取りかかり、…

自身の贋作がオークションで出回った

オークションに贋作が…片岡鶴太郎が衝撃の被害を告白


実は僕の贋作もオークションに出品された」と衝撃の告白をしたのだった。 「その贋作を草津にある片岡鶴太郎美術館の館長が買っちゃったんですよ。僕の作品を数多く見ているのに。それだけ贋作は巧妙なんですが、僕も鑑定しなくちゃいけないから大変。ハハハ」 40歳から絵を描き始め、「アカデミックな教育は受けていないけれども、絵画の世界は知れば知るほど面白い」とも語っていた。マッチや坂上二郎のモノマネをしていた…

なぜかヤフオクで人気

松島前大臣はヤフオクで1万円超「政治家うちわ」誰が買う?


オークションサイトでは、松島前大臣のうちわが多数出品され、そこそこの値がついている。「ヤフーオークション」で落札相場を調べてみると、最高値は、なんと1万6500円。持っている人からすれば、十分に価値を生む代物になる。 表に「法務大臣松島みどり」と書かれてあるところを見ると、入閣後に新たに作られたものらしい。そのあたりもレアな感じがして人気なのかもしれない。 ■蓮舫参院議員は半値 一方、松島前大臣…

青学大卒の才女でもある

グラドル小林恵美 「手取り3万円」どん底時代のタケノコ生活


■芸能人「小林恵美」はバレたことない そんな時に助けられたのがグラビアバブル崩壊前からお世話になっている「ヤフーオークション」。着なくなった洋服やアクセサリー、小物、それに靴を出品したら、意外なほど売れました。1000円、2000円単位じゃなく、ときには1着ン万円とかね。となると、タンスや衣装ボックス、小物ケースに眠ってるのは、金額こそ売れるまでハッキリしないけど、預金みたいなものなんです。 …

None

6/25~7/1のあなたの運勢


☆9月生まれ☆ ネット通販やオークションにツキあり。欲しい物を発見したら即決しよう。黄と2が吉。 ☆10月生まれ☆ 臨時収入の可能性大。金運上昇は木曜。ナンバーズやロトにチャレンジを。橙と8が吉。 ☆11月生まれ☆ 心地良い環境が運気を高める。新たなリラックス方法に挑戦すると開運に。赤と7が吉。 ☆12月生まれ☆ 判断力と決断力が冴える週。最近ご無沙汰な人に連絡すると有益な情報が。桃と3が吉。…

民進党の調査チーム

パナマ文書で“謎上げ” 「シンワアートオークション」


日本の近代美術を中心として、近代陶芸やワイン、ブランド雑貨、時計、宝飾品なども手掛ける国内最大級の美術品オークション会社であるシンワアートオークション(2437)です。 同社は、2000万円以上の高額落札作品における市場シェアでは業界トップの約45%を占めており、美術品に対する専門性の高さや富裕層マーケティングによる人的ネットワーク、豊富な実績に裏打ちされた信用力やブランド力などを強みとして、業…

武道館前はファンであふれかえっていた

不倫醜聞でも武道館満員 ゲス川谷の人気はホンモノなのか


チケットの販売が芳しくなく、オークションサイトでも売れ残っているとかで、ネット上では彼らのヒット曲「ロマンスがありあまる」に引っ掛けて「チケットがありあまる」と揶揄する書き込みもちらほら。 ところが、実際に記者が足を運んでみると会場は満員御礼状態! ダフ屋が出るほどの盛況ぶりで、肩すかしをくらってしまった。 高松、岡山、広島に続くステージで声が枯れ気味だったことも影響したのか、普段は冗舌だとい…

宮坂ヤフー社長(左)と三木谷楽天会長兼社長

ヤフーと楽天は「社員の待遇」でも急成長が見込まれる


ネットオークション、ショッピングモール、プロバイダー事業でも有名です。 売上高は楽天が2851億円ほど上回っていますが、経常利益ではヤフーが勝っています。それにしても、ヤフーの売り上げに対し半分が利益というのはスゴイですね。 では、初任給から見ていきましょう。 楽天のビジネス総合職は月30万円~(14年度実績)。月40時間の残業代もこの金額に含まれていますが、初任給としては高額といえます。エンジ…

都条例違反の可能性も

1泊30万円超スイートに…舛添知事「海外豪遊出張」の中身


東京五輪エンブレムのパクリ問題で都製作の紙袋が無駄になった際、「オークションにかけて、少しでも(費用を)取り戻せるなら税金の無駄遣いの防止につながる」なんてエラソーに言っていた舛添知事だが、よく言うよだ。 昨年10月27日から7日間の日程で訪れた「パリ・ロンドン」の出張に費やした血税は総額5042万円。参加人数は舛添知事を含めて20人だから、1人当たりの旅費は252万円だ。 「舛添知事は日本航…

イベントはわずか3分だった

ブーイングの嵐 マドンナ遅刻理由は“宗教的ルーティン”か


気分次第でドタキャンなんて腐るほどあります」(興行関係者) そのたびに振り回されるコーディネーターや関係者は冷や汗だろうが、今回のような報道陣向けのイベントはともかく、13日の公演はSS席が5万円という高価格で、オークションでは約30万円にも跳ね上がるなどプラチナチケット化。遠方から会場に来ていたにもかかわらず、終電のために一曲も聞けずに席を立ったファンは泣くに泣けない気持ちだろう。 それにして…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事