日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

ハーバード特集

今日の新刊

「数学者たちの楽園」サイモン・シン著 青木薫訳

その一人、アル・ジーンは数学の英才教育プログラムを受け、16歳でハーバード大学に入学する。彼は数学の研究と、コメディー脚本のどちらを選ぶか悩んだが、世界一長い歴史をもつユーモア雑誌「ハーバード・ランプーン」の執筆に加わる。同じように数学の才能をもつマイク・レイスと知り合い、「ザ・シンプソンズ」のメンバーになる。 人気アニメを支える天才たちと、番組の数学問題の解き方を…

ベストセラー早読み

「ハーバードの人生が変わる東洋哲学」マイケル・ピュエットほか著、熊谷淳子訳

ハーバード大学の中国哲学の講座で繰り広げられるこうした同教授の講義には、学生が殺到しているという。 有名なトロッコ問題(暴走したトロッコの線路上に5人おり、ポイントを切り替えれば5人を助けられるが、別の線路上にいる1人を殺すことになる時どうするか)のような問題設定を中国哲学は行わない。とっさのときにどう動くかは理性だけでは到底答えを出せないからだ。 日々の行動に目を…

気になる新刊

「ハーバード式病気にならない生活術」浦島充佳著

食事と運動による病気予防・改善はハーバード大学が取り組んでいる、医学研究の最新の方向性だという。本書は毎日の食事や運動が薬以上の効果をもたらすことを教えてくれる。 面白いのは低脂肪食、糖質制限食、地中海食の3つを比較してどのくらい痩せたかを調べたイスラエルの研究。半年・2年後では糖質制限食が断トツの減量だったが、6年後では逆に地中海食に軍配が上がった。 つまり、糖…

None

必要なのかこの人 社外取締役名鑑

旭硝子など【江川雅子】「株主を重視しない経営」の続編を書くつもりですか

東京海上ホールディングス(HD)と三井不動産が、東京大学理事、ハーバード・ビジネススクール日本リサーチ・センター長として日米のトップ大学の経営にかかわった江川を射止めた。 東京海上HDが社外取締役とした理由は「長年の金融機関での実務経験、コーポレートガバナンスに関する研究活動および国立大学法人東京大学における役員としての経験を通じて培われた企業経営等に関する見識に基…

この人は女医を演じる女優…

米130万人調査で判明 女医にかかる方が死亡率低い不思議

ハーバード公衆衛生大学院」の研究員・津川友介氏が論文として発表した。 調査は、肺炎や心疾患などで内科に入院した米国の65歳以上の高齢者130万人が対象。入院してから30日以内の死亡率は、女医の担当患者では11.1%、男性医師は11.5%で女医が0.4ポイント低い。また、退院してから30日以内に再び入院する再入院率も、女医が15.0%、男性医師が15.6%だった。こ…

「人類は絶滅を逃れられるのか」スティーブン・ピンカーほか著、藤原朝子訳

肯定派はハーバード大学の認知心理学者スティーブン・ピンカーと英国貴族院議員で科学ジャーナリストのマット・リドレー。対する否定派は、ジャーナリストでベストセラー作家のマルコム・グラッドウェルとスイス生まれの哲学者アラン・ド・ボトン。肯定派は具体的な数値を示して過去50年間で貧困、戦争、疫病などが確実に減少していることを指摘。一方否定派は、グローバル化と高度情報化の裏に…

医療関係者の間では常識に

本当は怖い!歯の病気

がん、心臓病、肺炎…死に至らしめる病は歯周病菌に通ず

ハーバード大学が5万人の男性を追跡調査したところ、歯周病のある人はそうでない人よりも64%も膵がんになるリスクが高かったそうです。また、食道がんの細胞の中から歯周病菌のひとつである『トレポネーマ・デンティコーラ』が高い割合で検出されたという国立がん研究センターの報告があります。英国の研究グループが歯周病歴のある男性の医療従事者を調べたところ、肺、腎臓、血液のがん…

写真はイメージ

当事者たちが明かす「医療のウラ側」

米大学が研究 アルツハイマー病は“脳の感染症”が原因?

ハーバード大学の研究グループは、アミロイドβをたくさんつくり出すマウスと普通のマウスの脳に致死量の細菌を入れたところ、前者はアルツハイマー病患者にみられるようなプラークを脳に形成して、その中に細菌を閉じ込めて生き延びたのに対して、後者はプラークが形成されずに死亡したそうです。このことから、アミロイドβは脳の感染症に対抗するために必要な物質ではないか、と推測されると…

シェルターで検査を受けるクラック依存回復中の40代女性

ニューヨークからお届けします

全米中に衝撃…同国の「自殺率」が過去30年で最高に

ハーバード大学のロバート・プットナム教授はニューヨーク・タイムズの取材に対し、「アメリカでは貧困が広がる中、絶望感とともに健康もむしばまれていく現状を、データがはっきり示した」と指摘しています。…

加齢黄斑変性症の手術をするメドスター・ジョージタウン大学病院のラストベーダ―博士(右)チーム

ニューヨークからお届けします

盲目治療に成功? 米フロリダ医師の「報告」が世界に衝撃

ボルティモア・サン紙によればワイス医師は、ハーバード大学で教壇に立った経験はあるものの、現在はどこの大学や政府機関にも属さず、独自で幹細胞研究を行ってきました。その治療法は、患者の腰骨の骨髄から抽出した幹細胞を、網膜またはその周囲、あるいは視神経に注入するものです。治療費は約2万ドル。患者のベルトンさんは、この治療で店の看板が読めるまで視力が回復したといいます。 …

“造語”の肩書って何?

ショーンKと同じなのか 高市早苗大臣に「経歴詐称」疑惑

テンプル大卒も、パリ第1大留学も、ハーバードMBAも、すべてウソだったというのだから、今までバレなかったのが不思議なくらいだ。恐らく、海外の経歴なら誰も調べないと高をくくっていたのだろう。 今「ショーンKと同じように経歴を詐称しているのではないか」と、高市早苗総務大臣(55)に経歴詐称疑惑が浮上している。 高市大臣は「議会立法調査官」として、アメリカ議会で働いていた…

経歴詐称で活動自粛したショーンK

嘘まみれショーンKに専門家「反社会性人格障害」疑い指摘

米テンプル大で学位、ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得し、パリ第一大学に留学……なんてピカピカの経歴はぜ~んぶ嘘。「年商30億円」も嘘で、本名も「川上伸一郎」。“小さな嘘”では済まされそうもない。犯罪心理に詳しい臨床心理士の矢幡洋氏は「一般論ですが」と前置きしてこう続ける。 「ひとつ考えられるのは反社会性人格障害です。これは凶悪犯罪者に多いイメージがあり…

サンキュー!ショーン

巻頭特集

経歴詐称のコメンテーターよりも悪党たちが官邸にいる

ハーバード・ビジネススクールでMBA取得」といった輝かしい学歴にとどまらず、「年商30億円の敏腕経営コンサルタント」という肩書もウソ。「ニューヨーク出身」という生い立ちや「ショーン・マクアードル」という名前までウソ八百だったのだから、北朝鮮の工作員も真っ青の「なりすまし」ぶりである。 イカれているのは、報ステのスタッフも同じだ。ちょうど1年前の「I am not…

渦中のショーンK氏

高校時代は和風顔 ショーンK氏は経歴も名前も“全部ウソ”

ショーン氏はこれまで公式HPなどでは日本の高校を卒業後、米テンプル大で学位を、ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。その後、パリ第一大学に留学をしたという輝かしい学歴を掲載していたが、これが全部ウソだったのだ。同誌の取材にショーン氏は「学位はとっていない」「オープンキャンパスの中で聴講した」などと回答。「ホームページは知らないうちに間違った文章が載っていた」…

やはり慎重になるべきか

世界中で警告続々 「糖質制限ダイエット」は本当に安全か

米国のハーバード大学は、「糖質制限食を続けると心筋梗塞や脳卒中の発症率が高まる」と、12年に英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」で発表している。スウェーデンの30~49歳の女性4万3396人を対象に食生活を調査し、約16年間、心筋梗塞や脳卒中などの発症を追跡したところ、「低炭水化物・高タンパク質」のグループは、そうでないグループに比べて発症リスクが最…

中松義郎さん

愉快な“病人”たち

発明家 中松義郎さん(86) 前立腺導管がん

ならば、がん先進国のアメリカへと、ハーバード大学、マサチューセッツ工科大学に行っても、導管がん患者自体が非常に少なく、治療実績がない。治療法も単なる提案にすぎない。 これは自分自身で治療法を“発明”するしかない。フロッピーディスクを発明したのは東大2年のころで、実現化したのは25年後。でも、余命宣告から考えると、今回はそうはいきません。 そこで「がんに勝つ10の方…

None

日本外交と政治の正体

ロシア元副首相射殺にちらつく米国とウクライナの影

近く小冊子を発行する予定で、共著者はハーバード大学博士号を取得した女性だ。米国と強いつながりを持ち、過去に「FSC」(ロシア連邦保安庁)=「旧KGB」(国家保安委員会)の暴露記事も書いている。 ウクライナ問題は一時、西側寄りの姿勢を示していたヤヌコビッチ政権がロシア側との協調を図ったことを契機に民衆の反対運動が発生し、ヤヌコビッチが追放されたことに始まる。そして、こ…

ザッツエンターテインメント

違う人生を見せてくれる海外文学にハマろう編

(国書刊行会 2400円+税) ハーバード大学で認知心理学教授を務めるアリスは、講演の途中で言葉に詰まった。次の言葉が出てこない。更年期のせいかと思ったが、医師は、いろいろな症状の中でアリスが一瞬、方向感覚を失って自分がどこにいるか分からなくなったことに注目した。 検査の結果、医師は若年性アルツハイマー病という診断を下す。アリスは息ができなくなった。夫にも言えず、自…

None

気になる新刊

「『糖質制限』は危険!」石原結實著

ハーバード大学の研究では、20年にわたる糖質制限で糖尿病の発症率が高まることが明らかになっているという。糖質制限を始める前に、読んでおきたい。(海竜社 1200円+税)…

日常的に体を動かすことが大事

“積み重ね”が重要 1時間に「2分間」の軽い運動で健康増進

ちなみに、ハーバード大学の調査では、テレビを見る時間が2時間延びれば、肥満のリスクが25%アップするという。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事