日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

橋本真特集

【日曜京都8R・なでしこ賞】強烈に受け継ぐ砂血統 ビーチマリカの2連勝


浜中を背に、ゲートへの寄り→駐立→発馬を2度繰り返して(再審査は2回がノルマ)合格となったが、「受かった喜びと、レースに行って無事出てくれるのかという不安が半々」と担当の橋本真助手。まさに本音だ。〝個性派〟が減るのは一ファンとしてうれしくない。11月12日の復帰戦、観月橋Sは、静かに見守ってあげてほしい。 【京都8R・なでしこ賞】 ここ◎ビーチマリカも、ダートの個性派になれる牝馬だ。 新種牡馬…

None

【日曜阪神11R・ローズS】出走全馬の厩舎情報


春とはちょっと違います」と橋本真助手。反撃態勢は整った。…

自身はビール1杯で眠くなってしまうとか

宴会場がリングに 蝶野正洋さん語る“旅館破壊事件”の凄惨


同世代では武藤敬司や亡くなった橋本真也。2人とも強いし大好き、飲みっぷりがいいから、どこ行っても引っ張りだこ。武勇伝はたくさんあるんじゃないの。 ■UWFとの懇親会での大事件 新日時代の酒の大事件といえば、やっぱり86年の水俣旅館破壊事件だろうね。当時、前田日明さん率いるUWFが新日のリングに戻ってきて、プロレスのスタイルが違う上に、団体間のトップレスラーたちも本をただせば先輩後輩の関係、選手…

顔面ストッキングでアナウンス部から注意も

タイツ水着まで…テレ東・狩野恵里アナ“体当たり”の魅力


またタイツ風水着で橋本真也に扮すると、家族から『嫁入り前なのに』と眉をひそめられたと聞いています。狩野も『これでニュースを読めなくなるかも』と躊躇することもあったのですが、体当たりを続けているうちに、次第に寛容度がどんどん広がり、最近では『おもしろいね』と好評ですよ」(テレビ関係者) 29歳で出版、さらに昨年から念願のスポーツ番組にも起用という異例の抜擢。今後はオリンピック、世界選手権、ワールド…

辻よしなりさん

フリーアナ辻よしなりが語る 「佐々木健介&北斗晶」結婚秘話


参加選手は猪木さんはじめ先日、文部科学大臣に就任した馳浩、蝶野正洋、佐々木健介、今は亡き橋本真也。米国からは、リック・フレアー、スコット・ノートン、さらに新日本マット初参戦の女子レスラーとして北斗晶、ブル中野らそうそうたる顔ぶれです。当然、私たち「ワールドプロレスリング」も中継しました。 ■異様な雰囲気に包まれた平壌の祝典 平壌へは航空機の定期便がないので、高麗航空機をチャーターして、選手やス…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事