日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

荒川静香特集

イナバウアーでン億円/(C)日刊ゲンダイ

「2億円豪邸」を即金でポンッ 新婚・荒川静香の稼ぎっぷり


発売中の女性自身によると、トリノ五輪“イナバウアー”金メダリストの荒川静香(32)が昨年6月に新築した地下1階、地上3階建ての豪邸は、驚くべきことに無借金で購入したものだという。その額、ナント推定2億5000万円。名義は100%荒川で、夫のカネは1円も含まれていないんだとか。 荒川は昨年暮れに有名医大卒の外科医と結婚。夫婦仲は円満で、現在妊娠5カ月。夫婦でマタニティー教室に通っている姿が目撃され…

五輪金メダリスト/(C)日刊ゲンダイ

新郎の元カノが激白! 荒川静香の“夜のイナバウアー”


06年のトリノ五輪女子フィギュアスケート金メダリストで、プロスケーターの荒川静香(32)は、日本テレビ系の五輪番組でメーンキャスターを担当。現地に乗り込み、リポートや解説などでフル回転する。 そんな荒川は新婚ホヤホヤ。昨年12月29日の自身の32歳の誕生日に、かねて交際していた30代外科医のA氏と入籍。当初は相手の職業経歴など全てが非公表だったが、1日に放送された「メレンゲの気持ち」(日テレ系)…

駆け込み寺/(C)日刊ゲンダイ

高橋大輔も鈴木明子も頼りにする 荒川静香の“アネゴ肌”


にこやかに撮影に応じているのは、トリノ五輪フィギュア金メダリストの荒川静香(32)。都内で行われた、ソチ五輪公式記念コイン発売イベントでのひとコマだ。 この金メダリスト、ソチに出場するフィギュアスケーターから何かと頼りにされている。高橋大輔(27)の姉貴分なのは知られているが、浅田真央を抑えて優勝した昨年12月の全日本選手権直前には、鈴木明子(28)から「調子を落としてジャンプに自信がなくなりま…

「トリプルスリー」が流行っていたかは知らないが

流行語大賞「五郎丸ポーズ」ではなく「トリプルスリー」で良かった


岩崎恭子「今まで生きてきた中で一番うれしい」 有森裕子「初めて自分を褒めたい」 北島康介「なんも言えねえ」 荒川静香のやった「イナバウア~」は技の名前だから言葉。それよりも、飲み屋で「いなばうあ~」とやってみせてぎっくり腰で搬送されたジジイを知っている。流行りに浮かれて度を越した哀れな例だ。 そういう言葉があるかどうかなど、この際どうでもいい長嶋茂雄の「メークミラクル」。言いかえれば「予想だに…

川島なお美さんの通夜と弔問に訪れた石田純一

石田純一が懺悔…川島なお美さん「失楽園」主演は代役だった


通夜には秋元康、松嶋菜々子、片岡愛之助、中島美嘉、荒川静香など、各界の著名人1500人が参列。その中で、「謝らなくちゃいけないことがあって……」とうつむいていたのは石田純一(61)だ。石田は「『失楽園』は渡辺淳一先生が僕をイメージして書いたと聞いて、ドラマ化のときは主演に決まっていた。僕が推していた女優さんもいた」と、川島は本来“代役”だったことを明かした。 「結局、僕が報道番組(スーパーJチ…

写真=安藤美姫のインスタグラムから

元恋人・南里康晴の父激怒で再燃する安藤美姫バッシング


パーティーに出席したのは、浅田真央(24)や織田信成(27)、パトリック・チャン(23)や小塚崇彦(25)、荒川静香(32)ら錚々たるメンバー。婚約者を捨てたハビエルと唐突に“結婚宣言”した安藤を素直に祝う気になれないのも無理はない。 12月12日から行われるグランプリファイナルは、ハビエルの祖国スペインで行われる。どうやら安藤も応援に駆け付けるらしいが、そこでハビエルが惨敗なんて結果になれば……

安藤美姫がインスタグラムにアップした2ショット

関係者は沈黙…安藤美姫の「結婚宣言」誰にも祝福されない謎


フィギュア関係者では荒川静香(32)、鈴木明子(29)、村上佳菜子(20)、本田武史(33)、無良崇人(23)、村上大介(23)などが安藤のツイッターをフォローしているが、みなスルー(26日午後6時現在)。現役、引退組を問わず、互いにツイッターをフォローし合うケースが多い中、織田信成(27)、村主章枝(33)、浅田舞(26)はつながってもいない。 “恋多き女”でスッタモンダが尽きないものの、安…

過去最高収入を更新中/(C)日刊ゲンダイ

織田信成 評価うなぎ上りの秘密は“号泣”と“冷静”のギャップ


佐野稔さんのようなベテランゆえの“上から目線”や毒気もなく、荒川静香さんのような堅苦しさもなく、聞きやすかった。バラエティーで見せる顔とのギャップも大きいので、より引きつけられました」(前出の川内氏) 先月放送されたバラエティー番組「世界一受けたい授業」では「収入が過去最高になって、氷に乗る日数が過去最低になった」と明かしていた織田。 この分だとスケート靴を履く機会はますます減るのは確実なだけに…

会見する村主章枝/(C)日刊ゲンダイ

女子フィギュア村主章枝が引退会見 「この辺が潮時かなと」


1歳下の荒川静香はトリノで金メダルを獲得。その後結婚し、6日に第1子を出産した。村主の心境に何か変化をもたらしたのかも知れない。…

荒川静香は“不変”/(C)日刊ゲンダイ

フィギュア競技とは似て非なる「アイスショー」の難しさ


その厳しい世界で際立つ存在なのが、荒川静香さん(32)です。 金メダルを獲得された06年のトリノ五輪後に引退。プロ転向後はショーの出演だけでなく、企画、演出も手掛けられているのに、いまだにスケート技術が衰えていないのです。 その凄さを感じさせられたのがバンクーバー五輪後の11年9月。連続3回転ジャンプの習得に励んでいる頃のことでした。 偶然、名古屋で用事があった荒川さんが練習がてらにリンクを訪…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事