日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

山谷えり子特集

国民不信の原因を作った張本人/(C)日刊ゲンダイ

山谷えり子大臣 今度は「統一教会」との親密関係が問題視

10日の閣議後会見で、野党のヤジが批判されていることについて、こう言っていた山谷えり子大臣。自分こそ、ヘイトスピーチ団体元幹部との“記念撮影”など、国民不信の原因をつくっている張本人なのに、よく言えたものだ。海外メディアからもバッシングを受けている。 だが、霞が関で「ヘイトスピーチ団体よりもタチが悪い」とささやかれ始めているのが、「統一教会」との関係だ。 統一教会…

のらりくらりと…/(C)日刊ゲンダイ

外国人記者も総攻撃 山谷えり子大臣「ヘイト問題」で大炎上

ヘイト集団との関係が取りざたされる“渦中”の山谷えり子拉致担当相が25日、外国特派員協会で会見。予想通り、外国人記者から集中砲火を浴びた。 本人は拉致問題でスピーチに来たつもりだったようだが、外国人記者の関心は「在日特権を許さない市民の会」(在特会)元幹部らと一緒に写真撮影していた一件のみ。質問した9人中6人が“在特会との関係”に厳しく切り込んだ。 タイムズの記者が…

ヘイト問題で火ダルマ/(C)日刊ゲンダイ

安倍内閣 お友だち・お飾り大臣を裸にする

山谷えり子拉致担当相 極右に加え「渡り鳥」「無節操」の過去

山谷えり子拉致担当相(64=参院比例2回、衆院1回) 拉致問題は二十数年にわたり取り組んできたテーマ。入閣前には、自民党の拉致問題対策本部長を務めた。06年には、横田めぐみさんの母・早紀江さんとホワイトハウスを訪問、ブッシュ大統領(当時)に、協力を頼んだ。 「入閣直前の8月中旬、安倍首相の母・洋子さんのモンゴル訪問にも同行しています。モンゴルは“日朝交渉の仲介の場…

コロンビア大学で講演する安倍首相/(C)AP

国連が問題視する「安倍政権」と「ヘイトスピーチ」の親密関係

ヘイトスピーチを取り締まる側である国家公安委員長の山谷えり子大臣は、在特会の幹部と古くから付き合いがあり親しげに記念写真を撮っている。さらに、ニュースサイトの「リテラ」によると、安倍首相も在特会の幹部とツーショットを撮っているという。現在、幹部のホームページからは削除されているが、首相はニコニコとほほ笑んでいるという。 現職の総理大臣と国家公安委員長が「ヘイトスピー…

人材は多いわけじゃない/(C)日刊ゲンダイ

目玉候補は誰だ? 9月内閣改造「女性大臣枠」6人の名前

ほかには、第1次安倍政権で首相補佐官を務めた山谷えり子、『安倍チルドレン』の丸川珠代、橋本聖子が有力です。橋本さんは五輪担当相といわれています」(永田町事情通) ■安倍政権に批判的な議員入閣の“逆サプライズ”も 女性議員のPR合戦にも熱が入り始めた。丸川珠代は、フェイスブックに「安倍総理を命がけでお支えします」と書き込み、高市早苗政調会長は、党内で異論が出ても「これ…

出馬を断念した野田聖子前総務会長

容赦ない野田氏潰しで露呈…安倍首相の「女性活躍」は大ウソ

女性閣僚に抜擢された山谷えり子氏、高市早苗氏、有村治子氏といった自民党の中でも際立ったウルトラ右翼。政調会長に抜擢された稲田朋美氏だってそうだ。「すべての女性が輝く社会」とか言ってるくせに、政策のほとんどが上から目線、男性目線だ。30代半ばまでの妊娠・出産を奨励する「女性手帳」を配布しようとしたものの、女性から猛烈な批判を浴びて断念。一方で、第3号被保険者制度や配偶…

佐藤ゆかり衆院議員

枚方市長選 “嫌われ者”佐藤ゆかり議員のせいで分裂選挙に

当然、怒り心頭で今回のようなことになったんや」 佐藤氏も黙っていなくて、難波氏に為書きを送った国家公安委員長の山谷えり子氏に抗議したというが、「あなたに言われる筋合いはない」と逆に一喝されたという話が流れている。 一方、自民が分裂したことで喜んでいるのが維新だ。維新は元府議で新人の伏見隆氏を擁立し、橋下市長の引退表明後、初めての対決型の選挙となる。維新幹部は「佐藤ゆ…

ただでは済まない(左から望月、宮沢、西川の各大臣)/(C)日刊ゲンダイ

変わらぬ顔ぶれ…第3次安倍内閣「政治とカネ」再び炎上へ

さらに、地元老人ホーム事業の「口利き」疑惑が報じられた塩崎恭久厚労相のほか、ヒトラーを崇拝するネオナチ団体「国家社会主義日本労働者党」の代表や、在日韓国・朝鮮人の排斥を訴える「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の幹部らとそれぞれ写真を撮っていた高市早苗総務相と山谷えり子国家公安委員長など、“火種”がくすぶる問題大臣はワンサカいる。 小渕優子前経産相のデタラメ政…

詳細な病院見取り図/(C)日刊ゲンダイ

仲介者が激怒「証言した脱北者を横田夫妻に会わせてもいい」

「2006年、横田めぐみさんの夫は拉致韓国人であると発表したのは崔会長ですし、当時補佐官だった山谷えり子拉致担当相とも会っています。彼はその後、朝鮮日報記者の紹介で、安倍首相とも昼食をとっています。それだけに今回、安倍首相に“信憑性がない”と言われたことに衝撃と憤りを覚えているのです」(ジャーナリストの太刀川正樹氏) 実は、この報告書が東亜日報に報じられることを崔…

全9ページ/(C)日刊ゲンダイ

全容入手「横田めぐみさん他殺報告書」の驚くべき内容

もちろん、こうした調査が行われたことは前の拉致担当、古屋圭司大臣も山谷えり子現大臣も了解済み。それだけに菅官房長官が「信憑性がない」と言うなら、根拠も聞きたいところだ。日本政府の対応には崔会長も不信感を強めている。本紙の取材に「日本政府が報告書の存在を否定するような言動をしていることは絶対、納得いきません」と憤っていた。 ■入院先と投薬内容の詳細情報 確かに、この…

None

永田町の裏を読む

閣僚辞任より深刻な「保守反動4人女」の言動

「しかも、本当は、辞めていない残りの3人のほうがもっとヤバいんだ」 残り3人というと、高市早苗総務相、山谷えり子拉致担当、有村治子女性活躍担当か。 「3人はそろって、夫婦共働ぎに反対して戦前型の家父長制的家庭像を称賛するかのような発言をさんざん繰り返してきた。党政調会長に抜擢された稲田朋美と合わせれば、“保守反動4人女”だ。安倍さんは『女性が輝く社会』とか言って今…

経産省で辞任会見/(C)日刊ゲンダイ

小渕&松島大臣が辞任 「知らないこと多い」棒読み会見のア然

臨時代理には山谷えり子国家公安委員長が指名された。 小渕大臣は9時40分から経産省で記者会見をし、「政策の停滞は許されない。大臣としての職を辞す」と辞任を表明した。ただ、議員辞職は否定した。 「大変お騒がせしていることに対し、迷惑をかけているすべての皆さまに心からお詫びする」「政治家として一から出直す」と頭を下げたが、「政治とカネ」の疑惑については最後まで納得いく説…

笑顔もこわばっていた/(C)日刊ゲンダイ

松島法相もピリピリ…外国人記者クラブは「女性閣僚の鬼門」

先日は山谷えり子国家公安委員長が呼ばれている。安倍改造内閣の“目玉”の女性たちは共通して、海外メディアからフシギな目で見られている。 松島大臣の場合は、死刑制度肯定と性犯罪者には人権がないかのような発言が問題視されている。で、外国人記者らの興味は、「死刑制度」「人権問題」の2つに集中した。 これに対し、松島大臣は「最新の世論調査の結果では『死刑もやむを得ない』と答え…

ネット上に出回る問題写真

安倍首相も在特会幹部と2ショット 渦中の元支部長を直撃

安倍首相とのツーショットに納まっているのは、山谷えり子国家公安委員長との「親密写真」が問題視されている在特会関係者と同一人物である。 「09年4月に<ストライキ計画中の教員を処分しなければ、入学式で街宣活動を行う>などと小学校校長を脅して逮捕。10年10月には街宣車の排ガス規制を逃れるため、車両の登録場所を偽った容疑で、翌11年3月も休業損害金をだまし取った詐欺容…

大臣の資格があるのか/(C)日刊ゲンダイ

山谷国家公安委員長 ヘイト集団との新たな写真発覚、献金も

実はこの女性、10年12月に参院議員会館の山谷えり子・国家公安委員長の事務所を訪れ、記念撮影している。在日韓国・朝鮮人に対するヘイトスピーチを繰り返す「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の関西支部長だった男性も一緒に収まっている。写真は今も元支部長が運営するHPに掲載されたままだ。 山谷事務所はこの女性との関係について「主婦の方と承知している。会館に来た際も、…

問題の写真(後列左と1人置いて右の男性は収監中)

在特会幹部と記念写真 山谷大臣がヘイト集団に“信奉”される理由

「在特会の人であることは知らなかった」 18日の定例会見で、そう釈明したのは山谷えり子・国家公安委員長だ。約5年前、在日韓国・朝鮮人の排斥を訴える「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の幹部らと一緒に写真に納まっていたことが発覚。問題の写真は16日まで在特会の元関西支部長が自身のHP上で公開していた。 元支部長は、発売中の「週刊文春」で「山谷先生とは教育問題を議論…

問題は「調査報告書」の中身/(C)日刊ゲンダイ

「拉致問題」急展開? 安倍首相に「17日の予定キャンセル」説

拉致担当の山谷えり子大臣も17日夜のスケジュールを空けたという話が伝わり、なにか動きがあるのではないかと、臆測が広がっています」(政界関係者) もともと、安倍官邸は、9月20日前後に拉致被害者の「調査報告書」が提出されることを想定。安倍首相は22~27日の日程で国連総会に出席するため、首相が国内にいる間に報告書を提出するように北朝鮮と交渉していた。北朝鮮も「夏の終わ…

すぐにボロが出そうな面々/(C)日刊ゲンダイ

華も能力もない「安倍ガールズ」 女性閣僚5人の“正体”

当時はあんな奇抜なファッションではありませんでしたよ」 ■橋本聖子氏の“無理チュー”でタナボタ 国家公安・拉致担当相として初入閣した山谷えり子氏(63)は、衆参合わせて初当選から14年目。靖国参拝、自虐史観の見直しなど、安倍首相と右翼思想をともにする“同志”だ。第1次内閣で「教育再生担当」の首相補佐官に抜擢された。民社党、民主党、保守党、自民党と政党を渡り歩いてきた…

第2次安倍改造内閣と自民党役員の面々/(C)日刊ゲンダイ

「お友達内閣」先鋭化 安倍改造内閣党三役の惨憺たる顔ぶれ

拉致担当に起用される山谷えり子氏(63)は最近、安倍首相の母親・洋子さんと一緒にモンゴルへ行き、安倍家の覚えがめでたい。稲田氏や高市氏と同じく靖国参拝を是とし、尖閣や竹島問題に取り組む領土議連の会長を務めるタカ派だ。 英エコノミスト誌は<右派が入閣すれば、近隣諸国との関係が悪化する>と警告したが、その懸念がズバリ的中という陣容なのである。 「安倍首相は自分に忠実な…

石破氏は安保担当相以外で入閣受諾/(C)日刊ゲンダイ

サプライズも目玉もゼロ…安倍改造内閣は“超地味”な顔ぶれ

そこに石破氏が入り、山谷えり子参院議員が拉致担当相で入閣することも確実視されている。 ■新入閣待望組は15倍の狭き門 「閣僚ポストは全部で18しかない。いま名前が挙がっている7人のほか、TPPで党内をまとめた西川公也衆院議員が論功行賞で入閣確実。石破氏が断った安保担当相は、大島派の江渡聡徳前防衛副大臣か中谷元元防衛庁長官で決まりといわれています。それ以外にも、女性枠…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事