日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鈴木誠特集

長打が武器の鈴木誠也 (C)日刊ゲンダイ

昼は丸、夜は菊池 広島・鈴木誠也が“師匠”を使い分ける理由

あそこは正直、『ああ代打だな』と思いましたから」 こう話す広島3年目の鈴木誠也(20)は昨季、36試合に出場。打率.344をマークした。阪神とのCSファーストステージ第2戦に「7番・右翼」で先発出場。0―0の七回1死満塁の好機で打順が回ってきた。本人も「代打か」と思ったこの場面、野村前監督はそのまま鈴木誠を打席に送ったが、結果は三ゴロ。チームは零敗しシーズンが終了。…

鈴木はチームでも人気者

広島・鈴木誠也が連夜の活躍 SB内川への“師事”ついに実る

広島・鈴木誠也(21)の勢いが止まらない。 9日、日本ハム戦の二回無死二、三塁の先制機で4球目を中前へ2点適時打。この日は2安打3打点だった。前日(8日)は今季初めて5番に入り、適時二塁打。連夜の大活躍だ。 5日のソフトバンク戦。サイクル安打まであと「30センチ」に泣いた。二回に三塁打、五回に二塁打、七回に左前打。そして九回。本塁打が出ればサヨナラでサイクル安打達成…

守備でもチームを引っ張る菊池涼介

広島したたかドラフト戦略 涼介と誠也の活躍にハム地団駄

5年目の菊池涼介(26)、4年目の鈴木誠也(22)、3年目の田中広輔(27)、9年目の丸(27)といったイキの良い連中が攻守に躍動して、チームを牽引している。 そんな若手野手たちの姿を、歯ぎしりしながら見ているのが日本ハムのフロントだという。 「ともにドラフト2位で入団した菊池と鈴木誠也は、日ハムが狙っていた選手だと聞きました」と、さる日本ハムOBがこう続ける。 「…

二軍落ちした堂林

広島に“珍ジンクス”? 堂林「二軍落ち」で打線爆発の不思議

前日まで12球団ワーストのチーム打率.196、10得点と深刻な貧打に苦しめられた打線は初回、先頭の鈴木誠、続く菊池が連続本塁打。三回には丸、グスマンの一発が出るなど7得点の猛攻だった。相手投手が一軍半レベルだったとはいえ、緒方監督も一安心だろう。 「アノ選手の二軍落ちが効いたのかもしれない」との声がある。前日、堂林が不振で二軍落ち。緒方監督は「開幕ベンチを狙う選手じ…

大晦日はNHK紅白の審査員を

スポーツ難癖口上

年末年始の裏側を想像…大谷翔平へ芸能プロ担当マネより

まずはテレビ、年末年始用夢の対談とバラエティー、キングカズに中居にたけしに嵐、雑誌対談は鈴木誠也に長嶋さん。生本番は天下のNHK紅白歌合戦。座ってるだけでいいから楽でしょ。アイドルもどきに膝を貸し、虎パンのデブにイジられるけど我慢してね。ドラマ主演女優の隣だけど目は見ないこと。 帰って練習? ま~だだよ、全国で一日署長。断れないよもう制服作っちゃったんだから。センセ…

持ち前のストイックさで海を渡れるか

DeNA今永は年末の酒席にもメモ帳持参の“データおたく”

最近では「神ってる」広島の鈴木誠也(22)も「メジャー志向」を口にしている。 DeNAの今永昇太(23)もそのひとりだという。目下の目標は、楽天の則本昂大(26)、阪神の藤浪晋太郎(22)、ソフトバンクのドラ1・田中正義(22)らが加わった「ダルビッシュ軍団」入り。則本や田中はメジャー志向が強く、今永も見据える先は海の向こうだ。 今永はルーキーだった今季、開幕から先…

今やカープの顔に

昇給も“神ってる” 広島・鈴木253%増に「内川道場」効果

広島の鈴木誠也(22)が昨14日、契約更改交渉に臨み、4300万円増の年俸6000万円でサインした。 今季は129試合の出場でリーグ2位の打率.335、29本塁打、95打点、16盗塁の好成績。右翼のレギュラーの座をつかみ、25年ぶりにリーグ優勝を果たしたチームを象徴する選手となった。 2試合連続サヨナラ本塁打を放った6月18日のオリックス戦後に緒方監督が言った「神っ…

この選手は誰か知ってる?

プロ野球人物研究 対岸のヤジ

「神ってる」が流行語大賞に選ばれたナゾを解き明かす

広島・鈴木誠也の驚異的な打棒について、監督の緒方孝市が思わず発した言葉である。 しかし、これに世間の多くは不満を抱いたようだ。ツイッターなどを見ると、「なにそれ?」「初めて聞いた」「野球ファンしか知らない」といった声が飛び交っており、つくづく現代におけるプロ野球の低認知度を思い知った。今やプロ野球は、コアなファンを相手にしたニッチ産業になりつつある。そもそも今季の赤…

授賞式に出席した木誠也外野手(左)と平愛梨

前選考委員の鳥越俊太郎氏は「流行語大賞」をどう見たか

大賞に選ばれたのも分かる気がしますね」 年末の風物詩である「2016ユーキャン新語・流行語大賞」が1日発表され、年間大賞に広島の鈴木誠也外野手(22)の活躍を表した「神ってる」が選ばれた。冒頭の言葉は、例年同賞の選考委員を務めていたジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が日刊ゲンダイの取材に答えたものだ。 鳥越氏は今年7月の都知事選立候補表明時に自ら選考委員を辞任して…

尾花投手コーチ(左)、村田ヘッドコーチ(中央)と話し合う高橋監督

秋季練習がスタート 問われる指導者の覚悟

レギュラーも例外ではなく、今季ブレークした鈴木誠也も、夏場は疲労の色が濃く見えたが、毎日試合に出ながら早出が免除されることはなかった。みんな『敵地での試合の日は体が楽』と口を揃えるほどです」 強かった頃の中日・落合監督(現GM)は「ヘタクソがうまくなるには練習しかない」と春のキャンプでは夜の7、8時まで練習メニューが組まれた。選手からは不満の声が出たが、「なだめ、す…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事