日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

森脇健児特集

現在は木本が森脇をイジる/(C)日刊ゲンダイ

楽屋に押しかけ…TKO木本が語る「森脇健児の付き人」時代


焦って、事務所の先輩の森脇健児さんが京都でやってたラジオの生放送に2人で押しかけ、初対面なのに楽屋を訪ね「ネタ見てください!」と。 「なんやおまえら!」と驚いた森脇さんに「今日は見学してけ」と言われ、スタジオ内で見させてもらうと「養成所のTKOってヤツらが勝手に来てんねん。挨拶しとけ」と振ってくれ、僕ら自己紹介し、イベントの告知した。そしたらイベントにラジオのリスナーの女の子が大勢来て、僕らが出…

森脇健児(左)の背中を押した西川のりお

低迷期の森脇健児を走らせた 師匠・西川のりおの「金言」


スポーツ系お笑いタレント、ラジオパーソナリティーとして活躍中の森脇健児さん(49)。1990年代はゴールデンタイムのレギュラーを数多く抱える売れっ子だったが、東京での仕事がパタッとなくなった時期があった。そんな時に大きな励みになったのが、西川のりおさん(65)の存在だった。 ■芸能界で走る力を与えてくれた 「走るのも芸のうちやぞ」 2003年4月に放送された「オールスター感謝祭」(TBS系)の人…

もちもちの太麺が入った「モダン焼」がお気に入り

再ブレーク 森脇健児が必ず立ち寄る「鉄板お好み焼き だるま」


関西を中心に芸能活動を展開し、最近では再び全国区に進出中の森脇健児(48)。そんな森脇が仕事で東京に来るたびに足を運んでいるのが、中央区新川にある店「鉄板お好み焼 だるま」だ。 場所は地下鉄八丁堀駅から歩いて5分ほど。関西出身の店主・森本欽二さんが腕を振るう本場の味が受け、近隣のサラリーマンはもちろん、関西出身者にも広く親しまれている。 生地には大和芋を使用し、仕上げにおたふくソースをたっぷりと…

SKE48はメンバー変更に…

SKEも足止め…新幹線火災で分かった芸能界“地方営業”の実態


全国ツアー中だった歌手の清水翔太(26)も神戸に向かう途中でストップを食らい、ほかにさかなクン、森脇健児、AMEMIYAなども事件の影響をSNSなどで報告していた。 東京にドッシリしていりゃいいものを、どうして芸能人たちはアチコチ出向くのか。芸能評論家の肥留間正明氏が言う。 「華やかに見える芸能界も東京のテレビだけで食えていけるのは、実は冠番組を持っているような一握りの超売れっ子だけ。あとはみん…

None

モー娘も森脇も…「タレント再生工場」SMAP中居のスゴさ


最近、話題になっているのが森脇健児(46)だ。 中居と森脇は、SMAPがまだそれほど売れていなかった頃に同じバラエティー番組に出演していたが、森脇が“失速”してテレビで顔を見る機会が激減。中居との接点もなくなっていた。 それが今年9月、「ナカイの窓」(日本テレビ系)に森脇がゲストで呼ばれ、20年ぶりに共演。空回りを続ける森脇に中居が食いつき、いじりまくったことで<森脇は面白い>と評判になり、バラ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事