日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鈴木亜美特集

全盛期のファン層は“子育てママ世代”

ママタレ界に参戦か 鈴木亜美“電撃デキ婚”で狙う起死回生


「来年の1月には私も母になります」 3日、自身の公式ブログで「できちゃった婚」を明かしたのは、歌手の鈴木亜美(34)。 現在は妊娠3カ月で、鈴木のデビュー記念日となる今月1日に都内の区役所に婚姻届を提出。相手は27歳の会社員で、身長180センチを超える長身で、剣道5段の腕前を持つスポーツマン。昨年秋に鈴木が友人とアジア旅行に訪れた先で出会い、帰国後の昨年末に交際に発展。今春から同居しているという…

DJ役はお手の物

ツヤ肌披露も…鈴木亜美「劣化説」加速させる“夜のお仕事”


歌手の鈴木亜美(34)が17日、都内のスタジオで行われたアニメ「パンパカパンツ W おNEW!」の公開アフレコに登場した。自身をモデルにしたキャラクター「DJアミーゴ」を演じた鈴木は、マイクに向かって「いえーい! みんな楽しんでる~?」とノリノリ。ガラスの向こうで見守る監督に「さすが(DJ)っぽいね」と言わしめた。 それもそのはず。鈴木は、2001年に生じた事務所の契約問題をキッカケに表舞台から…

小室哲哉がパチンコ市場に本格参戦

懐かしヒット曲も 小室哲哉“パチンコ台”デビューの切実事情


同機種では小室がメンバーのバンド「TM Network」、小室がプロデューサーをつとめた「TRF」、鈴木亜美、闘病中の妻・KEIKOがボーカルをつとめた「globe」、楽曲を提供したダンス&ボーカルグループ「AAA」が実写とアニメで登場。 リーチ時にはTMの「Get Wild」、TRFの「寒い夜だから」、globeの「DEPARTURES」などがかかって大盛り上がり。なぜか、このところさっぱり名…

きゃりーぱみゅぱみゅ(左)とジバニャンも出演

視聴対象を特化 「テレ東音楽祭(2)」に見た歌番組の可能性


荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」、岸谷香「ダイアモンド」、渡辺美里「My Revolution」、小室哲哉が楽曲を提供した鈴木亜美、華原朋美、TRFなどがメーンどころだったことからもわかる。要するにネオ懐メロ路線か。 もっとも、10代向けにSEKAI NO OWARIやきゃりーぱみゅぱみゅも用意されており、10代の娘と40代の母親が一緒に楽しめる音楽祭という裏コンセプトも見える。 ■局をあげて…

“開店休業”状態…/(C)日刊ゲンダイ

今度は「高岡奏輔」…改名の矢先に再浮上する“あの事件”


鈴木亜美との交際は順調そうですが、ほとんど毎日が日曜日のようです」(芸能ライター) 彼女に会う時間はふんだんにあるかもしれないが、高岡の周辺では新たな火種が持ち上がっている。 「高岡が兄貴分と慕っていた関東連合関係者Kの殺人事件の捜査が新たな展開を見せているのです。襲撃犯は新宿を拠点とする不良グループといわれていたが、八王子を拠点とする別のグループの可能性が大きくなってきた。ちょうど今、昨年9月…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事