日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

八嶋智特集

「女版・八嶋智人」になりたい!

「モーニング娘。は太陽です。太陽の光を浴びなきゃ生きていけませんから、人間は」by 松岡茉優


そんな彼女は「女版・八嶋智人」になりたいという。八嶋自身ではなく、彼のポジションに憧れるのだと。すなわち、個性派俳優として存在感を保ちながら、バラエティー番組でも活躍する位置だ。彼女のバラエティーでの振る舞いを評価しているのは、明石家さんまだ。 「ええ感性しとるよ、トークは。この子しっかりしとんなぁと俺は見てたんですけど。動じないし、状況に応じて言葉変えよるしね。やっぱりさすがと思った」(MB…

ついに連ドラ初主演

連ドラ初主演 松岡茉優が手にした”三枚目女優”ポジション


目標は「女版・八嶋智人」だそうだ。18日から全5回で放送される予定のドラマ「She」(フジテレビ系)で主演を務める松岡茉優(20)。注目を集めたNHK朝ドラ「あまちゃん」から約2年、ついに連続ドラマ初主演の座を勝ち取った。 今年もすでに「問題のあるレストラン」(フジ系)や「限界集落株式会社」(NHK)などのドラマに出演しているが、それ以上に目立っているのがバラエティー番組。昨年4月から若手芸人の…

「マッサン離れ」の声も/(C)日刊ゲンダイ

視聴率更新も…「マッサンはつまらない」と評論家2人が苦言


目下、ハナ(小池栄子)と俊兄(八嶋智人)の脇役の恋模様で寄り道中。引き延ばした感がありありで、“想定以上にモデルのエピソードが少なかった”――そんな制作陣の嘆きが聞こえてきそうです。鴨居の大将から「辛気臭いやっちゃなあ」と言われ続けてきた主人公のマッサン。それが作品に浸透し、辛気臭いヒューマンドラマになりつつあります。 ここに来て「マッサン離れ」の声をよく耳にします。特に「あまちゃん」(13年度…

三度目の正直/(C)日刊ゲンダイ

打倒ミヤネ屋 フジ新番組MCに「高橋克実」内定情報


八嶋智人や勝村政信、杉本哲太、三谷幸喜といった同じ所属事務所の面々が、ゲストや代打で出てくる可能性も期待できる。何より、過去に自宅にドロボーが入ったことで離婚が発覚するなど、ひとり身の悲哀を自虐ネタにしながらも、再婚を経て、50歳過ぎて初めて子供を授かった。自らワイドショー的な半生を歩んできた高橋さんが、どう情報番組を仕切るのか見てみたい。ただ彼はボケて映えるタイプ。突っ込み上手の共演者を選んで…

昨年の紅白歌合戦(中央が松岡茉優)/(C)日刊ゲンダイ

おぎやはぎもタジタジ…「あま女優」松岡茉優のお笑いセンス


ちなみに、松岡の目標は「女版・八嶋智人」。究極のコメディエンヌ誕生の予感だ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事