日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

田名部匡特集

政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏の獲得議席予想

参院選徹底予想 注目の「1人区」野党に勝機の“12選挙区”


青森は自民・山崎力氏が当選3回のベテランだが、07年に落選経験があるうえ、民進・田名部匡代氏は元衆院議員でその父親も元参院議員と地元で知名度があり支持を広げている。新潟も生活・森裕子氏の知名度が高く、離党した旧民主と協力関係が構築できれば強い。 山梨と岡山は、引退する民進の重鎮が後継の当選に全力を挙げていることもあり、いい戦いになっている。 「輿石東参院副議長の後継の山梨の宮沢由佳氏は、社会福…

左から田名部匡代、福島瑞穂、青木愛の3氏

強運とファンの後押し しぶとく当選した女性3議員の勝因


小政党とはいえ、福島さんは知名度が高く、“固定ファン”をつかんでいます」(社民党事情通) 公示直前まで「野党不利」の情勢だった青森で、祖父からの地盤を引き継ぐ自民・山崎力氏(69)を約8000票の僅差で破った田名部匡代氏(47)もしぶとい。 「立候補表明時、田名部氏は山崎氏にリードを許していた。田名部氏は地元の農業関係者を中心に回り、少しずつ支持を広げ、公示直前に山崎氏に追いつき最後の最後で逆転…

左から時計回りに、利益誘導ばかりの山崎、進次郎は歯切れが悪かった(右は山崎夫人)、玉木と握手する田名部(右)

【青森】進次郎vs玉木 対照的だった農政ホープの応援演説


【青森(改選数1)】 ▲△山崎 力69 自現 △▲田名部匡代47 (民)新 先月27日、与野党の農業政策のホープが揃って青森入りした。自民党の小泉進次郎衆院議員と民進党の玉木雄一郎衆院議員。日本農業新聞で対談したばかりの2人だが、応援演説の中身は対照的だった。 青森の農業関係者が最も懸念を抱いているのがTPP問題だ。2012年の衆院選で自民党は、「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」と宣言し…

田名部匡代

【青森】民進・田名部勝利のカギ握る元農相の父の遺産


【青森(改選数1)】 ▲△山崎 力69 自現 △▲田名部匡代47 (民)新 3年前は野党系候補4人乱立の「漁夫の利」で、自民候補が次点と約20万票もの大差で圧勝したが、野党共闘の実現で勢力図は一変。県内選挙区の衆参議席を独占する自民王国にオール野党が切り崩しをかけている。 民進の田名部は衆院3期の実績を党県連に請われ、くら替え。課題は県内全域での知名度アップ。衆院での当選はすべて比例復活で、小選…

統一候補がくさびを打ち込み全勝も(写真左下から島尻、岩城両大臣)

1人区の勝敗は? 参院選「自公vs野党」激戦14選挙区の行方


例えば青森の田名部匡代氏は元衆院議員で父親も元参院議員と、地元の知名度はバツグン。愛媛の永江孝子氏も元衆院議員で後援会組織がしっかりしている。いずれも単なる野党一本化のために擁立された候補ではなく、知名度も実績もある人物。与党も相当の危機感を持っています」 ほかの選挙区でも野党候補を支援する雰囲気が広がりつつあるという。東北地方ではTPP(環太平洋経済連携協定)に反対する農家の自民離れで野党有利…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事